« 2017.04.29~05.01-狐~天狗 | トップページ | 2017.05.05-湯殿山 »

2017年5月 7日 (日)

2017.05.04-御浜まで

通称:奈曽の奇跡shine

P5040004

先週の月山に続きまして、鳥海山でスキーshine

ゲートに1時間待ちでも駐車スペースにギリギリ

P5040006


ほかのパーティーも続々出発する

P5040009



一応、本日の予定は!

大平口⇒御浜⇒文珠岳⇒千畳ヶ原にドロップ⇒御浜に登り返し⇒大平口

の予定



バックには日本海wave 超気持ちイイgood

P5040019



高度を上げていくと、新山と外輪が見えてくるup

P5040030


とりあえず、御浜小屋付近まで行って作戦会議


風があまりにも強すぎるので作戦変更!

文珠岳は諦め、稲倉岳方面の北斜面を滑って遊ぶことに変更

こここで、一緒に登ってきたMt,Raccoさん・N家(たけ&知三朗)さん達とお別れ



シール剥がして…

なんてガサガサやっていたらsign02

シュ~

って(lll゚Д゚)

スキーが単独滑降開始(汗

超焦ってダイビングキャッチを試みるものの…

全然間に合わずsweat01


スキーさんはみるみるうちに奈曽渓谷へ消えていったとさ∑(゚∇゚|||)

ん~

終わったな(/□≦、)

片足スキーで下山か…

とかとか考えながら、一応流したスキーさんを捜索…

あまりに彼方に消えていったので探しながらドンドン下って…



・・・・



Σ(゚д゚;)!!!

最初は、クラックか何かかとおもったけど!!

スキーさんを発見ψ(`∇´)ψ

20170504_11_01_57




標高差にして約220m滑落sweat01

New


地形図的にみればどう考えても止まらず、そのまま深い深い奈曽渓谷に吸い込まれていいく定めの図

先日、稲倉岳に登った際、ちょうど反対側からここを見ていたので、かなり絶望的な状況にあることは直ぐに悟った

↓稲倉からみた奈曽渓谷

P3260080

が!

奇跡的に、たまたま止まる直前にあった弱い尾根とその先の窪地がマッチし

スキーさん生還good




写真で説明するとこの位落ちた

ちなみに、雪面に点々と写っているのは、登り返している途中の人間

P5040038


心配しながらドロップしてきたSONEさん達と合流

俺は登り返して一応また下まで滑って一応楽しむ



後にこの珍事件は”奈曽の奇跡”と命名されたとかされないとかcoldsweats01

ひっくり返しておいた板にぶつかった弾みで転げてしまったのが原因と推定



メンバーはじめ、多くのギャラリーに多大な心配とご迷惑をおかけしてしまったことを深く反省しつつ、この失敗は今後の糧にしていく所存です!


ともあれ、

奇跡的にリカバーに成功したので、残り行程を楽しむ為気持ちを切り替える



せっかく、ココまで来たので普段は立ち寄ることが出来ない絶壁の淵へ

P5040059


先日の稲倉岳からみた時とも違う鳥海山が印象的な場所

P5040077

ココでのんびり休憩し再び御浜小屋まで登り返す


そして、あとは帰路

苦労して登った割にはスグ下りてします

スキーの凄いところだし、仕方ないところだと思う

P5040130

停まり停まりのんびり滑って下山



先週の月山スキーでもひと騒動

また今週もひと騒動

ホント迷惑かけてばっかで申し訳ない


自分で騒動を起こして、奇跡を演出している状態

なんとかこの負のスパイラルから脱出せねば!

まぁそれにしても

初めての鳥海スキー

程よく色々と楽しんだ一日だった

また来年、文珠へリベンジしたいと思う


勝手に採点コーナー

88点(採点基準不明spade

二度あることは三度ある??

→後日、三度目の不幸が発生致しましたsweat01

詳細は後程(ノ_-。)

|

« 2017.04.29~05.01-狐~天狗 | トップページ | 2017.05.05-湯殿山 »

スキー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

直線距離で800m以上スキーが流れて回収できのは正に奇跡。
あの場にいたぼぼ100%は、もう回収不可能と思っていたよ。
でも今なら笑って話せるので良かったですね。
三度目の正直って何???

投稿: SONE | 2017年5月 8日 (月) 23時24分

こちらでははじめまして。
大平県境~御浜では大変お世話にjなりました。mt.raccoです。

小屋前で解散した後、我々は文殊岳~伏拝岳下~湯の台と大斜面を満喫して鳥海山を後にしました。
次回は、ぜひ、ロングルートを楽しみましょう!!

さて、板を流してしまう大事件。
ザラメの時期でなく、厳冬期の新雪シーズンだったらと思うとゾッとしますね。実際、知人で厳冬期に板を無くしてしまい、1泊ビバーグで下山した人を知っています。
本当に、何事もなくて良かったです。

積雪期は、チョットしたことが致命傷になりかねませんね。
かく言う私も、ビンディングが板から外れて、危なく遭難>凍死しかけたことがあります・・・・お互い、安全・安心で楽しみましょう。

では、また寄らせていただきます。

投稿: mt.racco | 2017年5月 9日 (火) 13時16分

>SONEさんへ
ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした(*_ _)

今思えば、もうちょっと落ち着いて行動するべきだったとさらに反省しています。
ある意味貴重な経験となり、これを今後に生かせればと思います。

三度目の…は5/7の記事に詳細を書いてみました(*_*)またしても自爆です…

投稿: すばるぅ | 2017年5月 9日 (火) 20時34分

>mt.raccoさんへ
コメントありがとうございます。
先日はお会いできてうれしかったです。
ロングコースで鳥海を満喫されたようで羨ましく思います。

板の件
確かに厳冬期で場所が悪かったことを想像するとゾッとします。
俺はまだ全然ペーペーなのでそんなシビアな場所にはいかないと思いますが、
自分だけではなく、最悪はパーティーに多大な迷惑がかかるシチュエーションだって考えられます。
十分に反省して今後に生かしていきたいと思います。

それでは、またお会え出来る日を楽しみにしていますscissors

投稿: すばるぅ | 2017年5月 9日 (火) 20時40分

奈曽の軌跡(奇跡)!の命名者です(笑)。同じビンディングで同じ経歴?なので全くの他人事ではなかったですよ。お互い学習できたので結果OKとしましょう。どっかでお祓いしてもらった方がいいかも(笑えない)

投稿: モンキィ | 2017年5月15日 (月) 22時01分

>モンキィさんへ
大変お騒がせしましたcoldsweats01
お祓い川にでも行って身を清めようかとも考え中ですsign01

投稿: すばるぅ | 2017年5月16日 (火) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/65248279

この記事へのトラックバック一覧です: 2017.05.04-御浜まで:

« 2017.04.29~05.01-狐~天狗 | トップページ | 2017.05.05-湯殿山 »