« 2014.05.31-大頭森山 | トップページ | チェイサーOilチェーンジ »

2014年6月 4日 (水)

2014.06.01-小又山(神室連峰山開き)

栗駒国定公園神室連峰山開きが 6月1日 快晴の中行われました。

P6010037

また来たよ~(三度目w)

コース

大又口

 ↓ [2時間5分]

越途 (休憩5分)

 ↓ [50分]

小又山 (休憩1時間35分)

 ↓ [35分]

越途より西の又口方面

 ↓ [1時間20分]

西の又口

行動時間

7時20分~13時50分

GPSログ

New

3月の大尺山に続いて、最上町山の会(東法田山愛好会)のイベント参加で、神室連峰山開きに参加してきた。

前回も参加予定だったけど、娘がインフルになってドタキャンした同僚N川さんも今回は参加

6時前には、集合場所の「白川渓流公園」に着いた。すでに大勢の参加者が集まってた。

受付を済ませて、神事に参加

ちなみに、本日の参加費は、一人3,000円

林道のバス送迎、記念品のタオル、日帰り入浴券、そして下山後のタケノコ汁

こみこみ。

20140601_6_15_38

どうみても天気がいいgood おかげで暑い(贅沢いってんなオレ)

結構しっかりした神事と、町長など関係者の挨拶をいただき、安全祈願


2台のマイクロバスに分乗し、大又口へ。ちなみに根の先林道はこの3日前にようやく除雪が終わり開通したばっかりとの事でした。

山開きの参加者は、愛好会のメンバーも含め57名!!(゚ロ゚屮)屮

バスを降りて準備している状態がこれ↓

P6010006

どうせ賑やかならとことん賑やかなほうがいいと思う…

上の写真中央に写っている結構普通っぽい人(失礼発言!)

前回大尺山で、一人先頭ラッセルをしてくれていた、山愛好会の会長

です!!

今日もよろしくおねがいしま~すっとご挨拶

事務局担当SGさんにもご挨拶 今回もよろしくお願いしますm(_ _)m


そして、ボチボチ出発。隊列の真ん中付近にはさまり登る

下ったことがあるからわかってはいるものの、最初から全開で急登…

P6010009

列を乱さぬようにのぼ~ル~


ちょいちょい休憩し始める先行人をパスしつつ無休でえっちらおっちら登っていくと、


4合目を過ぎたあたり、木々の向こうに残雪が…

P6010010

程よい風とが残雪で冷やされ心地よかった(* ̄ー ̄*)

ちょっと大きな残雪だと、ルートがわからなくなってしまうけど、前にとったログがあるので安心goodチョチョイト進める

振り返って遠望

山頂付近に小屋が見えるのは虎毛山かなsign02ぶっ飛んだ小屋は直ったのか?

とか考えながら登って、越途へ

P6010022

この上が6合目越途

ここで、先行部隊が少しまってくれていて追いついた

ってーか、中団からいつの間にか先頭に追いついてしまったsweat01

まっ、年齢的にはキャメラマン翔ちゃんについで若い予定なのでこんなもんかな?

大尺山でも先頭を引っ張ってくれていた二人は、今回も先頭部隊

さすがだぜ~~~coldsweats01

オレはというと、小腹がすいてきたので、一休みと栄養補給riceball

神室方面の眺めもイイgood

P6010025

ただし、虫が多すぎて、虫なしの写真撮影は困難(笑)

ここから山頂直下までは、しばらく今までよりは平坦な登山道

途中、残雪が無いところには、カタクリ?が群生( Д) ゚ ゚

P6010031

後にココはお花畑と呼ばれることになってたww

山頂直下、ラストの登り

P6010037

体力的にキツイけど、たまらない眺めup

火打岳の奥には、ぼんやり月山

P6010035

そんなこんなで、

山頂

最初に


確認!!

P6010041

sign03sign03sign03

鳥海山はボンヤリ…

さすがにこの季節、海のほうはキツイかぁ??


んでもって、こっち

P6010051

神室連峰デビューの頂

この看板には、変な愛着がヾ(´ε`*)ゝ

お神酒を少々いただきつつ、休憩

P6010084

P6010064

盛岡冷麺  キムチ成分がザックに流出する直前だったww

あっ!

忘れてはいけない主峰 神室山

P6010078

昼近くになってもこれだけ空が青いのは珍しい感じgood

今年中に、秋田側とか有屋口からも登ってみたい


そして、続々と登頂者が増えていき

P6010089

最終的に、55名。あまり広くない小又山山頂。

主峰 神室山と最高峰 小又山の標高差は1.5m

重量オーバーで最高峰の座を明け渡してしまうくらいの感じ(笑)


本当は参加者57名で記念撮影の予定だったけど、

残念なことに、一名小又山直下でギブアップ宣言が出てしまったこと。

事務局のSGさんが付き添っていて山頂登頂者55/57名での記念撮影

どうやら初登山?だったらしい…

初めてでこのコースはかなりきつかっただろうと思う…やめるのも勇気goodリベンジはいつでもできるよ~

で、下山。


やっぱり中団に陣取ったけど、越途で根の先に車を残してきて作戦会議中の先頭に合流

先頭集団のうち三名が車を取りに根の先下山

残った翔ちゃんを隊長に、西の又へずんずん下った。


西の又コースは約4年ぶり

記憶どおり、ステップの薄い急降でちょっと下りにくかった。


根の先組みより託された”よく切れる鋸”で倒木を処理しながら下る翔ちゃん

P6010115

お疲れっす(* ̄0 ̄)ノ


ずんずん下って、





もうスグ西の又口



ってところで、ドロドロの水溜り…







・・・・・・・

sign02


ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ





注意!

この先にかなりグロテスクな写真あり!

ぶちゃけカエルの卵


心の準備をお願いします(笑)








では




















P6010116

泥だとおもって踏んだら、妙にプルンプルする…

嫌~な予感どおり、あたり一面カエルの卵だった。゜゜(´□`。)°゜。




なんて、ことがあったけど、


無事に西の又口へ


ここで、本日最大の楽しみ


頼りない梯子橋登場(最初にこの旨説明があった)

通常、西の又口へは林道から渡渉をしなければならないけど、雪解けで水量が増しているためこの作戦を展開してくれたようでした


説明どおり、横に縦に揺れて楽しいgood

P6010127

P6010129

上を歩くときしんで、水がかかるww

P6010137

結局、楽しくて無駄に5回くらいいったりきたりしてしまったw

倒木処理を邪魔しながら下山したわりには、2時間かからず下山

30分ちょっとまって、1代目のマイクロバスが定員になったため、バス出発

白川渓流公園に戻り、

たけのこ汁をいただき

P6010149

解散~

たけのこ汁、超美味しかったgood

ラブアスパラ

P6010144

で、入浴券でりんどうに寄り~の

帰宅!


ん~


マジでいろいろ良かったgoodgoodgoodgoodgood



勝手に採点コーナー

95点(採点基準不明up


来年は、山開き再開10周年らしく、なんか考えてますってことでした。

来年も参加する(決定)

|

« 2014.05.31-大頭森山 | トップページ | チェイサーOilチェーンジ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/59748896

この記事へのトラックバック一覧です: 2014.06.01-小又山(神室連峰山開き):

« 2014.05.31-大頭森山 | トップページ | チェイサーOilチェーンジ »