« 2014.09.21-舎那山 | トップページ | 2014.09.27-栗駒山 »

2014年9月28日 (日)

しぐらみの里

火打岳の登山口がある親倉見

なんでだろうか?なんて読むのか気になった

P9200131

図書館で、地方関連の書籍で探してみたりしたものの、すでに廃村らしいのであまり正確な情報がなかった。

一番簡単なのは、その辺で突撃インタビューするのがいいんだろうけど、なにぶんシャイなもんでそうもいかず…

なんてことがあったけど、先日火打から下山してから、冬場に大尺山に登ったときの渡渉点を見に行ってみる気になった。そのとき、それまで悶々としてた問題が超お手軽に解決sign02

登山者ようの駐車場直ぐ近くに、答えを発見Σ( ̄ロ ̄lll)

P9200147

石碑と説明文が普通にあった。

以下説明文内容より
----------------------------------------
 私達の先輩は1903年、ここシグラミ原に開拓に入り親倉見集落を創った。それ以来私達はは自然とたたかい、耕し、そして泣き、笑い、身を寄せ合って生きてきた。
そして最高時、戸数で15戸、人口100名ほどになった。
 だがこの集落は全国でも数少ない過疎地域に指定され、1975年大堀駅近くの清水町に集団移転した。
 その後25年の歳月が経過した。しかしここは今も私達の心のふるさとでもある。当時この集落のことを誰もが「シグラミ、シグラミ」と呼んだ。そこで私達はこの地を「しぐらみの里」と名付ける。
 20世紀の終わりに当たり私達はここに石碑を建てる。
 いつまでも私達はこの「しぐらみの里」を忘れない。いつまでも・・・
西暦2000年8月吉日
親倉見集落移転25周年記念事業実行委員会
-----------------------------------------
石碑内容はココまで


なるほどね~

親倉見と書いて「しぐらみ」

なんか、すごく響きがイイgood

ただ、最上町の方と登山口の話をしてると、普通にみんな「しんくらみ」

って言ってる。

オレの中でまとまったことは…

どっちでもいい?

シグラミ原が最初にあって、それに字を当てた?

もう少し突っ込むと、最上町の人は「しぐらみ」なんてハイカラな発音はしない

す!ぐ!ら!み! (笑)


そりゃ山形県民だしね~

ものすごい納得。

SGさんに↑こんなこと聞いていたら、横で聞いていたシティーボーイの翔ちゃんは爆笑してたしね

P9200154

実際に、↑なんか超落ち着く感じの雰囲気のこの辺り、


読み方はさておき


スグラミをごひいきに(* ̄0 ̄)ノ

|

« 2014.09.21-舎那山 | トップページ | 2014.09.27-栗駒山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こーゆー石碑見てしまうと、なんか目から汗が越流しそうになるんだよね…(..

投稿: 岳ちゃん | 2014年9月30日 (火) 01時01分

>岳ちゃん
超、同感despairこの石碑を建てた人たちの思いもなんとなくだけど伝わってきましたthink

投稿: すばるぅ | 2014年9月30日 (火) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/60389773

この記事へのトラックバック一覧です: しぐらみの里:

« 2014.09.21-舎那山 | トップページ | 2014.09.27-栗駒山 »