« 2016.08.21-鎌沢から山形神室 | トップページ | 冷泉温泉 »

2016年9月 4日 (日)

2016.09.03-鳥海山(湯ノ台から周回)

ようやく湯ノ台から鳥海山shineshineshine

P9030032_2

よりみちにも成功diamond


コース(休憩含む)

湯ノ台登山口 ”5時45分~”

 ↓ [4時間]

七高山

 ↓ [1時間]

新山

 ↓ [2時間20分]

千蛇谷下って御浜

 ↓ [2時間50分]

千畳ヶ原経由で登山口へ戻り ”~15時55分”


ログ

New

湯ノ台から鳥海山

2年くらい前から登る登るっていっていた

前日の昼過ぎ突然行くことにした(仕事中だろうannoy



最近は、遠出するのが億劫でどうしても近場の朝日に入り浸っている感が否めない

山形市民としては、鳥海山まで行くのは結構遠い

同じ理由で飯豊も遠い

・・


依ってかなり?の気合を入れて出かける


3時間かけて公園道路終点駐車場

ガスガスだけど、晴れ予報を信じて出発sign01

滝ノ小屋をスルーして登る


同刻、結構出発する登山者がいる

年齢層は超高めに見える・・・

P9030008


八丁坂(さほど急ではない)を登って

河原宿

ここは、何年も前から閉鎖されているらしい

だた、トイレだけは使用できる状態

P9030009




依然、霧中・・・

P9030011



湿気っぽい

P9030013



千畳ヶ原分岐を過ぎる頃、なんとなく明るくなってくる


進んで、

ガスが晴れてくるupup

P9030020


期待通りの青空と伏拝岳




暑くなってきたので、雪渓を登って遊んだりする

P9030042


本日最大の急登

薊坂(こっちは本当に急sweat01

標高が2,000m超えているので結構キツイ(人体実験が趣味でない普通の人は何故つらいのか気付かない)


庄内平野

ちょっとボンヤリ

P9030045


笙ヶ岳と御浜(鳥海湖)

P9030048


薊坂で苦しんで外輪

向こう側に新山

P9030052


外輪を歩いて七高山

さすがにここまでくると、ほかの登山者が増えてくる

P9030067

にしても、あまりに人が多い

っとおもったら、なんかの大会があって、それだけで140名位登山者がいるそうな・・

(たまたま案内の人が教えてくれた)

P9030070



この辺で一匹(一頭)だけ、ひらひらと飛んでいるアサギマダラを発見lovely

七高山は寄っただけで、すぐ戻って新山へ

P9030077

山頂は、とっかえひっかえ登山者が押し寄せてくるので、北側のピークで休憩

さっと山頂によってすぐ神社へ

渋滞がsweat01sweat01



ここで、相談

そのまま帰路を戻るのもつまらない

何がイヤかって外輪まで登り返したくない

H樹はまだ全然歩けるってことなのでルート変更

御浜と千畳ヶ原回って帰る事にする

軽く休憩して、千蛇谷へ

P9030097

七五三掛への登り返し

噂通り、新しく登山道が整備していある

P9030112


っとその前に、残雪渓で小休止(* ̄ー ̄*)

P9030116


のち、新しい方の登山道へ

P9030117

登り返しの量が従来より増えるので、その点はマイナス

安全性は??????????

ノーコメント


P9030122

人が多い七五三掛をスルー

御田ヶ原分岐を左へ

この後通る、千畳ヶ原と幸治郎沢が見える

P9030129


せっかくなので、分岐を少し過ぎて

御浜に寄る

P9030134


そのうち泳ごうと思っていたのだけれど、対岸に大勢のギャラリーが居るので今日の所はやめておこうじゃないか(゚m゚*)



戻って、分岐より千畳ヶ原

木道を歩く

P9030147


さっきまでの喧騒が嘘のように静かになるgoodgoodgoodgoodgoodgoodgoodgoodgoodgoodgoodgoodgoodgood

P9030157




もう”秋”が始まっているように見える

P9030158

まえに、石川さんが鳥海をガイドしたとき、”狐の背中”っと語っていた草紅葉

紅葉の頃、再訪したい



河原宿まで、正面の幸治郎沢を登り返す

P9030161

沢っといっても涸れ沢

新山よりも断然登りやすい



月山森はスルーして朝の登山道へ

P9030172


ガスが完全に晴れているので視界良好good




こっちもガスが晴れて気持ちいい展望の八丁坂

正面は鳳来山かな?

P9030175


そっちは、冬にでも歩いてみよう


サクサク下って駐車場へ

写真を見返してみてもわかるけど、色気がすでに初秋

湯ノ台から登る(そもそも、犬猫馬さんがここと祓川を推したからなんだけど)

”花”とか”紅葉”とかの季節ではなかったけれど単純に”山”っとして

鳥海山を楽しめたと思う

よりみちしたおかげで、静かな千畳ヶ原を歩けたり

一瞬楽しい幸治郎沢を歩けたり

特に、紅葉の時期

千畳ヶ原だけでも再訪したいと思う


勝手に採点コーナー

87点(採点基準不明cat

|

« 2016.08.21-鎌沢から山形神室 | トップページ | 冷泉温泉 »

」カテゴリの記事

コメント

しばらく前に、同じルートで探訪しました。
千畳ヶ原の草紅葉が素晴らしかった。
また行きたいけど、体力が落ちてるから不安…。

投稿: maro7 | 2016年9月 4日 (日) 20時26分

本当は今日、月山森に行く予定だったのですが、喉風邪が酷くインドア遊びしか出来ませんでした。
このコースは7月下旬から8月上旬が花花花ロードですよ。

投稿: SONE | 2016年9月 4日 (日) 21時05分

千畳ヶ原の紅葉は、いつぐらいがよさそうですか?

うちらも紅葉の時期に行こうかと狙っていました。

投稿: くらげ | 2016年9月 4日 (日) 21時25分

>maro7さんへ
今回は山頂往復ではつまらないのでちょっとまわりみちしてみました。。
アップダウンは少ないけど距離が長くなってしまうので噂の草紅葉は山頂寄らずに千畳ヶ原を目的地として再訪したいと思います(゚ー゚)

投稿: すばるぅ | 2016年9月 6日 (火) 20時52分

>SONEさんへ
あれ?月山森ですか??どことなく奇遇でしたね~でも風邪で断念残念でした(ノω・、)

今年はしつこい風邪が流行っているようなのでお大事になさってください。
本当は7月に行こうとしたコース。また来年歩いてみようと思います。

投稿: すばるぅ | 2016年9月 6日 (火) 20時56分

>くらげさんへ
千畳ヶ原の草紅葉は・・・多分10月上旬くらいかな??
今年はもっと早いかも??
俺も今年再訪予定です。

secret情報
某番組で千畳ヶ原の草紅葉を推していたSEJさん曰く
狐○小屋の所の方がもっと綺麗かも??ってことですよ~
あっちの方がまじりっけのない草紅葉がみれますsecret
ちょっと遠いけどそっちも是非sign03


(SEJ=スペシャルエロジジイ)←本人談(笑)

投稿: すばるぅ | 2016年9月 6日 (火) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/64154475

この記事へのトラックバック一覧です: 2016.09.03-鳥海山(湯ノ台から周回):

« 2016.08.21-鎌沢から山形神室 | トップページ | 冷泉温泉 »