« ゼビオが天童にOPEN | トップページ | 回復の泉 »

2015年3月22日 (日)

2015.03.21-品倉山(ゆどのやま から)

去年は、湯殿山スキー場から登った品倉山

今年は、湯殿山宿舎ゆどのやま側からアタック!

P3210101 (エコプロ的なアングルにて失礼sweat01

コース

湯殿山宿舎ゆどのやま ”5時45分~”

 ↓ [1時間50分]

品倉山 (休憩とあたりを散策 1時間)

 ↓ [55分]

戻り ”~9時30分”

GPSログ

New

今年は、気温が高いせいか、例年より雪解けが2,3週間くらい早いような気がする

腐れた雪の上を歩くと疲れるので、いつも通りの早朝スタート

気温は??

車の温度計で-2℃

そういえば、ココまで来る途中の月山道

後の車に、とても煽られた( ̄Д ̄;;

車道はほぼ乾いていたので、とばしたいのはわかるけど…

でも気温は氷点下だよ~

仕方ないので、ちょっとスピードアップ…

あ!!雪解け水が凍ってる!!???

の、場所を発見したときは既に手遅れ!

道路を横切り凍った路面でズル!っと横滑りヾ(;´Д`A

車がよかったのか、タイヤが新しかったのがよかったのか、単に運がよかったのか

滑りながら通過


ミラーで後をチラッ

っとみると、案の定

散々後から煽ってきた車が…

激しくクラッシュ( ̄◆ ̄;)

自業自得だけど、明日は我が身…

車間距離は大事だよcoldsweats02

ってくらいのいい感じの冷え込み具合だった

暗いうちにゆどのやま手前の除雪終点に車を置いて、明るくなってから出発

P3210005

湯殿山宿舎ゆどのやまは、雪害で数年前から営業していないらしい

の横を通過

ミニカンジキ装備で進んだ

有料道路あたりを進んでいって

朝日が上がってくる

P3210011

予報通り、晴天っぽい

こっちは、埋まった車道と奥に品倉山

P3210015

その後、一旦沢を渡るため若干下り、

橋??

P3210016

を発見

したものの、除雪しないと渡れないようだし、その先の斜面がどうも面倒くさそうだったので、厚そうなスノーブリッジを探して渡った

旧六十里越街道通り素直に進んで

細越峠

湯殿山神社の鳥居も見えていた

P3210021


日が出てきて、直日焼きになってくるw

P3210023

ココから品倉までは、雪疵を避けて尾根歩き

庄内側の眺めもイイgood

去年の秋、犬猫馬さんSONEさん達と登った湯ノ沢、母狩

P3210026

特に、湯ノ沢はよく目立つ

朝日連峰側も快晴っぽい

P3210030

こっちは赤見堂がよく目立つ

そして、本日のメインイベント

急登 品倉山直下

P3210033

を、松原さん流で登った(カンジキとピッケルww)

一年ぶりの山頂

P3210034

今回は、もうちょっと先まで行ってみた

P3210043

さすがに、カンジキではおっかないので、アイゼンに換装!

そうえいば、品倉山山頂付近には、結構スノーシューで踏まれた跡があった

さらに、おくにも踏み跡

その中に、なにもそんなとこ歩かんでもえ~やん

P3210042

なのが、あった( ̄Д ̄;;

この先、踏み跡はず~っと先まで続いていた

P3210050

思わず、オレもいってしまいそうになったけど、午後から別の予定があるので今日はダメ

ぐっと堪えて品倉山まで戻って休憩

にしても、四方の眺めは上々up

朝日連峰方面

P3210040

大朝日までよく見える


鳥海山はちょっとボンヤリ

P3210085

正面に湯ノ沢岳?

P3210065

この尾根↑どちらに落ちても死ねる(笑)


そんでもって、近いぜ湯殿山

P3210048

を眺めて休憩

いい季節だと思う

ほぼ無風で快適に休憩して下山


危険箇所、品倉急降は

アイゼンでガシガシ下って問題なし

日が当たって、どんどん雪が腐れてきたので、さっさと下山

P3210095

結局、予想より遥かに簡単に戻ってきてしまった…

簡単な割りに、展望はかなりGoogood

なかなか、いいコースだと思う


勝手に採点コーナー

80点(採点基準不明scissors

春だね~ww

|

« ゼビオが天童にOPEN | トップページ | 回復の泉 »

」カテゴリの記事

コメント

この日登っていた離森山が写真に写っていますね。
こちらからも品倉山がばっちり見えていましたよ。
しかし品倉登ってキスカスまで登るとは凄い体力!
後でクラッシュした車のその後が知りたいですよ(笑)

投稿: SONE | 2015年3月24日 (火) 19時28分

>SONEさんへ
一応写真を拡大して離森山方面を確認しましたが…発見できずでした(笑)
キスカスは登るか悩みましたが、迫力の鳥海山が見れて苦労した甲斐がありました。おかげで翌日はブログ書きながら引きこもりでしたsweat01

クラッシュの表現は大げさかもしれません。ただ、右側の壁のほうにクルっとまわって闇の中に消えてしまいました…まぁあのくらいなら死にはしないだろうし、散々煽った車に助けられたら気まずい雰囲気になると思うので冷たくその場を去りました(*v.v)

投稿: すばるぅ | 2015年3月24日 (火) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/61318496

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.03.21-品倉山(ゆどのやま から):

« ゼビオが天童にOPEN | トップページ | 回復の泉 »