« 実験台バモス デッドニング中 | トップページ | 2015.04.18-鏡山 »

2015年4月16日 (木)

2015.04.12-赤見堂岳

今週も快晴sun

赤見堂岳へ

P4120098

コース

月山道大越川橋付近 ”6時20分~”

 ↓ [3時間40分]

石見堂岳 (休憩20分)

 ↓ [1時間20分]

赤見堂岳 (休憩50分)

 ↓ [3時間40分]

桧原付近車道 ”~16時10分”

GPSログ

New

赤見堂岳・・・

名前がかっこよくねぇsign02

夏道がないクセして、四方から見てよく目立つピーク

始まりは、瀧山で立ち話したおっちゃん

ってことで、このたび念願かなってSONEさんに連れられ赤見堂へ

ボソッと「赤見堂に登りたい」っていったのが功を奏したようです(゚▽゚*)

最近週末ファインのサイクルが続いている

この日も晴天予報

月山方面は、この通り。既に良い感じです(*゚▽゚)ノ

P4120003

下山予定の大井沢桧原集落に車二台を置き、残りの車で入山地点へ

前回、犬猫馬さんと石見堂岳まで登った時より先の尾根より取り付く

こっちの尾根は、本当に一番最初に下見に来たところの尾根

P4120009

その下見の日

猛烈な寒波で、又上ラッセル状態だった

こんな感じ…

Photo

でも、今日は快晴sun

P4120010

雪も締まっていたので、アイゼン装着でスタート!

雪解けが進んでいるので、安全そうな所をSONEさんを先頭に進んだ

P4120013


最初の目的地

石見堂岳山頂方面

まだまだ全然遠いsweat01

P4120015

月山方面

P4120016


お里は雲海の中

P4120022

SONEさんと巨木(゚0゚)

P4120024


980mピーク手前で一休み

P4120026

相変わらずキレイな月山方面を見ながら休憩


反対側には、本日の目的地

赤見堂岳

P4120031

980mピークは、雪がズタズタに割れていて登るのも下るのも危険

P4120032

SONEさん判断で、華麗にピーク西側をまいて通過した


ガスった尾根が良い感じなヤツ↓

P4120035


一旦鞍部を過ぎ、本日最大斜度の登り

P4120037

SONEさんは先頭で足場を切ってくれてますm(_ _)m

一気に高度を取り返し、さっきまいてきた980mピークよりも標高が上がってきた感じ

P4120038



ココからは、尾根のスケールがアップup

だだっ広い雪原歩きnote

P4120046


次第に、品倉山の背後から鳥海山が見えてくる

P4120049

で、

石見堂岳山頂へ

P4120068

朝日連峰大展望ヽ(´▽`)/

山頂付近は、雪なし!

最近は、色んな角度から楽しめている大朝日岳

P4120065

今日も、カッコいい姿ですlovely


休憩をとり、いよいよ赤見堂岳へ向かいま~すnote

P4120092


月山スキー場はオープンして最初の週末なのに、全然人が見えないな~

なんて話をしながら歩いていたのだけれど、

超!

よーく見てみると、、、

P4120104

リフト降り場から姥ヶ岳にかけて、黒いスジ…

っと思っていたのが、全部人でしたsweat01

ちゃんと大盛況のようで安心ww


石見堂を離れ再び登り返す

写真ピークが石身堂岳↓

P4120107


雪面は、キレイに汚れている

P4120109

そして、近づく赤見堂

P4120113


ちょっとわかりづらい写真だけど、熊の大きな足跡を発見coldsweats01

P4120117

やっぱそろそろ鈴の出番みたい・・・


んで、

まもなく、赤見堂岳

P4120120

山頂到着sign03

P4120135


離森山・鍋森方面

P4120124

来年は、こっちから登ってみる予定


月山方面

彼方に鳥海山

P4120128


朝日連峰方面

直下の尾根は雪が消えていた

でも、どことなく朝日の稜線を醸し出している

P4120130

ココで大休止

四方の眺めを堪能(* ̄ー ̄*)




そしての、下山

P4120150


すばらしいスケール感の雪原

P4120154


帰路は、馬場平経由

相変わらず展望は超一級

P4120175a



ちょっとカメラで遊んでみたりする

P4120181a (ドラマチックトーン)


名残惜しいけど、そろそろ見納めの赤見堂岳

P4120183

そして・・・

休憩中に作ったヤツ



・・・

P4120192a

パクリです
スイマセン

なんか違うと思ったら、尻尾がなかったw

やっぱ偽者クウォリティーでしたsweat01

可愛さがまったく無いねcoldsweats01



馬場平を過ぎ、尾根も細くなり斜度アップ

カンジキに履き替えて下った

この尾根は、去年秋、オヤジと偵察に来た所

なので、見覚えのある木

P4120198

横を通過していく


結構、危険箇所もある

P4120200

この辺も苦労した記憶があるな~


途中、雪が消えた尾根

カンジキを外してツボ足で下る

っと、今年最初のイワウチワ

P4120203

癒されます(*^-^)


ラスト、

雪が無さ過ぎて、尾根沿いに下れなくなり、沢沿いに下った

SONEさんは面倒くさいモードに突入し、一同ガンガン下るww

P4120210

モンキィさんとオレは、積極的にすべって下るwww

あまりにやりすぎたらしく、ナカシィさんに

「キャラ変わってる」

と、突っ込まれてしまった・・・


こっちが素です(笑)


このために、水はけの良さそうなトレッキングパンツ買ったんですww


なんて、最後まで楽しんで大井沢桧原集落に下山


・・・


充実した工程と、最高の展望


先週に引き続き、ラッキ~( ̄▽ ̄)


な一日となった




勝手に採点コーナー

99点(採点基準不明diamond

以上でございましたthink

|

« 実験台バモス デッドニング中 | トップページ | 2015.04.18-鏡山 »

」カテゴリの記事

コメント

お疲れさんでした^^
道の駅でも山でも(?)ニアミスだったねぇ。

湯殿山頂から赤見堂確認したぜよ(たぶんw
そちらからも湯殿山南西斜面を転がり落ちる俺が見えたハズ…(爆

投稿: 岳ちゃん | 2015年4月17日 (金) 16時37分

>岳ちゃんへ
道の駅は何で遭遇できなかったのか・・・?
山では間違いなく見えてたと思うw視力がよければの話だけどww

オレも来年はスキーで転がり落ちたいimpact

投稿: すばるぅ | 2015年4月17日 (金) 21時26分

お疲れ様でした。
99点の採点とは余程気に入った山でしたね(笑)
ピストンじゃなく、縦走できたのが良かったと思います。
この雪解けの速さじゃ、今年の残雪期に山はあっという間に終わってしまいますね。

投稿: SONE | 2015年4月18日 (土) 10時18分

>SONEさんへ
案内いただきありがとうございました。
おっしゃるとおり、縦走できたのが一番よかったです。赤見堂を一番堪能できるルートで歩けてラッキーでした。

投稿: すばるぅ | 2015年4月18日 (土) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/61439963

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.04.12-赤見堂岳:

« 実験台バモス デッドニング中 | トップページ | 2015.04.18-鏡山 »