« 2017.03.12-大尺山 | トップページ | 2017.03.26-稲倉岳 »

2017年3月24日 (金)

2017.03.18~20-焼野平あたり

朝日軍道を巡る

今年も朝日は遠かったsweat01

P3190090

荒沢山のドタキャン以来

なかなか付いていくことが出来ないでいた週末山行



ココだけは!

ってことで、あらかじめ予備日も含め有給を取得sign03


一週間位前からすでにドキドキしながら準備を進める

初めての集団テン泊

しかも2泊3日(予備日あり)

ついでに冬

っと

初めて尽くしなのだよ~(゚m゚*)



で、いよいよ当日

先週と同じく、週末に結構降雪があったような…

嫌な予感しかしない(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ


集合時間に遅れないように早め出発

道すがら

最初に登る長井葉山

P3180006

珍しく全景が見えているup


メンバーは8名

初顔合わせ4名

すれ違ったことがある方1名

一緒に吞んだこと(笑)ある方2名

本来の軍道オケサ堀コースは雪崩の危険が伴うためCL判断で白兎コースに変更して登る

P3180011


予想通り、深雪部分が深くかつ重い…

先頭を交代しながら進んで

とりあえず長井葉山へ登頂shine

P3180028

先の安全をお参り

っとsign03


ココで一同に衝撃がsign03

CLよりリタイヤ宣言Σ( ̄ロ ̄lll)

恐らく、色々考えた末の決断


共同装備を再分配

気持ちを切り替え先へ


目指す主峰は雲の中…

P3180029

本日の幕営予定地である中沢峰直下を目指して進む


標高を上げても雪質は一向に改善されずなかなか先へ進まない…

さらに

さっきまであれだけ良かったはずの天候が急激に悪化coldsweats02

見通しの効かない広尾根

ルートを探しながら進む…

ココからは久しぶりに修行のような状態

吹雪の中、重荷重雪のラッセル山行

休憩する隙も無い天候

シャリバテ気味

写真を撮る余裕も景色も無い(/□≦、)


本日の行動時間のリミットも迫ってくる


ほとんどホワイトアウト状態となって眼前に現れる巨大な雪庇

P3180032


仮にココを越えたとしても地形的に幕営できる場所が無い可能性が高い

また視界が無い中での雪庇越えは危険と判断し


手前1,245mピークまで戻ってテントを張る

幕営地探索中の図↓

P3180036


エヤンバイな所を整地してテント設営

とりあえず中に転がり込んで落ち着く



で、

明日以降の作戦会議

①明日の天候をみながら中沢峰まで行く
②その後撤収し葉山山荘まで戻って一泊
③三日目は昼ころまでに下山してsecret反省会

っと決め

最初の反省会(゚m゚*)

ある材料と適当に味付けした謎鍋↓

P3180043

やっぱり鍋はあったまる~

とかとか

結構な盛り上がり


夜も更け

寝ろ~

の掛け声と共に”戦”が始まるcoldsweats01

6~7人用テントに7人が冬装備と共に格納…

もうギュウギュウ(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

ジグソーパズル状態で無理やり就寝

・・・こうして一日目は無事?終了sign02

夜中

風が出来るだけ当たらない所に張ったハズのテントがきしむ位の風

時折光る空thunder

明日が不安だ…




--2日目--

予定の5時

30分位遅れ

起きるか!

っと全員起床

外は微妙な天候

とりあえず、水を作ったり朝食を作ったり

・・・

していたら

ファ!

っと突然外が明るくなる

天候回復とともにヤル気スイッチONup

P3190045




視界も十分すぎるほど

P3190055




届かなかった主峰を遠望しながら先へ

P3190061




巨大雪庇は視界さえあれば問題なしsign01

P3190066



結構下って登り返す

P3190080




んで、焼野平ピーク

360°パノラマに万歳の石川さん

P3190094




時間的に

この先、中沢峰まで足を延ばすと

小屋着予想が17時を越えてしまう為

この山行の最終地点をココとして引き返すこととする


いや~

全然届かなかった~

遠いの~

っと一同で苦笑いしつつ

眼前のこの景色もかなり貴重なショット

P3190101

御影森の奥に主峰大朝日岳

苦行を強いる新雪

おかげで、真冬の様相を呈す真っ白な大朝日を遠望

P3190131

しながら小休止し引き返す


幕営地へ戻り撤収作業

再び重荷を担いで葉山山荘まで戻る




始めはガスっていた祝瓶山

徐々に晴れて全容

P3190215t

ゾクゾクするほど美しい(* ̄ー ̄*)




三体・柴倉方面?

手前の沢に落ち込む折り重なった尾根の美しさに一同感激

P3190233




本当に四方八方美しいgood

P3190239




月山もクッキリと

P3190249




ようやく戻ってきた葉山山荘

奥には雁戸と蔵王(・∀・)イイ!

P3190262




誰も居ない葉山山荘に避難coldsweats01

今宵のディナーは??

山形っといえばsign03

⇒ひっぱりパスタ(笑

P3190296



あとは下るだけなのでお気楽ムードで楽しい夜shine

昨夜とは違い

広々と足を延ばして就寝good

案外風が強い夜

明日は?????


--3日目--

下山後の予定から逆算し起床

撤収準備して

小屋内を清掃shine


神社奥に見える大朝日方面

風が強そうだ

P3200312


往路と同じく白兎尾根を下る

P3200313



今日も天気がイイ

P3200325

おかげさまで

重たい雪に終始苦しめられつつも

下山

P3200341



最寄り温泉

はぎ乃湯で三日分の汗を流し

secret昼食をいただき解散(*^ω^*)ノ彡





初の集団テン泊しかも冬しかも三泊

三寒四温が一日でやってくる春らしくも冬のような…やっぱり春らしい天候

重荷の重雪ラッセル苦行

真っ白大朝日真っ白祝瓶shine


時々前向き山行

時々堕落した山行(笑


諸先輩方のおかげをもちまして充実した三日間

計画通りいかなくても満足度100%

貴重な体験をさせていただきましたm(_ _)m


勝手に採点コーナー

94点(採点基準不明cat

やっぱり書ききれない位いろんな事があったな~


このコースは…

いつの日かリベンジしなければcoldsweats01

|

« 2017.03.12-大尺山 | トップページ | 2017.03.26-稲倉岳 »

スノーシュー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 朝日・八形峰・焼の平等のきれいな雪景色を見せて貰いました。
昔、会の事業で道刈りしたのを思い出しました。
石川さんて、天狗小屋の管理人さんですか?。

 最後の日、友人のエン君が山スキーで葉山に登ってお会いした
話を聞きました。彼は26日スキーで鳥海山に登り下りはガスと
シュカブラに難儀したそうです。

 これからも良い山行を!!

投稿: okusan | 2017年3月28日 (火) 10時33分

>okusanへ
このコースの刈り払いをされていたんですねw(゚o゚)w
もう刈り払いされることが無いかもしれないので、雪を拾える季節に再訪したいと思ってます。
石川さんはご察しの通り、天狗小屋の管理人さんです。今回は西〇山岳会の行事にお邪魔同行させていただいた山行でした。
エン〇さん
小屋の雪下ろしに朝の7時に小屋にやってきたので一同びっくりでした。
キレイに管理された小屋で一晩快適に避難させていただきました。マキも使ったので今シーズンはマキ補充山行でお返ししなければと思ってます。
鳥海山は何処から登ったのかな~
ちなみに千蛇谷には2名+1名のスキーヤーが確認できました。後々俺もチャレンジしてみたいと思ってます。

okusanも良い山行を(*゚▽゚)ノ

投稿: すばるぅ | 2017年3月28日 (火) 21時23分

 記録の写真はいつも上手で素敵ですね。

 葉山山荘の薪ストーブはいいですね。
やはり山では落葉樹のストーブが一番です。
オラも焚火・薪ストーブが好きで、自宅の薪確保に時間を使います。
 
 葉山山荘は地元の〇〇会が管理しています。オラはOBで彼は事務局長です。
オラは単独が多いので山では彼とかトシヒコさんに現在地・先のコース等を
簡単にメール連絡しています。

エン君は車道~滝の小屋~七高山を往復したそうです。

 葉山、又の機会においで下さい。

投稿: okusan | 2017年3月29日 (水) 09時40分

>okusanへ
お褒めいただきましてありがとうございます(*^-^)
石川さんは自称?「焚火検定1級」。火の番はお任せでした~

エン〇さん
頼りになる方なんでね~
葉山をスキーで下るなんて相当の手練れだな~ってメンバーは感心してました。
(前に、某山岳会メンバーがスキーを流してエライ目にあったそうな…)
葉山。またお邪魔しますね~

投稿: すばるぅ | 2017年3月30日 (木) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/65052740

この記事へのトラックバック一覧です: 2017.03.18~20-焼野平あたり:

« 2017.03.12-大尺山 | トップページ | 2017.03.26-稲倉岳 »