« さるとし | トップページ | あれ? »

2016年1月 3日 (日)

2016.01.01-瀧山

雪すくなくて、どうしてくれようかと…

っというわけで、男なら正面突破がいいんでない??シリーズへ(笑)

P1010016

山頂積雪量は、前年比10%以下かな~

※往路で使った尾根は、登山道ではありません。危険箇所多。よい子は真似しないでね~

コース

西蔵王放牧場入口 ”6時50分~”

 ↓ [3時間30分]

瀧山山頂

 ↓ [1時間]

戻り  ”~11時20分”


GPSログ

New

2016年

年が明けてもゴロゴロ…

時々、運動ww

ってことで、去年に引き続き初詣をかねて、瀧山へ

雪少なくて、姥神コース登っても全然面白くなさそうなので、別コースsign03


山形市内から眺める瀧山(@富神山)

↓黄色線の尾根は登ったことがある…

Pc1900261



ってことで、ほぼ山頂直下に刺さっている尾根(赤線)

で正面突破を試みる(・∀・)ニヤニヤ




元旦


まぁ放牧場へ


雪が少なくて、除雪無用の道路。塩カルだけがまいてある



まだ、誰もいない放牧場入口


ボチボチ出発!!



放牧場内も薄っすら雪で、ラッセル無用

サクサク歩けてとても楽(ただし、結構雪が降ってるけど…)



前滝コースと姥神コースをつなぐ登山道を進んで、目的の尾根に取り付く

ココ、通ったこと無いけど薄い踏み跡があり、ラッキ~shine

P1010002


何処を見ても藪っぽいので、適当に突入・・

P1010007


もうちょっと、甘っちょろい登りを予想していたけど、そんなに人生甘くないsweat01

生えている、木の枝を総動員しないと登れないくらいの斜度・・・

危険なので、早々にカメラはザックインcoldsweats02


息絶え絶えで登りきって斜度が緩くなる

で、

正面写真でもわかる、岩斜面のところ

P1010009


↑写真ではかなりわかりにくけど、当然!直登は不可っぽい。。。


ともあれ、当初予定した通り、ココは北側からまいて通過

すれば


問題ない??

っとの期待を見事に裏切る


絶望的な急斜面が…

ただ、ココ

急斜面のクセして、雑木が密集して生えている

当然、枝にはこんもりと雪がついていて、ココを登れば雪まみれに…



あきらめて登る(;;;´Д`)

冷たいし、すべるし、登りきっても先に進める保障は無いし・・・

心が折れそうwww


後を振り向くと絶望しか襲ってこないので、上だけ見て登る…


予想を超える苦行で、エネルギー切れ気味なので、無理やり休憩

そのときの写真

P1010010

ヘラハギ山(っというらしい)と青空

再出発して、とりあえず無理やり台地の上に乗る

何処まで行っても、こんな感じ

P1010014


もう、全身雪まみれsweat01

空中戦を切り抜けながら、ナイフリッジ状の尾根を進む

地図では読めないくらいの下りが出現…

正面痩せ尾根には絶望的な光景がsweat01sweat01sweat01

(写真を撮ったつもりが撮れてなかった)

よくあるやつ

尾根をふさぐ岩…

右は通れず、左は??

落ちたらそのまま沢底へ…




あと何箇所こんなところがあるん?(;´▽`A``


ん~

さっきの斜面に戻るのも地獄、

進むのも地獄

おちたらチ~ンww

でっどおああらいぶ???


( ̄Д ̄;;

進みま~すww


生まれたての小鹿のようになりつつ、危険箇所を危険に通過して

最後の急登…

尾根が広くなってくればもう安心??



で、

山頂約30m下の登山道へ

無事生還sweat01sweat01sweat01sweat01sweat01sweat01

っと一息ついていると



山頂から下山してくる方


前滝コースを登った、Sさん

曰く、

山頂直下の雪渓も登れるそうな…

後日検討(滝汗)



Sさんと別れ、山頂

初詣的なことをしてさっさと下山



かかった雪で全身ビショビショなのだよ(;´▽`A``



去年の元旦にもすれ違った面々とすれ違いつつ、マッハで下山





姥様辺りで、写真を撮ろうと

sign02


sign03sign03sign03sign03sign03sign03


あれsign02

カメラありませんけど…




思い当たる節があるよ~!

旧大滝コース分岐より上、約50mあたりで、トレポをザックから取り出した

そん時、ポイって置いた記憶が…


全力で戻るcoldsweats01

標高差200mを戻り、無事だけどカチカチになったバックを発見


き~つけんと…

あとは、すべるように下山

姥様辺りから登ったさっき尾根

P1010031

もうしばらく雪のあるときは、勘弁してほしい気持ちですsweat01


逃げるように(笑)下山

スタコラサッサ


コレは年初め肉体(腕も筋肉痛)および、精神の修行www

でもありつつ、結果的にだけど、楽しいルーティングだったsweat01


勝手に採点コーナー

68点(採点基準不明ok



ぶっちゃけ、今まで登った山の中で、ダントツにヤバかった

命が大事な人は冬は登らないことをお勧めしまーす

|

« さるとし | トップページ | あれ? »

」カテゴリの記事

コメント

正月から、すばらしい山行でしたね。今年より雪が多い頃に「危」の3文字の真ん中あたりの尾根まで歩いたことがあります。その時はSさんのトレースを辿ってでしたが、雪庇に続くトレースを見て諦めて帰りました。毎年、正月の常連さんがいらっしゃるのですね。今年もよろしくお願いします。また、Sさんにあったらよろしく言ってください。

投稿: HITOIKI | 2016年1月 5日 (火) 21時17分

>HITOIKIさんへ
すばらしく…ビビリながらの初詣でした(笑)
真ん中の”危”あたりは、尾根が細くてドキドキなあたりかな??正直先がまったくわからないので進むには勢いしかありませんでした。結果的にうまく抜けれてよかったです。
今年もよろしくお願いします。

P.S.
HITOIKIさんのブログを拝見させていただいていて、俺のテント欲しい病が再発中です(笑)

投稿: すばるぅ | 2016年1月 6日 (水) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/62994035

この記事へのトラックバック一覧です: 2016.01.01-瀧山:

« さるとし | トップページ | あれ? »