« 2013.08.25-姥ヶ岳 | トップページ | 2013.09.29-村山葉山(山の内~どうたん通り) »

2013年9月15日 (日)

2013.09.14-東普陀落

露骨に体調がよくないけど、久々に雨の降らなさそうな天気なので、コースタイム的に楽そうな感じがする、月山の東普陀落と御浜池に降り!?てきた。

P9140028


コース

月山八合目駐車場

 ↓ [1時間40分] (20分位迷子になっていたw)

東普陀落 (休憩50分)

 ↓ [20分]

御浜池

 ↓ [1時間40分]

月山八合目駐車場へ戻り


行動時間 

11時10分~15時40分


GPSログ

New

3日前から、結構体調が悪かったけど、早めパブロンの効果を信じて、お出かけ。朝っぱらから一農作業で、出発が8時半を過ぎてしまった。

T氏の帰宅時間制限に間に合うように、高速で移動した。

八合目駐車場は満車状態。が、


ちょうど、一台帰るところで、運良くそこに駐車することが出来た。

P9140019

雨は降らなさそうだけど、結構モヤっとドンヨリ…


台風が接近中だから、仕方なしっと、出発!


去年、犬猫馬さんから聞いた情報を記憶の中より引っ張り出す。

「神社を過ぎて、スグの分岐を・・・?・・・・・・??」

よく思い出せないwwwwwwwwww


確か一番端の方??????


っと適当に進んでみた。

P9140022

↑コッチは間違い(;;;´Д`)ゝ

しばらくは道らしきものが、あるような、ないような…

で、それすらなくなったので、完全に間違いと気づき木道まで戻った。

ウロウロしながら、分岐を探した。

素直に、スマホで思いっきり25000分の1地図によって分岐のあるところまでいったら、その通りに踏み跡が続いていた。さっきは完全に見逃したようでした。ロープをくぐって、そっち方面へ。

今度は、間違いでないとわかるとほど明瞭な踏み跡があり、後はひたすら一本道。

湿原を抜けて、正面の展望が開ける。

P9140026

藁田禿山とその手前が東普陀落(らしい)そして、右手には御浜池。

やっぱり、ガスがかかっていて、遠望がきかなかった。

ここから、剣ヶ峰まで、緩やかに下る。

剣ヶ峰からは、一転して梯子やロープのある急降となった。

色々な方々のブログ等にあるように、この梯子場はものすごい獣臭が…


したけど、体調が悪いせいか、あまり気にせず、ハイペースで下った。

大体、入りのペースが速いときは調子が悪い時と決まっているのを判りつつもサクサク下った。T氏を引き離しては待ちの繰り返し。嫌な予感がするぜ(;ω;)


P9140029

急降が終わった頃、さっき御浜池を見下ろした辺りは、ガスに隠れてしまったいた。

あとは、御浜池分岐まで、ほぼひたすら下り。

標識も案内板も無いくせに、道はきちんと刈払いされている感じだった。

御浜池分岐は、やっぱり案内板の類は無い。分岐にピンクテープがまいてあるだけだった。

分岐を過ぎると、すぐに東普陀落。


が、

上から、岩が崩れる音が…


熊か!!?っと思ったら人でしたcoldsweats01

普通に単独の男性とすれ違った。

P9140051

↑東普陀落に関しては、他の方々のブログに詳しい説明があるので、割愛。

そのおくには、仏像がある岩山。

P9140038

上の写真で赤いザックが置いてある場所から↓

P9140035

岩の中に入ることができる。

P9140047

中には、金色の仏像!失礼して一枚撮影。

そして、その入り口横。もろい岩を登って上へ!
(最初はここしか登れないとおもったけど、実は反対側から回り込んで登った方が遥かに安全。もろい岩なので、ムリに登らないほうがよさそうでした)

P9140043

岩山の上には、剣が奉れていて、なんともいえない雰囲気…


P9140044

反対側の、藁田禿山へは、道が無いようにみえた。いずれせよ、時間があまり無かったので、ここまで。


ご神体隣の、いい感じの岩の上で休憩をとった。


が、遊びすぎたみたいで、時間がヤバくなってきていた。

P9140054

プッチンする暇も無く、もってきたプリンを流し込んだ(;´Д`A ```


時間が無いことは重々承知していたけど、せっかくここまで来たからには、御浜池によりたい。

マッハで、池まで下った。


地図だと、スグに着きそうな感じだが、結構遠かった。


途中で、T氏よりTEL

どうやら分岐を見落とし順調に帰ってるってこと…


しかたないので、さらに急いで御浜池まで下った。

P9140086

なんか、遊べる感じの池だったけど、時間が無いので、滞在時間約1分ww

また来る事にして、撤収!!!


あとは、ひたすら登って登っての帰路。

やっぱり体調が悪いらしく、超ツライΣ( ̄ロ ̄lll)


フラツキ倒れること数回、起き上がれず2、3分死亡すること数回。非常用アリナミンVを使用したら、余計に悪化した感じ(ノ∀`) アチャー



さらに、さらに、両太ももが攣ったりしながら、ギリギリ湿原までもどった。


P9140089

神社が見えて、ちょっと安心。


正規ルートに戻る直前の水溜りで、靴を軽く洗っていたら、たまたま通りかかった神主さんとエンカウント!


なにか言われるか!っと身構えたら、

「東普陀落いってきたの?」

っといたって普通。


静かでいいところでした~っとこたえたら、


「池は行って来た?」


チョイ寄りしてきまいした~



っと答えたら予想外のお言葉が…




「泳いだ!!?」


sign03sign03sign03sign03sign03sign03sign03sign03sign03sign03



そうきたか!

オレとしたことが、急いでいたとはいえ、まったく思いもよらなかった。


これは、また行くための用事ができてしまった。


神社で、神主さんと別れて、木道を走って下山…


やっぱり、太ももが攣ったww


結局、駐車場に戻ったときは、ズタボロ状態でした。


18時まで、帰宅しないといけないT氏。

あと、2時間20分…


こんなこともあろうかと、





P9140092

今日は、チェイサーだからなんとかなる予定catface

えっ、ETC付いてるってことだよ。

別にリミッターカットしてあるなんてことは関係ないよ~

その証拠に、



山道では、スプラッシュに煽られまくり、高速では、バンに煽られまくり…



イラッとしたので、一瞬で振り切ってやったけどね


適度な車間をとって安全運転を心がけてほしいな~


結局、タイムリミットにまにあってセーフでした。あぶないあぶない(;´▽`A``




勝手に、採点コーナー

43点(採点基準不明hospital




帰ってから、一応計ってみた。





20130914_21_35_01

オレの平熱は、35.4なので、コレは結構マズイのでは??


去年の前滝コースに続き、風邪を侮ると痛い目にあうことがようやくわかってきた馬鹿なオレwww






|

« 2013.08.25-姥ヶ岳 | トップページ | 2013.09.29-村山葉山(山の内~どうたん通り) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/58196259

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.09.14-東普陀落:

« 2013.08.25-姥ヶ岳 | トップページ | 2013.09.29-村山葉山(山の内~どうたん通り) »