« チェイサーOilチェーンジ | トップページ | 2014.06.21-百万ドルのドウタン »

2014年6月16日 (月)

2014.06.15-障子ヶ岳(紫ナデ方面より周回)

そろそろ大朝日に行きたいな~っと思っていたら、この日は朝日連峰山開きっとの情報が…

古寺はさぞ混雑するような気がするので、静かそうな障子ヶ岳へdash

P6150063

スゲー迫力だった!!(゚ロ゚屮)屮

コース

南俣沢出合より紫ナデ方面 ”5時10分~”

 ↓ [3時間]

紫ナデ

 ↓ [1時間]

障子ヶ岳 (休憩15分)

 ↓ [1時間]

粟畑 を天狗小屋方面

 ↓ [15分]

天狗小屋 (休憩1時間)

 ↓ [2時間40分]

粟畑・焼峰を経て南俣沢出合へ戻り ”~14時20分”

GPSログ

New

前日の気分で障子ヶ岳に行くことにしたわけだけど、日の出前に登山口までたどり着ける自身が無かったので、偵察に出かけることに…

大井沢からの最短ルートは昨年の豪雨で橋が壊れて通行止め

20140614_15_47_07

噂の迂回道はどこぞや??

っといったん戻ってよ~く看板をみると

もうチョイ先に案内表示があるようなことが書いてあった

素直に従って、進んで

進んで

途中の分岐を間違えて、結構迷いまくったけど

無事ついたsweat01

20140614_16_29_58

奥の駐車スペースには車が5台 泊まりの登山者かな?


これで安心したので、すぐ帰宅w


準備を済ませて寝~の


2時過ぎには再び家から出発(笑)

が、




雨が降ってまいりましたcrying


っと思っていたら、月が出ましたup


下見が功をそうして順調に登山口へ!




しか~し

また雨が降ってまいりましたcrying


予定では、4時には歩き始めたかったけど、断続的に降る雨…



回復傾向の予報を信じつつ、



爆睡( ̄、 ̄@)zzz・



やっぱり全然寝足りなかったみたい

目覚ましに起こされ、即出発dash


天候次第では、撤退かな?っと考えつつ、雨具着用

ルートのチョイスは、SONEさんブログに基づき、障子口(紫ナデ)方面

30分位は林道歩きの予定だったけど、


5分も歩いた所で、小規模な崩落



その先も、大小の崩落で、林道はボロボロ


P6150006

ガードレールもアスファルトもグチャグチャ…


この先、地元民と思しき山菜取りのおっちゃんと遭遇


この先は、行けない事は無いとの情報を頂いた。


一番凄かったのがこれ↓

P6150007

林道の先を沢が横切っている手前

大量の流木が林道を埋めていた…

超大洪水の痕跡Σ( ̄ロ ̄lll)

写真奥が上流

林道は完全に埋まっている~

P6150009


を過ぎ

さっきまでの雨で若干増水気味の沢を渡渉


一番狭いところを、助走をつけてジャンプupwardright

P6150010

成功www


この先、林道終点で、いよいよ登山道

P6150011

まもなくで、

本来なら最初で最後の渡渉点

P6150012

落ち着いて通過

ここからは、山と高原地図に記載してあるとおりの急な登りが始まる~






急には急なんだけど、そこまで急ではない!

んでも、先が長いので、丁寧に登る

登山道は誰も通らないんでない??ってくらい、笹竹が生えていた

P6150013

採るのが面倒なので、無視!


今日のつつじは

P6150014





そして、


本日のメインイベントのひとつ


P6150023

バカな俺でも知ってる、ヒメサユリ

P6150025

色鮮やかgood



大クビト付近より障子ヶ岳

P6150035

そういえば、出発して以来、雨は完全にあがっていた



反対側、雲で隠れているのはおそらく赤見堂岳

見えているのは石見堂岳?

P6150039


一旦下り、登り返して

紫ナデ

P6150055

若干、障子の山頂付近にガスがかかってきたdownwardright

P6150058

さっきまで、西風だったのが、東風に変わったせいかな?

このまま天気が崩れていって、雷とか鳴り出したら一貫の終わり?

っとちょっと焦った


焦りながらも、すさまじい景色を見ながら

P6150060

P6150062

P6150066

本日の目的地、障子ヶ岳

P6150069

奥に見えるはずの以東岳はガスの中…

休憩は、天狗小屋と決めて、小休止で再出発


ココからなんとなく変化する植生

今までになかった、紫シリーズが登場!

ハクサンチドリ?にシラネアオイ?

P6150078

P6150080

でも相変わらず、ヒメサユリは咲いてた


振り返り、障子ヶ岳

P6150098_stitch

こっち側は、さっきとはまた違った景色good


粟畑から大朝日方面をズーム

小朝日までは何とか見えるけど、以東と同じで大朝日は雲の中…

P6150102



分岐から一旦、天狗小屋へ寄り道

P6150113


なぜか、引いてもあかない扉にびびるオレwww

P6150128

写真では完全にふざけているけど、最初はなぜか本当に引っ張ったオレ

なんで?



んで、天狗さんちで休憩

P6150121

予想通り、管理人さん含め、誰も居ない

普通山開きにいってるよね~

キレイな小屋の中で、静かに休憩

P6150123

ちょうど、この頃ワールドカップでゲーム中の日本

正直、全然興味ありません(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ


まるで、自宅気分でくつろいでしまうオレw


最終的には、雪解け水で洗濯(手の感覚が無くなったw)

そして、

………(やっぱ秘密)



誰もいないと思ってやりたい放題(誤解を招きそうなので一応一言!汚す壊すは一切してないよ~)変な写真を撮ってただけですww


さすがに飽きてきたので、帰路へ

結局、以東は見えなかったweep

P6150134

まぁ


また来ますsign03


下山は、天狗口方面


こっちのほうが楽?



っと軽くなめていた



確かに、傾斜は緩く、歩きやすいけど、誤算が…

残雪が

はるかに多かったsweat01


終いには、リアル落石coldsweats02

P6150138

当たったら結構痛い?

いえいえ


普通に死ねるサイズ

しかも、みているそばから崩れてるし…


そ~っと且つ素早く通~過


残雪で覆い隠される登山道を探しながら、慎重に下山


おまけ程度のミズバショウ

P6150140

予報通り良くなってきた天気で

木漏れ日のブナ林

P6150145

で、


下山完sign03


ジムニー2台を残して、朝あった他の車はなくなってた


結局、山中では誰とも(山菜取りの二人除く)会うことはなかった


これはこれで、狙い通り?


前日、いきなり決めた割には障子ヶ岳を満喫した感じだった



勝手に採点コーナー

87点(採点基準不明shine




帰りがけに、こんなの発見

P6150148

舎那山は夏道アルらしい

冬の予習で登ってみよ~っと

|

« チェイサーOilチェーンジ | トップページ | 2014.06.21-百万ドルのドウタン »

」カテゴリの記事

コメント

ヒメサユリ綺麗ですね!

トータルで、読み終わったあと変な写真のくだりがイチバン心に残りましたwww(・∀・)一体どんな写真を…!今度是非とも見せて下さい〜(笑)

投稿: あんぱん | 2014年6月19日 (木) 21時25分

>あんぱんさん
ベタですがヒメサユリいいですよ~
あと、コッチもベタだけどウスユキソウもイイよ~
去年大朝日に登ったときにちょっとだけ咲き残ってたけど群生しているところがイイらしいので、今年は群生しているウスユキソウを目指して近々登ってみるつもりです。

変な写真は…
忘れてくれ~W

投稿: すばるぅ | 2014年6月21日 (土) 05時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/59826557

この記事へのトラックバック一覧です: 2014.06.15-障子ヶ岳(紫ナデ方面より周回):

« チェイサーOilチェーンジ | トップページ | 2014.06.21-百万ドルのドウタン »