« 山と高原地図 8 鳥海山・月山 2015 | トップページ | Vino125 エアバルブ交換(リア) »

2015年6月27日 (土)

2015.06.26-清水衛殿あたり

朝日のどこかにヒメサユリとかウスユキソウを見に行きたかったけど、

午後から雨rain予報なので、ちょろっと清水衛殿へ

P6260122r

ものすごく、遠回りして到着( ̄○ ̄;)!

コース

観察センター ”4時30分~”

 ↓ [10分]

キハダ沢歩道入口

 ↓ [1時間20分]

林道 岩野大円院線 (注意!現在災害通行止め)

 ↓ [50分]

葉山林間キャンプ場(休憩20分)

 ↓ [5分]

岩野コース登山口

 ↓ [1時間15分]

シャムコース分岐をシャムコース方面

 ↓ [30分]

清水衛殿分岐を清水衛殿方面

 ↓ [40分]

清水衛殿 (休憩20分)

 ↓ [30分]

寄り道しながら観察センターへ戻り ”~10時30分”

GPSログ

New

本当は、清水衛殿に行って、その後シャムコースまでの登山道を確認(興味本位)して、ブナ林コースを戻るつもりで出発

なので、水分も少なめ、食料も少なめ・・・

例によって、林道に車で突っ込みたくないので、観察センターの所に車を置いて林道歩き

樽石林道

P6260008
少し歩いて、

キハダ沢歩道入口

の案内sign02

”沢”とか”歩道”とかの文字に誘われそっち方面へ・・・

P6260010

ちゃんと刈払いされていいるので、

なんだ、清水衛殿くらいまではちゃんと整備されている??

っと騙される(これはあとで気づいたこと)

ロープとかちゃんと張ってあって何の疑いも無く(バカw)進ぬ

先に伏流水があるにしてはやたらと急だな~

とか思いながらロープたよりに登っていく

太陽が出てきて、予報通りまだ天気は持ちそう?

P6260011


・・・

すぐに清水衛殿に着く予定なのに全然その気配なしsweat01

こりゃ~


間違えたな(;;;´Д`)ゝ


っと思いつつ、道は続いているので、とりあえず先へ

ちょいちょい見所ありsign02

P6260017

尾根沿いでは、お尻の可愛いヤツを発見し追いかけるも、当然逃げられるww

もう、ココはただの巡視路だと判明したので

P6260021

いけるところまで行って、行き止まりで引き返すことにした

しばしの、鉄塔巡りw

P6260022c

ちゃんと刈払いされていたのはコレのおかげだったみたい

しかし・・

キハダ沢歩道とは一体???

謎な標識だった( ̄Д ̄;;

そして、

ズルズル

進んでいって、、結局

林道 岩野大円院線にでてしまうorz

P6260024

たしかこの林道は、現在災害通行めのハズ・・・

・・・・・・

ん~~

頭の中でリルート中・・

ん!

通行止めの看板に進路を遮られるまで進もうconfident

本当に、通行止めの看板をみてないので、知らなかったていで突撃して、工事現場は泣きながらお願いして通してもらおう(最低)

工事終わってる可能性もあるし、

ぶっちゃけ

戻るの面倒くさ(゚m゚*)

っと腹が決まったので車道を歩いて進む

・・・

・・・・・

確かに、途中

重機があり、何箇所か工事中

でも、通行止めの標識が無いので先へ・・

っというか、早朝過ぎて、工事の人なんて誰もいなかったsweat01

ドキドキしながら、すたすた歩いて

キャンプ場までもうスグってところで

sign03

P6260027

やっぱ通行止めだった_| ̄|○

P6260028

一応の言い訳

ココまで来る間に、立ち入り禁止の看板は一切ございませんでした!

多分、林道入口に看板があったのだろうけど、途中から入ってくる変なヤツがいた事をお詫びいたします  il||li _| ̄|○ il||li

・・

まぁ

すんだ事は仕方ないsweat01

結果オーライとして

休~憩

P6260031

今年も、冷やしタンメンの季節ですnote

貴重な食料と水分が一気に摂取できますw

いつまで天気が持つかわからないので、短めの休憩で再出発

2週間前も来たばかりの岩野コース登山口

今回は逆ルート

P6260033

2週間前より緑パワーがアップしているような気がする・・

ついでなので、この前サッパリ咲いていなかった百万ドルのドウタン

が確認できるup

・・・

P6260034

もはや、消し炭sweat01

P6260036

先日、去年より2週間ばかり早めていったつもりなのに、それでもサッパリ咲いていなかった百万ドルのドウタン

今年は、よほど早咲きだったみたい(lll゚Д゚)

っと、遅すぎた事実を確認

まぁスッキリ



先へ進んで、シャムコース方面へ

早々に怪しくなってくる天気

P6260053

コレはコレでgood

一応、1000万ドルのドウタンに立ち寄って

P6260056


特に、何も無いことを確認してから、少し戻って清水衛殿分岐

ロープがはってあるけど、自己責任(そもそも登山は自己責任)にて突撃

P6260057

コースはすぐに藪っぽくなる

ロープが張ってある意味が良くわかる

ルートを見失わないように注意しながら

素直なブナ林を進む

P6260060

尾根沿いは比較的いいのだけれど、

一部トラバース部とかは、斜面が崩壊しているところもあり、かなり慎重に進まないと登山道を外れてしまうような荒れようだった

もう、ほとんど歩かれていない様子がうかがい知れる状態・・


こっちもドキドキしながら下って倒れた分岐案内を発見

P6260061

おそらく写真奥側に進んでいくと、この前偵察に来たときに確認したブナ林コース入口

に出ると思われる

本当は、ココから入ってこのコースを周回する予定だったのに・・

ま!しょうがないcoldsweats01

この分岐を過ぎてまもなくで、

本日の目的地

清水衛殿

P6260124

(・∀・)イイ!

伏流水です

象ヶ沢噴水とは違って、水が湧いているところが見えないので、

ちょっと遡上w

P6260063
・・・

よくわからん!

流量があまり多くないので、迫力は乏しいかな

P6260085r

P6260093r

ここで、

本日最大の目的

試飲タイムnote

P6260098r

コレはsign03

飲み易い?

っと、味オンチのオレでもわかるくらい無味無臭?

な水だった

個人的にだけど、葉山近辺に湧き水多しといえど、ココが一番好きな感じだった

なので、所持している容器に2.5L

水を持ち帰る

ようやく、本来の目的を達成(遅w)


清水衛殿をあとにすると、

林道はスグ

何だそっちか~

P6260136

て所だったsweat01

案内板も何も無し?

(元案内板みたいな朽ち果てた木柱は倒れてたけど・・)

色々スッキリして林道を戻る

P6260139

ちょっと遊歩道による

・・

万代桂

P6260143

sign02

ちょっと待て(反対側にまわって・・)

P6260141_2

めちゃくちゃぶっといジャンw(゚o゚)w

権現山の大カツラに匹敵するくらいのサイズに見える

っとちょっとビビッてしまった(笑)

その先には

鶴亀の滝

P6260148


P6260152
やっぱイイ

P6260167

スパ長ww

登山靴だったら、多分そのまま滝つぼにスライダ~

だろうなww

もうチョイ先にも色々あるみたいだけど、ちょうど観察センターの真下なので本日終了

そのまま車に戻る

P6260170

いやいや

予定が完全崩壊してしまったけど、結果オーライ

どうせ最初から清水衛殿に着いていたとしても、キハダ沢歩道の謎は残ったままになるのでコレはこれでスッキリルートだったと思う

今日わかった事(あくまでも想像)

このあたり一帯は、1000年代まではしっかり整備されていた所

でも、今となっては廃れていく運命

的な~

感じなのかもdespair

その中で、シャムコースだけが再整備されている現状なのではなかろうか?

って事でした・・・

勝手に採点コーナー

81点(採点基準不明sleepy

次回、最後の調査wwは晩秋予定ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

|

« 山と高原地図 8 鳥海山・月山 2015 | トップページ | Vino125 エアバルブ交換(リア) »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

レアコースのレポ、ありがとうございます(笑)

清水衛殿、鶴亀の滝、なかなかいい感じ!行ってみたくなりました(^^)

投稿: モンキィ | 2015年7月 9日 (木) 01時29分

モンキィさんへ
観察センターより手前から遊歩道もあるみたいなのでそっちも気になるスポットです( ̄ー ̄)ニヤリ
無駄に遠回りしなければ清水衛殿は手軽に楽しめるいい所だとおもいます

投稿: すばるぅ | 2015年7月 9日 (木) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/61803003

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.06.26-清水衛殿あたり:

« 山と高原地図 8 鳥海山・月山 2015 | トップページ | Vino125 エアバルブ交換(リア) »