« 最上峡あたり | トップページ | 想定外な車高w »

2015年11月26日 (木)

2015.11.21~22-竜門山・大朝日岳(日暮沢から周回)

竜門非難小屋泊が一番の目的(゚m゚*)

Pb220088

まだギリギリ秋ww


コース

--1日目--11月21日(土)

日暮沢林道クマスベリ沢(車両通行止め箇所) ”11時40分”

 ↓ [15分]

日暮沢小屋

 ↓ [3時間15分]

竜門山非難小屋 ”~15時10分”

--2日目--11月22日(日)

竜門山非難小屋 ”6時50分~”

 ↓ [2時間30分]

大朝日非難小屋 (休憩と山頂散策40分)

 ↓ [1時間25分]

古寺山

 ↓ [30分]

ハナヌキ分岐を日暮沢方向

 ↓ [2時間]

クマスベリ沢付近へ戻り ”~13時55分”

GPSログ

New

土曜の予報がよろしくない週末…

日曜日に、某藪山を目指そうと思い、金曜仕事上がりで記憶がなくなるまで飲酒coldsweats01
(来週末は同僚の結婚式なのでその練習ww)


--1日目--

土曜日の朝、意識が戻ったので、天気予報を確認してみると…

日曜の天気は当初の予報より好転しているので、急遽朝日を目指して出発dash

土曜の風予報を見ながら、最後まで天狗小屋と竜門小屋で悩んだものの

結果的に、バカ平への曲がり角をスルーしたので、そのまま日暮沢林道w

前回、春先に通ったときは復旧工事中だった最初の大崩落箇所

キレイに復旧済みgood

Pb220306

写真右側が旧道路

最初に復旧した、中先橋(通称アメリカ橋っというらしい)よりもう少し先、クマスベリ沢付近まで車で入ることが出来る(詳細は西川山岳会のHP参照)

Pb210001

ただし、中先橋より先の林道は、深い溝やらはみ出た枝やらで車がキズだらけになる覚悟で入る必要がある(オレはボロプレオなので問題ないけど…)

コレは、道路の管轄が違うからなのか、単純に復旧して間もないからなのかは…confident

林道行き止まり箇所はあまりスペースが無い

一台、関東圏ナンバーのマニアックな車があり、その付近に駐車して歩き出す

出発してスグ、未だ崩壊したままの箇所

Pb210003

通過するのにはほとんど支障が無い

15分ほどで日暮沢

こちらも渡渉には支障が無い水量

Pb210004


まぁ”竜門山”方向へ

Pb210005

この登山道は、雪が無いときは初めてなので色々興味津々

ゴロビツの水場で休憩しながらもっさり登る

竜門小屋の水場?

使えるのか??

っとの一抹の不安を覚えつつ

使えるsign03

方にかけることにした(゚m゚*)


コレは??

結構硬いキノコ

Pb210007

何だろう



登って

ガスに隠れた竜門山の傍らに、本日の宿泊予定地”竜門山非難小屋”

Pb210011

まだ遠い(゚ー゚;



歩いて

ユーフン山より下り、最後の登り

Pb210028




予報通り、主稜線付近は風が強めっぽい

装備を強化しつつ、突入~

縦走路へ合流後、さっさと非難小屋へ非難(笑)

雪が無くても十分寒い( ̄Д ̄;;

Pb210030

Pb210031




完全にガスの中…

Pb210037




俗世間という地獄より非難非難\(;゚∇゚)/

Pb210039





到着して、真っ先に

水場を確認sign03

Pb210041

問題なしhappy02

無くても死にはしないけど、あるのと無いのでは気持ちの持ちようが雲泥の差なのだよ



コースタイムからするに、日暮れギリギリの到着となってしまうか?っと思ったけど、案外スムーズに着いたので、程よく寝床の準備が完了sign03

小屋の記録を見ると、記入したのはオレで約1ヶ月ぶり

叩いてみてもすっからかんの協力金入れに、1500円を投入~して…


既に室温が2℃なので、遊んでみる意味も込めて…

Pb210069

小屋内にツェルトを張ってみた(≧∇≦) どうせ誰も来ないのでOK?

OKsign03


そんな状態で、呑んで着込みまくって寝る…

Pb210053

すっかりおっさんww

・・・

・・・・・


21時過ぎ

暑すぎて、汗だくで起きてしまうcoldsweats02

ツェルト内は結露しまくりsweat01

なので、寝ぼけながらに撤去して再就寝…

sleepy


--2日目--

前日の風も収まり、静かな朝…

Pb220077




近恒例の、二日目快晴の予感shine

Pb220078




朝ラ~とか煮ていた為、出発は予定より遅れに遅れ7時前になってしまった・・・

荷物デポで寒江まで往復して、そのまま下山って選択肢もあるけど、

やっぱ天気がいいので大朝日に寄らないと失礼??

Pb220080




ってことで、寒江山は次回

大朝日に向けて出発dash

っと、竜門の水場に近寄ったら、跳ねた水が凍ってて盛大にすっ転ぶ
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

あいたたた~

っと、

気を取り直して出発ww

Pb220088


ええ~天気good おかげさまでとても寒いgood

Pb220097




先月歩いた、三面コース

朝日があたってくる

Pb220106




昨日登ってきた尾根

Pb220108




これから行く方 (恒例の超逆光)

Pb220114




振り返って、奥には以東やら寒江やら月山good

Pb220123




逆光のトンガリは大朝日岳

Pb220133


にゅ~っと延びている霧氷

Pb220134


歩いてきた方 周りはガリガリ君ww

Pb220138

西朝日付近で単独の男性とスライド…

泊まりにしては軽装?

こんな時間に一体何処から??謎

Pb220156




一旦下り いま下りてきた西朝日(気持ち悪い色合いの写真…)

Pb220163




中岳へ向け登り返し

袖朝日~西朝日

Pb220164

岩っぽいこのあたりの山容が結構好きheart02



中岳トラバース

雰囲気のイイ登山道(だと思う)

Pb220173

大朝日小屋に向かう途中の水場

金玉

(きんぎょくすい)当然読めますし、深い意味はありません

なんだかんだで、初めて寄ってみる

縦走路から下り2分くらい

Pb220175

いたって普通な光景 (っていうか、稜線付近で水が湧くのは朝日の特権???)


その後一旦、大朝日非難小屋

Pb220180




荷物をデポして、山頂へ

Pb220184

なんだかんだで、今年三回目ww


今日もカッコいい

オレの山
祝瓶山

Pb220186


凍った岩

Pb220199




今シーズンの雪の無い快晴はおそらく今日が最後では??

Pb220195

Pb220205


小屋に戻り、ちょっとトイレ臭い小屋を換気しつつ休憩(゚ー゚)

Pb220210

戸を閉めて、下山




この景色も一旦見納め

Pb220214



小朝日岳

Pb220221

登り返すの面倒なので、巻き道で通過




古寺山を過ぎて、三沢清水

Pb220231

今年度の営業終了(^-^;



ハナヌキ分岐より日暮沢方面へ

コッチは初めてなので結構楽しみgood

Pb220232



アップダウンの少ない尾根道で歩き易い

Pb220234


コレは???何だろう?????

Pb220235

尾根が分かれてから急坂となる

途中で、猟銃を担いだおっちゃんとすれ違う

大井沢の方。熊探し中…

全然、気配すらしないそうな( ̄▽ ̄)



カサカサナメコ(゚m゚*)

Pb220238

採集道具が無いので、意識して探さないようにしていたけど、目の前に発見…

こんなヤツでよかった(笑)


尾根を下りきって、根子川沿い

ちょっと下って竜門滝

雪が無い時期は久しぶり

まずは、上流側から観察…

Pb220241




角度を変えて観察…

Pb220246


スゲー迫力だよ~ん(lll゚Д゚)


林道が通行止めになっていこう、極端に人が来なくなったせいだろうか

滝つぼに下りるためのロープはもう苔まみれ(ノω・、)

Pb220291

あったはずの、竜門滝の看板も何処へ?

手が、苔臭くなりながら滝つぼ

Pb220256


変わらぬ迫力sign03

Pb220257

今年2月に来た時はさすがに水量がなくてイマイチだったけど、本来の姿?


不気味に美しい滝つぼ

Pb220288

軽く休憩後帰路へ

この先、

冬場越えるのに苦労した深い沢

のところ

左岸側が大きく崩落していたけど、一応ロープが張ってあるのでムリっと通過

して

林道へ

Pb220299

橋を一本渡るけど、

手前の沢の流れが変わり、橋の両側へ新たな沢となって注いでいる

そして、橋の手前も、倒木がゲートのようになってしまっている…

Pb220300

人類が滅べば、こんな感じで全てが自然に帰っていくんだな…(大げさ?)


ってなかんじで、

林道を戻ってクマスベリ沢到着!


やっぱ

楽しかったgood

突然決行な休日旅


某藪山も捨てがたかったけど、今回はコッチが正解ってことにする


勝手に採点コーナー

93点(採点基準不明flair


本当に、もうスグ冬ヾ(;□;)э

|

« 最上峡あたり | トップページ | 想定外な車高w »

」カテゴリの記事

コメント

避難小屋内で張ることは防寒対策のひとつの手段なんだぜよhappy01
でもツェルトだとちと狭そうだのうw

にしても某写真家集団にも劣らない、いい写真だねぇ…

投稿: 岳ちゃん | 2015年11月26日 (木) 23時59分

>岳ちゃんへ
小屋内張りはみんなよくやってるから一度やってみたかったのさ~
効果は絶大sweat01

写真は、被写体が80%カメラの性能が20%の出来となっております
俺のコンセプトは楽してまぁまぁな写真を
なので、それに合致した今のカメラはお気に入りなのだよ(* ̄ー ̄*)

投稿: すばるぅ | 2015年11月29日 (日) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/62744132

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.11.21~22-竜門山・大朝日岳(日暮沢から周回):

« 最上峡あたり | トップページ | 想定外な車高w »