« 2014.06.21-百万ドルのドウタン | トップページ | 2014.07.05-黒伏山 »

2014年6月29日 (日)

2014.06.28-大朝日岳(古寺鉱泉より)

去年同じコースを登ったときは、時期的に少し遅くてヒメサユリとウスユキソウがほとんど咲いていなかった。今年は6月末に!っと決めていたので天気の持ちそうなところで登ってきた。

P6280050

山頂直下は、ウスユキソウとイワカガミだらけup

コース

古寺鉱泉

 ↓ [5時間30分]

大朝日岳山頂

 ↓ [3時間50分]

戻り

行動時間

4時10分~13時30分

GPSログ

New

今回は、タイミングがあった鈴あんさんと一緒

ただ、木曜の朝、起きたらやたらと体が重くて、パブロンと熱さまシート生活…

金曜の夜、会社の委員会の反省会を途中で抜け出し帰宅し就寝

結局、


三時間位寝て一時過ぎには出発した。

当然体調はイマイチ!とりあえず熱さまシート装着!!

古寺鉱泉でウトウトしながら夜明けと、鈴あんさんを待った


予報が徐々に変わり、午後から崩れる予報になったので、

早め出発の予定

約束の3時30分を過ぎても鈴あんさん現れず??


そういえば、オレの中で大朝日に登れる登山口は、古寺しか思いつかなかった(その他は通行止め)

ので、どこ集合っていってなかった(笑)

ただ、携帯は圏外のためとりあえず待機…


あ!

来たcoldsweats01

県道27号通行止めにやられていたみたいでした


いい感じに明るくなってきたので、早速出発した

P6280002

古寺までは舗装道なので↑チェイサーでもOK

今年は、可能な限り活躍してもらう予定w



んで、

ボチボチ登りだす

一服清水、ハナヌキ分岐を順調に通過

犬猫馬先生情報では、先週はダメだった三沢清水…

三沢→さんざ

っと読むらしい

は、


水道水のような勢いで出てました(ラッキーnote

P6280006

もうまもなくで、



古寺山

P6280009

真っ白weep

大朝日は何処へ?

小腹も減ったので、小休止。

ここまで、

2時間40分

結構順調っと思われる


一旦下って、小朝日への登り

大き目の雪渓を登る

P6280019

巻き道は残雪で危険かも?っとの情報を頂いていたので、今日は使わない予定


この頃から、


鈴あんさんの調子が???

オレのほうは、変な汗が出るwwだけでなんとな大丈夫だった


小朝日についたところで、後続の中年4人組に抜かれる

福井県からこんにちはでした。展望なくて残念!



この先、小朝日を下りきった辺りで、

あれ?


鈴あんさん来ないよ!!?



しばし、休憩



が、



追いついてきた鈴あんさんより




リタイア宣言( ̄◆ ̄;)





太ももが…



ここまでて、4時間30分……


ん~

悩む~



天気が一日持つなら、のんびりでも山頂っとなるけど、案外タイムリミットが近いので、


山頂は?



断念!



オレも帰ろうかと思ったけど、鈴あんさんと相談の結果



ダッシュで山頂を踏むことにしたconfident


鈴あんさんには水分を取りながら、のんびり戻ってもらうことにして、


先を急いだ


平坦なところは、ダッシュww


銀玉水にはよらず、ガスった雪渓を登り


山頂小屋もスルー

P6280047

相変わらずのガスで展望は期待できない


グイグイ登り(っといっても、走ったつけで逆にペースダウンw)


山頂

P6280053

LINEで鈴あんさんに連絡

お互いの無事を確(笑)

展望は、あっても一瞬

P6280055

なので、おにぎりを一個押し込んで、即下山


銀玉水上部の、雪渓で、ルートをはずれ迷子ww

P6280069

まったく、わからん!!


っと、途中で、神の声!



いいえ



声のでかいおばちゃん



に助けられ、登山道へ復帰(爆笑)


すたすた下って、


近道のため、小朝日は迂回道へ

一部、雪渓地帯は、ちゃんと除雪?されていて特に危険箇所はなかった

P6280079

ヘロヘロになりながらも、古寺山で


鈴あんさんに合流good


あとは、ボチボチ下山


P6280087


古寺鉱泉を過ぎる辺りで、パラパラと雨が降ってきた。


ん!

われながらギリギリのプランニングwwww


ちょっと急いだので、まともな写真がないんだけど、

ヒメサユリ

P6280044

P6280023


ウスユキソウ

P6280060

めっちゃ咲いていたgood


展望は、ゼロだったけど、すべては望まない

雨に降られなかっただけGoo!


目的どおり、ヒメサユリとウスユキソウ


ある意味完璧だったと思う

鈴あんさんは、ちょっと残念だったと思うけど、


リベンジに期待!






勝手に採点コーナー

88点(採点基準不明scissors


来月は晴れsunを期待します~

|

« 2014.06.21-百万ドルのドウタン | トップページ | 2014.07.05-黒伏山 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/59893890

この記事へのトラックバック一覧です: 2014.06.28-大朝日岳(古寺鉱泉より):

« 2014.06.21-百万ドルのドウタン | トップページ | 2014.07.05-黒伏山 »