« 2014.03.09-大尺山(神室連峰) | トップページ | 2014.03.23-筑波山 »

2014年3月24日 (月)

2014.03.16-笹谷峠 徘徊

今年2回目のコミュイベントで、笹谷峠あたりをうろついてきた(*゚ー゚*)

P3160057

ストーブの後ろに本日の人気者「ナターシャ」が写りこんでいますww

前回イベント後に、人にリクエストを要求しておいてそれを完全に無視してこのコース…

一応、言い訳

→手ごろなところに小屋があることを思い出したんです!

人様の貴重なご意見は、十分に咀嚼吟味し、、、

噛み砕きすぎた!??

まぁ忘れよう( ̄▽ ̄)



当日の天候も気になるところだけど、それ以上にコースが不安…

だったため、前日に軽く入り口だけども見ておこうと除雪終点までいってみた。そのとき、一応もっていったスパイク長靴←これが間違いだったかも?

ちょっとだけ雪質を確かめるつもりで歩き出したら、

雪が結構しまっていて、歩きやすいgood

鉄塔ルートをあがり~の

そろそろ引き返そうかと考え、そうこうしているうちに、寝巻きにダウンジャケット+スパ長で山工小屋までついてしまったww

満員の小屋により、ストーブが故障していることと薪があることを確認し、休憩している人々から「山をナメルナannoy」っという顰蹙のまなざしで見送られ笹谷古道を下山したw

なんだかんだで、先導するのは不安なんだよ~~~



んで、肝心の当日はというと??

rain


の予報(/□≦、)



5分くらい悩んで一応決行することにした。

市内でいったん集合し、笹谷峠山形側除雪終点へ!

パラパラ雨が降っていたものの、出発!!!!


前日より気温が高かったけど、それでも雪のしまりは上々

基本つぼ足での工程っとなった。

ルートは昨日の下見どおり、鉄塔ルートを登り、古道を下る

P3160006

先頭に犬猫馬さん

最後尾ポチョさん

熟達者に挟まれた女子部の面々  最強のフォーメーションww

P3160008

一箇所沢を横切る。ココ!一応橋がかけてあるらしい。雪があるときしか来ないので知らなかったw(゚o゚)w

この後ちょっとのぼりがきつくなり、送電線下へでる。

P3160014

猫のような?鬼のような?鉄塔ww

P3160021

を過ぎ、

去年比約2倍積雪の大関山

P3160030

だいぶ標高が上がってきた感じ

ともあれ、結構簡単に、

目的地の山工小屋に到着!!

P3160042

積雪が多い割りに、入り口はきれいに除雪されていた。

P3160044

一名単独の男性と、親子連れの計3名が休んでおられた俺たちと入れ替わりに出発していった。

親子連れのお父さんの方、ん~先週大尺山に登ったとき一緒にいたような~?

っと思って声をかけてみたらやっぱりそうでした( ̄▽ ̄)

山形は狭いな~


そして、本日最大の目的、休憩

先客の方々のおかげで暖かい山工小屋good

P3160056

我が家にも巻きストーブ的なものがほしくなってくるよね~

ラーメン煮たり、お菓子いただいたりで休憩。やっぱりあったかいこの小屋チョイスはなかなかでない?っと自画自賛

んで、さぁ帰ろう



っと


外に出ると、





さっきまでと打って変わって吹雪typhoon

視界が利かない状態…

だったものの、場所も場所だし、正確なログもあるので、吹雪を楽しみつつ下山

それよりなにより、

吹雪のクセに


暖かい(笑)

融けた雪で顔面とメガネがビショビショw


ある意味、春を感じさせる天候だった

標高が落ちると、風も止みモヤモヤ

P3160089

で、無事に下山


ん?

なんとなく楽しめたかな??



勝手に採点コーナー

70点(採点基準不明sprinkle


下山後、百目鬼温泉で露天風呂につかりながら次回の計画を検討!



!!

検討!




話がまとまりませんでしたΣ(;・∀・)

|

« 2014.03.09-大尺山(神室連峰) | トップページ | 2014.03.23-筑波山 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/59349562

この記事へのトラックバック一覧です: 2014.03.16-笹谷峠 徘徊:

« 2014.03.09-大尺山(神室連峰) | トップページ | 2014.03.23-筑波山 »