« 2016.06.26-神室山(西ノ又沢コース往復) | トップページ | 2016.07.10-大朝日岳(古寺から往復) »

2016年7月 3日 (日)

2016.07.02-立谷沢口登山ルート

所用で鶴岡へ行くついで

立谷沢から月山七合目付近まで登れるらしい立谷沢口ルートを歩いてみる

P7020001

山頂までは行かんとですよ~



コース

月山立谷沢口 ”5時40分~”

 ↓ [20分]

展望広場

 ↓ [2時間]

7合目あたりの車道 (休憩20分)

 ↓ [1時間20分]

戻り ”~9時40分”


GPSログ

New

全面改訂を期に買い足した山と高原地図”鳥海山・月山”

立谷沢から月山7合目付近に抜けるルートが追加されている。

鶴岡に用があったので、隙間の時間利用で歩いてみることにする。



北月山荘の先、案内板を発見sign03

P7020003

地図に追加されるくらいだから、ちゃんと整備されているような雰囲気を醸し出しているsign02

薄く砕石が敷いてある散策道を歩き始める。


が!

5分も歩かないうちに散策道がグリーンダヨ~(ノ_-。)

P7020007

不安を抱きつつ先へ


木々が切れたところからは、鳥海山がで~ん

P7020010



緑豊かな散策道(苦笑)

P7020013



進んで展望広場らしき所へ・・・

P7020015


近々、人が訪れた様子は感じ取れないε-( ̄ヘ ̄)┌

P7020017



そして、展望広場と謳う割には、正面の木が気になりすぎるww

P7020016

自然の景観なんだろう?っと思いなおして散策道を戻る





少し戻って、散策道からほぼ直角に延びている踏み跡に入る・・

( ̄Д ̄;;

さらにグリーンだよ~

P7020044



意を決して突入sweat01

三角峰はトラバース

日当たりがイイところは、緑が濃い・・

P7020041


こんな状態で進んで進んで~

ブナ林帯へ

P7020032

ここまで来れば、あとは明瞭な踏み跡が続く



sign03

またしても、巨大ナメクジを発見







閲覧注意!笑














Too big・・・・・・

P7020036



きのこ?

P7020030





途中一か所

登山道から少し下ったところの小滝で水がとれる

P7020025




そんなこんなで、予定通り北月山7合目下の道路へ

P7020027


こちら側には特に表示はない

P7020028


体調があまりよくないようで、20分くらい休憩をとって帰路

ここからだと、往路を戻るしかない

散策路入口まで黙々と戻る・・・



まとめ

北月山登山口から山頂を目指すなどする場合

距離標高差的にみれば、本道寺口と近いものがある

けど、特にやる意味が思いつかないw疲れるだけ・・

紅葉の頃を狙って、歩く分には良さそうな印象


勝手に採点コーナー

70点(採点基準不明spade





帰宅後色々調べてみたところ

登拝口ってことで古くから使われていたルートみたい

弥陀ヶ原まで道路ができてしまった現在、廃れる運命なんだろうと思う







おまけ

月山道経由で戻っている途中

四ツ谷川の崩落した橋を確認


林道に、自車で入りたくなかったので軽装で林道歩き・・


それなりに警戒していたつもりだったけど・・・


あいつに遭遇Σ( ̄ロ ̄lll)


そう!あいつ・・

000000


カーブを曲がったら、5m位前方に…

思わず

あ゛!

って声が出た


それに驚いてくれたようで、のっそのっそと草むらに消えていってくれたsweat01


直ぐだと思って、熊鈴持っていなかったのがよろしくなかったみたい

ついでに、川の音で全く気配を察知できなかった

・・・・・

まぁ 気をつけよ~っと(○゚ε゚○)




肝心の橋は↓

P7020057

修復完了?

渡るには差し支えない状態だった。

|

« 2016.06.26-神室山(西ノ又沢コース往復) | トップページ | 2016.07.10-大朝日岳(古寺から往復) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/63859912

この記事へのトラックバック一覧です: 2016.07.02-立谷沢口登山ルート:

« 2016.06.26-神室山(西ノ又沢コース往復) | トップページ | 2016.07.10-大朝日岳(古寺から往復) »