« 2015.02.13-味噌根山あたり | トップページ | custom css memo »

2015年2月22日 (日)

2015.02.21-竜門滝まで

春山に向けての修行(笑)

P2210044

主稜線は遠いよ~


コース

根子 ”6時20分~”

 ↓ [3時間]

日暮沢小屋 (休憩30分)

 ↓ [1時間]

竜門滝

 ↓ [4時間] (休憩30分)

根子へ戻り ”~15時20分”


GPSログ

New
 

二ノ滝もいいと思うけど、やっぱ時期的に…

なので、春山にシーズンに向けてのトレーニング的な~

ついでに、下見!的な~

感じで、日帰りでいけるところまで行くsign01

ことにした。


車は大井沢のドン詰まり、除雪終点に置いた

日暮沢林道は、一昨年の豪雨で、入り口から約300mの所で、大規模に崩落したまま。

20140531_11_26_40

写真は、2014/5/31に撮影したもの

手前から巻き道が切ってあることは確認済み

ついでに、古寺で立ち話したおっちゃん情報では、ココを越えればあとは大した事ない情報も確認済み

ともあれ、明るくなる前にココを通過するにはリスクがあるような気がしたので、

一応、明るくなってから出発した

林道入り口は、2mくらいの壁になってて、登ると疲れそうだったので、

コソコソと違うところから林道へ

P2210072

写真は、帰りに撮影…

崩落箇所は、まきまくって無難に通過

積雪が厚くて、知らない人はそのまま通れそうな状態だった。

雪質は、さすがにまだ2月

ツボ足ではダメ

カンジキ装備でノロノロ進んだ


この端渡るべからずな橋を渡って

P2210003

単調な林道歩き


で、危険箇所 一番大きな砂防ダム横へ

P2210006

なにが、ヤバいって

雪崩が怖い…

デブリ地帯を、お祈りしながら、静かに素早く通過( ̄Д ̄;;

アレ、落ちてきたら沢までゴロゴロね

P2210054

とか、考え、変な汗をかきながら通過~

P2210053

(;;;´Д`)

帰りも不安

また、単調な林道歩き


ひたすら歩くこと3時間

ようやく日暮沢小屋が見えて、一安心



・・・



したのもつかの間

P2210009_stitch

日暮沢に橋がない…

マジか


結構深いぞ

約3m…


どうしようかと、ちょっと上流を見てみると


ギリギリわたれそうなスノーブリッジを発見!


P2210018

また嫌な汗をかきながらそ~っと渡ったww


で、日暮沢小屋

P2210019

一階は当然埋まっているので、二階から失礼して、

軽く休憩

一応トイレを借りて、宿泊者500円の集金箱に100円だけを投入…


音からして、空だったと思う


震災前から誰も書いてない冬用ノートに爪あとを残しつつ再出発

P2210020

まぁ、予想通りの時間

今からでは、稜線へ上がれないので本日の目的地を竜門滝として歩く


林道終点からは、真っ白な山容

P2210022

結局、アレ何が見えてるのかわからなかった

大朝日を眺めるためには、古寺山までは行きたいところだけど、どう考えても無理な時間



林道が終わると、渓谷沿いのトラバース道になる

途端に危険度が増す

P2210035

デブリ地帯を通過せざるを得ない

雪崩れば、谷底へ

さようなら~~~


さすがに今までの林道と違い、結構深い沢を二つほど横切って

竜門滝

P2210027

予想通り、落ち着いた水量

夏場のような、豪快さ↓

P6290021

は、

ないもの、その不気味な滝つぼは健在ww

夏場は滝つぼまで降りれるけど、その斜面も怪しくデブリ

P2210028

無難に上から観察(笑)

で、

帰路へ


いつかは、あの真っ白のピークまで…

P2210044_2




帰りは、


ありがたい晴天で、ありがたくない気温上昇…

P2210052

雪が重い…

P2210055

自分の通ってきた踏み跡を埋めるデブリ

が、

往路よりやな感じ…


足への疲労もたまってきて、何度か腰を下ろして休憩した


集落が見えてきて、大崩落箇所付近

小さな丘に登って振り返ったら

P2210062

結構いい感じに、主稜線見えてた

奥は?竜門山??手前は?寒江???かな

最後に、エエモンみれた( ̄▽ ̄)

で、

朝は登らなかった除雪終点を飛び降りで、帰着!


わかったこと

日暮沢林道は小屋まで片道7.5km

遠いcoldsweats02

泣けるほど、遠い…

一日目で、鳥原小屋か、竜門小屋まで行って翌日帰るパターンか…

ん~

そのうち考えよう(;;;´Д`)


今日のところは、このくらいで勘弁してやろうsweat01


勝手に採点コーナー

81点(採点基準不明diamond




帰りがけ、

湯殿山、姥ヶ岳、月山があまりにキレイに見えてた

P2210077

ので、

さては?


鳥海山も??


ってことで、鶴岡へimpact

P2210082

予想通りgood

庄内側からの月山も

P2210086

good

鳥海は、もっと近づければもうちょっとクリアーだったかも?

でも、時間切れの夕暮れ

夕焼けも期待したけど、海側が曇って全然だった

それでも本当に、明日は雨??ってくらいの空

自分の車だったら、そのまま二ノ滝に行ってしまいそうだったけど、狭いプレオで一晩寝るのは嫌だったので…

いつの間にか、出来てた天然温泉にはいり

20150221_18_10_56

(10年前鶴岡に住んでた頃は、畑だったのに…)

ラーメン食べて

20150221_18_45_52

城南の そば屋 こやい

20150221_18_38_04

塩中華(大)750円   (普通は650)

あっさりシンプルでgoodgoodgood

もんげ~いい一日だったずら~ww

|

« 2015.02.13-味噌根山あたり | トップページ | custom css memo »

」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もうトレーニング始めてるんかい゚ロ゚;
俺なんて全っ然。冬磐梯もどーしよーか迷ってるところ。そろそろシール(ウロコ?)登行練習もしなきゃないし…(..

一昨年の秋、長井葉山の小屋に泊まった時に、デホの量とノートで気になったんだけど、
もしかしたら、冬の朝日は長井葉山からがいいかもしれないね…

投稿: 岳ちゃん | 2015年2月25日 (水) 13時25分

>岳ちゃん
トレーニングって言ってみてるだけw
実は磐梯山は先日裏磐梯から山頂登ろうとしたけど、超絶悪天候で中止でしたsweat01

シール登行…いいな~
やっぱスキーだよね~~~
来シーズンにはスキーにチャレンジしたいのだよhappy02

長井葉山は、天気がいいときに奥の院から祝瓶の展望を狙って登ってみたいと思ってました。こっちからでも朝日は遠そうdespair

投稿: すばるぅ | 2015年2月25日 (水) 21時13分

雪崩れるから裏からはやめた方がいーよーw
厳冬期は表から登って、2合目からだいたい夏ルートたどるか、冬限定南東稜直登ルートかな。

投稿: 岳ちゃん | 2015年2月25日 (水) 21時38分

>岳ちゃんへ
雪崩!マジかcoldsweats01
ん~
登るときは、声かけるよ(*゚▽゚)ノ
(今年はムリかも…)

投稿: すばるぅ | 2015年2月26日 (木) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/61179255

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.02.21-竜門滝まで:

« 2015.02.13-味噌根山あたり | トップページ | custom css memo »