« 2016.12.31~2017.01.01-瀧山 | トップページ | 手書き用に »

2017年1月11日 (水)

2017.01.08-長松山

ピッカピカshine

P1080035

去年のお盆

竜門小屋にお世話になった

その時、管理人の遠藤さんから、語っていただいた

”荒沢山”

の話

去年のアタックでは山頂まで至らず、今年コースを変えて再挑戦sign03


との内容だった


いろいろあって、その山行にご一緒できる事になった


1/7~1/8の二日間の日程


7日

仕事の日だけど、年末に追い込みをかけて有給をとる事にした


雪上テン泊で不足している装備を買い足したり


コソっと予行演習をしてみたりと


結構楽しみしていた・・・




が!


しか~しsign03


年が明けて出社

・・・・



同僚が!?



インフルってしまう( ̄◆ ̄;)



・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

一度書いた有給届を四つに破って捨てた_| ̄|○


ドタキャンとなってしまって本当に申し訳なく思う




とはなってしまったものの

ちょっとでも!


っと思い、後追いすることに


ラッセル泥棒となることは承知の上


せめて

下山中に合流くらい出来れば!!

と思い

前日、仕事が終わってその日のうちに現地入り


小国町 金目地区

N野さんの車を見つけ近くで車中泊

朝方まで雨が降ったり止んだり…


日が短い季節

ちょうど7時頃

トレースを追って出発


ガスの切れ間から、反射板の建つ”荒沢山”が見えている

P1080013

雪の感じと、前夜の雨からの予想

一日目で荒沢山に登頂

二日目でのんびり下山?


の想定


なるべく早く合流できるようスピード優先


ガシガシ進む


経由する

長松山へ至る尾根へ取り付き進む


進むにつれ

想定以上の雪の具合に気付く…


休憩跡のスパンと藪の具合

P1080018


泊まりの荷物をもって登っているだろう本隊

これは!!

全然進まないヤツっぽい(;´▽`A``

っと思いつつも今更ペースダウンできず登る・・

黙々と登っていると

荒沢山方面の展望

P1080014


天気の事なんてさっぱり気にしていなかったけどsign01



ゾッとするほど天気がイイgood

P1080019

そして、荒沢山

こちらもゾッとするほど美しい山容good




荒沢山に至るルート

P1080027

予想より急峻な山容で見えている


尾根沿いにラッセル跡を追う

まだ、藪が煩く苦労がうかがえる


で、

最初のピーク

長松山

P1080035




まぶしい太陽で周囲キラキラshineshine



少しガスっぽいけど

飯豊方面の展望がGoodlovely

P1080041


穏やかな天候

耳をすませば遠くから遠藤さんの声が…



幕営するならこの先

鞍部あたりかな~


っと考えつつ先へ

P1080044




sign03

ベースキャンプ発見(゚▽゚*)

ここまで飛ばしに飛ばして2時間30分

P1080046

予想通り、鞍部にうまくテントが張ってある

当然

みんな出払っている


とりあえず先へ


ココから先

896mピークまでが荒沢山に至る行程の核心部と思われる

痩せた尾根のアップダウン

P1080049

ドキドキが止まらないcoldsweats01

なんて感じで進んでいるとsign01



前方

荒沢山に迫る本隊

を発見sign03

P1080053



トリミングで拡大search

P1080053t

5名のようですhappy02

まもなく山頂みたい


ってところを目視


ん~

んん~

オレ

限界(;´Д`A ```

元々荒沢山まで登ることを想定していないペース

下山することを考えると

使える足の残ゲージが限界に近い

あと、水分

実は、水1リットルを車に忘れたらしい(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

安全に単独行で下山するにはこれ以上無理できない


そして何より、

ラッセル泥棒で登頂はチョットね~coldsweats01


ってことで、


戻ることを選択

とりあえずテント前まで戻り

ツェルト被って待ってみようかとしたけど…

30分も耐えられずヒエヒエ…

先に下山する

N野さんにその旨連絡して先に下る

あとで

”今日下山できるかわからない”

って連絡をもらう


一応、下で夕暮れ過ぎまで待機(携帯圏外のため通信不可)

・・・

結果的には

先の連絡通り

もう一泊して無事下山となった

との事


個人的には、この山行に同行できなかった事はとても残念


けど、遠藤さん達は無事昨年のリベンジを達成shine

本当に良かったと思う



今度、小屋でこの話を聞くという楽しみも出来た

途中までしか登れなかったけど、

予想外の快晴で貴重な山域へ

イイこともたくさんなfujiだったgood


勝手に採点コーナー

91点(採点基準不明sharp



荒沢山へは今回風邪でお休みだったあの人とリベンジしたいsmile

|

« 2016.12.31~2017.01.01-瀧山 | トップページ | 手書き用に »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/64750894

この記事へのトラックバック一覧です: 2017.01.08-長松山:

« 2016.12.31~2017.01.01-瀧山 | トップページ | 手書き用に »