« ぼんやり間接気味照明 | トップページ | 2015.01.01-瀧山 »

2015年1月 1日 (木)

2014.12.29-30 安達太良山

2014年の山〆 安達太良山へ

Pc300130

雪、極少confident

コース

1日目(12/29)
奥岳登山口 ”10時20分~”

 ↓ [2時間30分]

くろがね小屋 ”~12時50分”

2日目(12/30)
くろがね小屋 ”7時30分~”

 ↓ [1時間20分]

安達太良山 (休憩10分)

 ↓ [30分]

くろがね小屋 (休憩45分)

 ↓ [1時間20分]

奥岳登山口戻り ”~11時35分”

GPSログ

New

ぽちょさんwith同僚'sの山〆に誘っていただいた…さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

事前情報では、安達太良の山頂は、アイゼン要る~

とのことなので、この際、ある程度ちゃんとしたものを購入

Pc280002

10本爪

どうせ石転び登るときに必要だしちょうどイイ

モンベルだけど、マウンテンゴリラで購入

ついでに、店長に山スキーの話を語らせてしまって結構長居をしてしまったsweat01

今年は、車買ったせいでマジ金欠なので来年買いますnote

これで、準備OK~

で、12/29日 集合場所の安達太良高原スキー場

へ、高速でcar

今回は、翌日の予定の関係で、俺だけMyCar

天気が、最低で、岳温泉を過ぎてもまだ雨…

本当に、スキー場直前で、ようやく雪に変わってくれたsweat01

さすが、俺www

集合時間4分前に到着good

シ○タ×ン□ック組みは??

期待通り、約2時間後に無事到着sleepy

おかげで、装備のチョイスとパッキングがばっちりだった

翌日の天候によるんだけど、基本的に、俺は山頂へは行かない気分になっていたので、
アイゼンとピッケルは車に放置…
ただ、何とでも融通が利くように、足元はスノーシューをチョイス!

で、出発shine

Pc290008

去年の秋以来の安達太良

出発時間がよくて、ツボ足でもいいくらいの踏まれ方だった

ぽちょさんだけ、ペースが上がらず、引き離されは追いつき(前二人にまってもらってる)

進む~

実は、

「今日は、小屋まで着かずに撤退か????」

って心配していたりして(;´▽`A``

Pc290016

俺は、最後尾で…

マル秘!雪上歩行の人体実験中(当然自分の体)

結論は?

出なかった(笑)

そんなこんなで、特に苦労もせず、特に変わったことも無く

Pc290024

本日のお宿

くろがね小屋lovely

Pc290026

通年営業で、温泉spaあり

頼めば、朝夕の食事もでる

山の楽園的な小屋( ̄▽ ̄)

今日は空いてるので、4人で8号室(定員6名)を使っていいよ~って

収容人数50人に対して、25名位だったみたい。

ただ、年末は、70人位入るらしい…

当初の予定では、夕食まで雪遊びをする予定だったけど、温泉に入ってマッタリ

温泉に入ってマッタリ

してたら、夕食の時間だったww

温泉は、源泉かけ流しの立派なヤツ

Pc290060

基本、入り放題

結局、3回も入ってしまったwww


夕方、今までよくなかった天候が少しだけ好転

Pc290065

明日はどうだろう(  ̄^ ̄)


17時30分より夕食

くろがね小屋の夕食は、カレーです

Pc290077

早いもの勝ちだけど、おかわり自由です

愚問だけど、美味しいよ

結局、限界近くまで食べてしまったfull



小屋の暖をとっている、だるまストーブ

Pc290086

も、あじがあってgood


温泉と、岳(マンガ)のコンビネーションで超マッタリタイムをすごして就寝

夜は?

??


毛布をかけすぎて、途中で暑くて目が覚めた以外、結構よく寝れた



翌日、


残念なことに、天気予報が若干の好転

期待していた強風typhoon


は、たいしたことない予報になっていた。

天気と、積雪状況により、俺も山頂へ行くことにした

寝る前に、適当に水を注いでおいたアルファ米

Pc300094

もんげーいい感じずら(ここ数日、コマさんにカブレ気味w)

を押し込んで、出発

余計な荷物は、小屋にデポさせてもらった。

Pc300100

まぁ、それなりの天気


山頂直下は、特に雪が少なく

Pc300113

今日も、特に苦労することもなく間単に山頂

Pc300139

真っ白だったけどね~


結局、スノーシューだけでまったく問題なし(゚▽゚*)

ぶっちゃけ、ツボ足でも問題なさそうなくらいだった。

寒いだけで、何も見えないので、チャチャット下山

小屋で荷物を回収

おまけで、お茶を出してもらった。

さらに、


通称「刺身バームクーヘン」

20141230_9_56_53

このボケが結構ツボだった(゚m゚*)

若干、天気がよくなってきた頃、帰路へ

Pc300160

途中、

I田さんと、M間さんは、

Pc300166

遊歩道へ突入…

体力を温存しないといけないので、俺はパス(・∀・)ニヤニヤ

誰も歩いていないので

多分、二日間で一番雪が深いルートでは?

先に戻った、ぽちょさんと俺は


ソフトクリームimpact


無事戻ってきた二人と合流~



お疲れ様でしたcoldsweats01


山頂での景色には恵まれなかったけど、小屋でマッタリしたのが良過ぎたのでトータルとしては上々good


また、来たいぜ~


勝手に採点コーナー

90点(採点基準不明spa



その後

無事、夜の「忘年会?」に間に合った

20141231_0_08_07

来年の年末は…ワカサギ釣りのよ・て・いimpact




|

« ぼんやり間接気味照明 | トップページ | 2015.01.01-瀧山 »

スノーシュー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/60904659

この記事へのトラックバック一覧です: 2014.12.29-30 安達太良山:

« ぼんやり間接気味照明 | トップページ | 2015.01.01-瀧山 »