« 2015.05.24-甑岳(幕井コース往復) | トップページ | 2015.06.07-神室山(神室連峰山開き) »

2015年6月 3日 (水)

2015.05.30-甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根往復)

去年夏、原因不明の体調不良でリタイヤした黒戸尾根・・・

のリベンジでござる

P5300103

奥、仙丈ケ岳(・∀・)ニヤニヤ


コース(黒戸尾根登山道)

竹宇駒ヶ岳神社登山口 ”4時~”

 ↓ [7時間10分]

甲斐駒ヶ岳 (休憩40分)

 ↓ [4時間50分]

登山口へ戻り ”~16時40分”

GPSログ

New

20代のうちにやっておきたいことの一つ

日本三代急登のひとつ

甲斐駒ケ岳の黒戸尾根

を、日帰りww

何で黒戸尾根チョイスかというと

名前がカッコいいから(笑)

それだけです(゚m゚*)

去年夏

体調不良で途中リタイア・・・

20代も残りわずかなので、早めリベンジ

っというわけで、天気が良さそうな週末弾丸登山を慣行

(もたもたしてると梅雨入り・・で、さよなら20代になるのでね)



金曜日、部下たちに残業させつつ定時あがりcoldsweats01

上司に捕まるも、帰ろうとしていた後輩を投げつけ脱出paper

睡眠時間確保のため、帰宅する時間ももったいない


なので、そのまま上山を出発して、福島飯坂より高速道路


Taroさんアドバイス通り、岩舟JCT⇒高崎JCT⇒鶴ヶ島JCT⇒八王子JCT

こわ~い首都高を回避しつつ

中央道へ

目的地も近づいてきたのでPAで仮眠

なんだかんだで時刻は23時30分


アラームを2時にセットして寝てたら・・・



sleepy


sign02


ガタガタガタΣ(゚д゚;)


地震で起こされるsweat01

時刻は1時過ぎ・・・


起きてしまったし、再出発dash

コンビニで最後の買出しを済ませて、3時頃登山口の駐車場へ到着


あとは、寝る時間も無いので、暗闇の中あさっぱらかラーメンを煮るww

暗いうちから、何名かの登山者がスタート


オレも、薄明るくなってきた4時過ぎにスタート

P5300046


去年、途中まで登っているのでルートは問題ないけど、一応ヘッデン装備sign03

さすがに、仕事終わりで500km以上も運転してきてほぼ寝ていないので

体が重い・・・

そして、今までにないくらい眠たい( ̄Д ̄;;


ちょっと寝ようかと思うくらい眠たいsweat01


けど、それなりのペースで登る・・

朝日が差してきてもやっぱり眠い。。。。。

P5300049

結構登った??


と思った頃、笹の平分岐へ

P5300051

甲斐駒ケ岳7時間sweat01

って書いてある現実に心を砕かれる(゚ー゚;

ここで、山と高原地図を見て、登りのコースタイムを計算・・・

9時間30分・・・


・・・・・・・・・・・・

なるほどね~

(今はじめて計算したのかよsign02と思われた方sign01 その通りですww)

なぜか6時間くらい頑張れば山頂に着くと思ってたので全然みてなかったimpact


既に、心も体もズタボロです(´,_ゝ`)プッ


ココからは、八丁登り(長い急登)

キツイのなんのって・・


今日も、ダメか??


と思うくらいキツイsweat01

そんななか・・・


木々の間から

P5300053

鳳凰山現るsign03


さらに ( Д) ゚ ゚

P5300054

富士山キターw(゚o゚)w


やっぱみるだけならそれなりにいい山

(登っても特に面白みが無いつまらない山)


これで、ちょっとやる気が出てくる


そして、有名?な

刃渡り

P5300062


特に面白いわけでもないけど、

この辺からの眺めはイイgood

富士と鳳凰

P5300056



なんか咲いてるし

P5300061


ココを過ぎると、いよいよハシゴ・クサリエリアへ

P5300069


こんなのが次々とあるsweat01

黒戸山付近を、トラバース気味に抜けて、一旦の下り・・


え!

下るの??

_| ̄|○


と残念がるwww


下りきったあたりで、五合目小屋跡にでる

数年前までは、小屋があったらしい

ちょっと天国的な雰囲気ww

P5300165


あとは、七丈小屋まで特筆することが無い急登

ハシゴ、クサリ、ハシゴ・・・

んで、小屋

P5300072


噂どおり、まだ水は使えなかった(シーズン中は100円で水が使える。今の時期は、アルプスの天然水2Lを800円で譲っていただけるらしい)

特に用も無いので先へ・・・

ここから、八合目までの間のみ、コースに残雪がある

P5300075


コレを警戒して、アイゼンとピッケルをもって来ていたけど、

結果、まったく必要なし!

柔らかい雪だし、先行者のステップもあるので問題なし

無駄に1kg以上のバラストになってしまった


けど、この雪で…

いや、なんでもない。




八合目、御来迎場

P5300081

数年前までは鳥居があったらしいけど、崩壊している


山頂を見上げ、空の青さにため息が出る

標高は2,700を越え、息も体もキツイ

寝不足が効いているのか、立ちくらみが酷い(゚ー゚;


それでも、高度をあげるとみえてくる南アルプスの景色

P5300087

アレは、北岳っぽいup

もう少し踏ん張って登る

ココから先は、全身運動のような登りに変わる

P5300092

山頂を目前にして、仙丈ケ岳も見えてくるup

P5300098



そして、

P5300101

甲斐駒ケ岳 山頂

P5300102

登山口の標高が約770m

そこから、約2,200mの標高差


鬼のような登りだった(笑)


その先の絶景lovely

P5300107

白根三山と、仙丈ケ岳

空と、雲がとてもイイgood

直前に、天気予報が二転三転して、こようかかなり悩んだんだたけど、

本当に、来て正解だった( ̄ー ̄)ニヤリ

と、

ニヤニヤ

この日は、15名程の登山者がいたけど、大体の人は、顔がニヤケテた(笑)



3,000m近いので、気温も適温。ほぼ無風の穏やかな天気sun

のなかで、

P5300110


冷中タイムnote




展望タイム


中央アルプス

P5300135

北アのほうはちょっと雲が多めでイマイチだった


八ヶ岳方面はこんな感じ

P5300133


ん~


山頂付近は見えても一瞬だった


途中までよく見えていた鳳凰三山もなぜか雲の中coldsweats01


雲は雲でも、動く雲(ガス)は眺めていると全然飽きない

むしろ単調な晴天よりはイイと思う

とか、

山頂からの景色を堪能??

もっとのんびりしていたいところだけど、下山も時間がかかるので

残念ながらの下山weep

小屋上のテント場には2張のテント

P5300159

やっぱ憧れる(*゚ー゚*)

帰路は、登りより若干余裕があるので、のぼりで目に入らなかった(あえて無視してた?)

モノも目に入る

イワカガミかな?

P5300167

本当に岩から咲いていた

延々とも感じる下り

ようやく下り終えて駐車場へ戻る

P5300176

もう

足が限界sweat01

爪が死ぬってわかっていたものの、やっぱ長距離歩くには、履きなれたシャルモがいいかとそっちをチョイスしていた。

結果、右足薬指の爪が内出血・・

とても痛いじゃないかcoldsweats01

ただ、太ももとか他のパーツは余力ありな感じだった

登山中何度か話した方から、アイシングは尾白川がいいよ

って教えてもらったので、そうした

・・・

冷たすぎて2分と耐えられなかった(笑)

コンビニで氷買って冷やそうと思ってたから得した気分??

(速やかにアイシングするとその後の回復がかなり違うよ)

そして、駐車場には、黒戸尾根を下ってきた登山者がチラホラ

駐車場で死に掛けている人とか、

全然元気で、時間があったから日向山登ってきた人sweat01

とか・・・

いろんな人がいたww


さすがに、日本三代急登の一つ黒戸尾根

ちょっとなめてかかったsweat01

鬼のようにきつかったsweat01sweat01


ともあれ

結果的にだけど、

予想より遥かにイイ天気

いいこと尽くしな一日good

に、アルプスデビューリベンジ成功

すべてが良かったgood(やたらとキツかったことと、眠かったのは忘れたwww)

勝手に採点コーナー

100点(採点基準不明diamond






帰ろうとして車を見たら・・・

ん??

P5300180

ボディー全体ががベタベタ(。>0<。)に~

なってる(/□≦、)

・・・・・

触ったり舐めたりした結論!!

樹液でしたsweat01

隣のインプも同じくベタベタ・・

P5300181

翌日、車屋に行く用があったので店長にその話をしたら良くあることらしい・・

当たりだったとあきらめて帰ってから洗車だな~

と思ったけど、

帰路

新潟辺りで豪雨になり(なんとなく新潟まわりで帰ったのだよ)


後で確認したら、キレイサッパリ落ちていた(* ̄ー ̄*)

こんなことまでとてもラッキーshine


眠気を感じたら即PAで寝る

を繰り返し、翌朝帰宅

無事に、

め~のおみゃ~参りで記録係り

何度か寝そうになったけどねcoldsweats01

P53166

我ながら、なかなか強硬なプランニング(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

|

« 2015.05.24-甑岳(幕井コース往復) | トップページ | 2015.06.07-神室山(神室連峰山開き) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/61674525

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.05.30-甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根往復):

« 2015.05.24-甑岳(幕井コース往復) | トップページ | 2015.06.07-神室山(神室連峰山開き) »