« タカネナデシコ×→カワラナデシコ○ | トップページ | 2014.09.21-月山(姥沢よりリフト) »

2014年9月22日 (月)

2014.09.20-火打岳(親倉見より)

諸事情により最近まったく山に登れていなかった…

とりあえず甑岳でも登って今の体調を確認しようと思い立ち久々山へ…

あ!!バラ公園過ぎた( ̄◆ ̄;)

P9200068

予想より天気良くないものの、雲は高い

コース

親倉見登山口

 ↓ [2時間]

槍ヶ先 (休憩5分)

 ↓ [20分]

中先

 ↓ [35分]

大尺山

 ↓ [30分]

火打岳 (休憩50分)

 ↓ [1時間10分]

槍ヶ先 (休憩10分)

 ↓ [1時間]

親倉見登山口へ戻り

行動時間

6時10分~12時50分

GPSログ

New

甲斐駒撃沈後、ずっと体調不良を引きずる

超、安静にしてみたり、サプリに手を出してみたり、大量に飲酒をしてみたり、パブロンを養命酒でのんでみたり、一日10時間位寝てみたり、神様にお祈りしてみたり、野菜を食べまくってみたり、サロンパスを張りまくってみたり、神社巡りしてみたり、お墓参りしてみたり、…

いろいろやってみたものの、改善せずdown

もしかしてコレ

P

的なヤツにやられた(笑)

まじんりゅうを前にパラディンが毒ってるようではぜったに勝てないような…

説明しづらいんだけど、ざっくり説明すると、足の不調!

一番ひどいときには、歩くことも苦痛だった

一瞬よくなってきた?っと思うと、また悪化…

なんてことを繰り返し、気づけば約1ヶ月が経過…

同僚からは、とりあえず「心療内科へ行け」っと篠原診療内科を紹介される始末…

マジで通院してしまいそうになってきたあたりで、最後の抵抗



強制的に


山へ(爆)




ともあれ、あまりキツイのは不安なので、近場で、登りやすそうな甑岳

って考えて、いつ以来だろうか?の山へ




余裕で、東沢バラ公園(登山口ある辺り)の入り口を通過ww

戻るのも面倒なので、急遽代案!神室連峰の火打岳へcoldsweats02

もし、火打まで届かなくても、せめて槍ヶ先くらいまでは…

------ココまで前置き(笑)-------

ココの登山口も偵察済み

東法田のセブンで買い物後、ちょっと戻って鵜杉駅のところから入って親倉見(しんくらみorしぐらみ)

親倉見については、また次の機会に説明するとして、

登山口近くの駐車場へ車を置いて出発

駐車場には、一台先客?が?

早朝に出発した割には、車体が朝露まみれだな~くらいしか考えなかった。


山形を出発した頃は星もギンギンでパシッと晴れていたけど、尾花沢すぎたあたりからモヤモヤ…

最上町もモヤモヤ…

P9200005

田んぼの横を通過して

P9200006

少しで、登山口(我が家の稲刈りは先週で完了)

P9200008

久しぶりの感覚


黒戸尾根のときのように、足が前に出なくならないか?っとかなりの不安を抱きつつ、丁寧に進む

ココから槍ヶ先までコースタイム2時間30分

イーブンとなるように無理しない

登りの時はさほど感じなかったけど、下ってみて思う

槍ヶ先までは結構急


手を使うほどの登りではないけれど、全体的に急

中腹付近で、一瞬平坦なところがある以外は、平均的にキツ目の登りだった

いろんなことを考えながらの登り…

案外、長く感じられた。結局2時間程度で槍ヶ先へ


P9200027

ピークに着くまでは展望に乏しい登り

一気に開ける景色で、久しぶりに山に戻ってきた感じ

正面が中先、そのちょうど奥にあるのが目的地の火打岳

調子を探りながら、槍ヶ先までと考えていた

まともな登山は飯豊以来2ヶ月ぶりなので、体調不良を抜きにしても足にきている


ただ、予想よりまともな体調

どうなるかわからないながらも先へ進むことにした

とりあえず、軽く休憩しつつ、

鳥海山、丁山地方面

P9200022

雲海に山なみ…コレはこれでgood


八森、杢蔵方面

P9200023

オレって山の何が好きかって?最近わかってきたこと。

コレだけではないけど、「稜線からの山容」

久しぶりに、ちょっと幸せ(笑)


を感じつつ、ルンルンの稜線歩き(ただし、先はまだ長い…)

やや下り、中先への登り

また、下り、大尺山への登り

大尺山っというものの、三角点は縦走路から外れた藪の中なので、冬場以外ではピークを踏むのは事実上ムリ

なので、大尺山付近より、今通ってきた中先方面

P9200043

目的地、怪峰火打岳方面(っと小又山方面前景)

P9200054_stitch

雲は比較的高い

このあたりは、標高的にそんなんでもないけど、すでに秋の雰囲気

P9200058

大尺から火打までは尾根がさらに痩せている

ちょっとよそ見して歩いていると、絶壁からダイビングする羽目になる


足元を注視していたおかげで、


P9200061

蛇を踏む直前で発見wwwww

P9200062

こんなときにしか使わないトレッキングポールを限界まで伸ばして応戦w

つついてもどいてくれないので、離れた叢をガサガサしてそっちに誘導しつつ、

通過\(;゚∇゚)/


気づかず踏んづけたら、マジで最初の画像のように、”毒”になっていたかも…


本日最大のドキドキを経て、

P9200071

火打岳

上空の雲はいささか残念ながらも、それでも主脈にガスがないのは全然いいほうでは?

新庄神室までばっちり見えるよ~

を眺めつつ、休憩

最初に言えることは、やっぱり山はイイ

最近減りまくっていたMPが回復


MP=マゾポイント(笑)登りの辛いのはOKだわさ


なんてオバカなこと考えながら長めの休憩

すると今度はHPも回復


HP=変態ポイント(爆笑)帰りはさぞヒザに負担がかかるでしょうけどそれを耐え抜くのはOKだわさ



誰もいない山頂を堪能しきったところで、そろそろ帰ろうかと支度


すると?


どこからともなく、鈴の音…


小又山方面の縦走路から単独の登山者が来た

こんな時間に、そっちから来るヤツの面をとっくり拝んでから下山してやろうかと考え、しばし待機












!!


!?!!!



翔ちゃんでした!!(゚ロ゚屮)屮

お久しぶりやんpaper

まさかこんなタイミングでこんなところで遭遇するとは…


曰く、

「昨日、根ノ先から登って、非難小屋に一泊。朝から歩いて、今から親倉見に下る」

とのこと。親倉見にあった車は翔ちゃんCarでした。最上町の人に根ノ先まで送ってもらったとのこと。いろいろ納得w


「天気の予想が外れて、昨日は雨に降られ、夜は星はまったく見えずガスガス。そして小屋は極寒だった」

とのことでした(u_u。)

(補足:翔ちゃん=最上町山の会の人 大尺山と今年の山開きのとき一緒に登ってる)

偶然の再会を喜びつつ、俺は一足先に下山(追いつかれる予定なのでね)

蛇にビビリつつ、慎重に下った。

何名かの登山者とスライドしつつ、やっぱりいたくなってきたヒザをかばいながら戻った。


親倉見の周辺を散策しつつ、駐車場へ戻った頃、翔ちゃん下山

っとおもったら、SGさんも居るし(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪


さすが、山の会事務局。サポート万全です

ちょっと話に乱入し、色々情報収集できた。なかなかイベントさんかできないでいるけど、必ずまた参加させてもらいますよ~

あっ!アイスご馳走様でしたconfident


ってことで、

復帰大作戦は、色々な予想外をへて、成功?

な感じになった。


体調は、改善したか良くわからんけど、それでもちょっとだけ前進?

ただ、まとめると、

やっぱり山はイイ

ってことだと思う

勝手に採点コーナー

77点(採点基準不明yen

|

« タカネナデシコ×→カワラナデシコ○ | トップページ | 2014.09.21-月山(姥沢よりリフト) »

」カテゴリの記事

コメント

個人的に神社巡りも気になりました(=゚ω゚)ノshine
どこ巡ったんですか( ´ ▽ ` )ノ?

投稿: あんぱん | 2014年9月27日 (土) 17時02分

>あんぱんさん
実は大した所行ってないよ~
千歳山の岩五郎稲荷とか、富神山の山頂のお社とか、金峰山の登山道途中のお社とか、あと見つけるたび参拝

超、適当ヾ(´ε`*)ゝ

投稿: すばるぅ | 2014年9月28日 (日) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/60358139

この記事へのトラックバック一覧です: 2014.09.20-火打岳(親倉見より):

« タカネナデシコ×→カワラナデシコ○ | トップページ | 2014.09.21-月山(姥沢よりリフト) »