« 2013.07.13-富士山(御殿場口コース) | トップページ | 2013.08.04-鳥海山(象潟口より) »

2013年7月21日 (日)

2013.07.20-大朝日岳(古寺駐車場より往復)

先週のダメージ&疲労が抜け切ってない感じだったけど、天気がよさそうだったのでちょっと無理して、大朝日岳にいってきた。

P7200039

コース

古寺駐車場 ”4時40分~”

 ↓ [2時間5分]

古寺山 (休憩10分)

 ↓ [20分]

小朝日分岐をトラバース道方面

 ↓ [1時間30分]

大朝日岳 (休憩30分)

 ↓ [15分]

大朝日山頂小屋 (物色20分)

 ↓ [1時間]

小朝日岳より古寺山方面 (休憩10分)

 ↓ [2時間20分]

古寺鉱泉駐車場へ戻り ”~13時20分”




GPSログ

New_3

何事も無かったような書き出しだけど、色々問題があったんだよ~

天気のイイ予報だったので、一昨日の豪雨の事をすっかり忘れ、出発した。


完全に寝ぼけていたいたらしく、途中、R112の電光掲示板に、「崖崩れのため通行止め」っと書いてあって、そのとこを思い出した。

どうしようか考えるため、近くのファミマに緊急ピットイン!

できれば使いたくないけど、左沢からアクセスするしかないか?っと思いながらスマホで情報収集。

すると、ラッキーなことが判明!

通行止め区間の迂回路として、山形自動車道の「西川~月山」間が無料開放されていた。

ラッキー!っと寝ぼけた頭でガッテンンし、高速を飛ばした。(早朝でも結構車がいたので、ちゃんと制限速度です)

そう!

完全に寝ぼけていました。っていうか現実逃避か!?

当然、そこらへんが崩れてるってことは、この先どうなっているか想像できたような気がするけど、そこまで思い至らなかった。


高速を下り、大井沢へ


ここからがなかなか酷い状況に…


まず、道路が泥だらけ…

雨で流れてきた、泥やら落石やらで、道路が荒れていた。

そして所々で崖崩れ。幸い車は通行できるくらいの状況。


大井沢付近で、一番激しく被害があったように見えたのがココ

P7200213

(写真は帰りに撮影)

増水した川に道路が抉られていました。あとで西川町のHPを見ていたら、同日吉村知事が緊急訪問していた場所でした。

幸い、道路は片側通行ができる状態。でも、この反対側の住宅付近は、ドロドロ…

住人らしきおじいさんが途方にくれている状態でした。

川の水はかなり濁っていて、先行きが不安に…


さらに進み、大井沢奥より、朝日鉱泉・古寺鉱泉への道路へ


コッチも、当然のように大荒れ

あちこちで、崖崩れ。排水管のつまりで道路は所々川になっていました。

でも、キャタピラの跡があり、どうやらユンボで一車線分を確保してあったような状態でした。

他にも大雨で流れてきた木の枝やら、落石やらで危険な状態でした。


しかし、なんとか古寺鉱泉駐車場まで到着!

駐車場には、車が2台。いつも停まっているっぽいランクルと、しっかり輪留めを噛ませたジムニー

どちらも登山者というよりは、関係車両っぽい…

登ろうか??っと考えていたら、もう一台野田ナンバーの車が来た!

軽く挨拶し、俺は出発することにした。


P7200001

古寺川の水量は若干多いような気がするが、濁りは無い。昨日の天候で山の状態は改善傾向と勝手に判断。

P7200003

古寺鉱泉前の橋を渡り、御入山note


富士山ダメージをリカバリーしきれていない感じがしたので、スローペースで登っていった。

P7200006

これ、最初の水場 「一服清水」? 看板が無いので多分です。」

十分な量の水分を担いでいたけど、せっかくなので清水をいただく。冷たくてなかなかな水だった。

っと、ココで後ろから来た単独の男性に追いつかれた。

が、この男性もココで休憩したので、オレが若干先行した感じで登っていった。

P7200011

小腹が減った頃、古寺山へ到着!

P7200020_stitch

展望が開け、小朝日と大朝日岳が望めた。

小休止をしている間にさっきの登山者が先行。

オレは、栄養補給


今日の食料は、サンクスで調達。本当はいつもよってる間沢のセブンによりたかったのだけれど、西川ICから高速に乗ったので、仕方なくサンクスdown

ぶっちゃけると、サンクスのお弁当関係は、例外なくマズイ!
このとき食べた「大盛りチャーハン」のおにぎり…

激ショッパイ(ノ∀`) アチャー

登山中で塩分はありがたいが、普通の人は食べれないくらいのしょっぱさだった。

(そのとき寄ったサンクスは、店内がタバコ臭かった。タバコ臭いコンビニなんて始めて…もう二度とよりたくない。よるとしたらゴミを捨てるくらいかなww)



気を取り直して出発しようとしたら、もう一人単独の登山者が追いついてきた。
軽く挨拶し、オレは出発した。

ココからは展望が開けて気持ちいい登山道。

でも~内陸方面は

P7200024_stitch_2

雲海!?


対照的に、月山方面は、

P7200031_2

雲が怪しいだけで、結構クリアー

P7200032_2

アップにすると、鳥海まで見えた!

鳥海山にも登りたいところだけれど、本日は、午後から会社のビアガーデンがあるため時間的にムリ。また次の機会ってことで…


周りには花が咲いていて

P7200021

こんなの↑ ヒメサユリ?


P7200022

小さな野いちご風のやつ!

ちょっと食べてみる勇気はなかった…


この先、小朝日には寄らず巻き道をチョイス(小朝日には帰りに寄る予定)


トラバース道が終わる頃、さっき先行した男性に追いついた。

っとおもったら、下山してきた人がいて、

「どっから来たんんだ?」

っと話しかけられていた。スグに追いつき話に乱入w

この方、大朝日小屋の管理人さんでした。

どうやら、無線のやり取りで、古寺鉱泉までの道路が通行止めだと思っていたらしく、通れることを伝えたら喜んでいました。最悪歩かなければならないかと思っていたようでした。

後から来た単独の男性も追いつき暫し立ち話


やっぱり、一昨日の豪雨はすごかったらしく、その話。

はじめはそんなに悪い天気ではなかったらしく、盛岡からの4人組みを普通に送り出した話。そのパーティーは中ツル尾根を下りたようで、そのときに豪雨…

なかなか下山しなかったようでだいぶ心配し探したようでした。結局、川が増水し、つり橋を渡れず立ち往生。水位が下がったタイミングで橋を突破し無事下山できたようでした。

また、昨日は小朝日周辺を刈払いしていたら、すさまじい雷で小屋まで逃げ帰った話などお聞きすることができました。

最初の話の通り、古寺鉱泉までの道路が通行止めで誰も来ないだろうと下山するところのようでした。「酒ばっか飲んでてもしょうがないからな~」っとおっしゃってましたww



管理人さんと別れ、それぞれ先へ

P7200039_3


近づいてくる大朝日岳。想像以上の景色にニヤつきながら気持ちのいい稜線歩き。



P7200043_2

途中にある、銀玉水。

矢印をよく見ていなかったため、最初は写真奥川の笹薮を見てしまった…

よーくみたら反対側が正解でした(笑)

P7200044_2

朝日連峰で一番うまいとされる銀玉水で、山頂までのヤル気を充填!



P7200049_2

山頂まではもう一息!

山頂小屋は帰りによることにして、山頂へ


P7200052_2

こーんなのやら

P7200055_2

あーんなのが咲いていた(無知なため名称不明)


P7200123_2

そして、到着した大朝日岳山頂。


先行していた、方が休んでいた。オレが着いて数分で、もう一人の方も到着。

三人で暫し談笑。

一人は山形市の方、もう一人は酒田市の方でした。

皆同じようなことを考えていたようで、いけるところまでいってみてムリなら月山…

でも、空気読まずに登ってよかったとの結論。このあと徐々にガスってきてしまったので、早起き三人組はラッキーのようでした。


それぞれ、休憩し、二人とも案外短い休憩で下山していかれました。


俺だけ残って、ゆっくり景色を楽しみながらさらに休憩。

P7200067

登ってきた小朝日方面。月山はガスに隠れてしまった。


P7200114

時折見える、飯豊連峰。今年は行けるかな?


P7200117

その手前、雲の辺りが祝瓶かな?


P7200118

中岳・西朝日方面。コッチはまた今度かな?


十分景色を堪能し、小屋まで下った。

ちょっと金玉水までっとおもったが、やっぱり引き返した。

P7200136

今は無人の小屋を偵察。

P7200139

管理人さんが書いていってくれたアクセス情報
--------------------------------------
・古寺-柳川間通行止め
・日暮沢-大井沢間通行止め
・朝日鉱泉-立木間等分の間通行止め
・大井沢川バカ平方面通行止め
・古寺-大井沢間通行止め
--------------------------------------
ほぼ壊滅か!?


P7200142

宿泊者用の2階スペース。ロフトもあり!流石に造りは頑丈っぽかった。


写真がはってあったけど、

P7200141

さっきすれ違ったのは写真右の方です。

強そうだ…


せっかくなので、トイレをお借りし、協力金を投入。小屋を出発しました。


結構のんびりしていたので、先ほどの二人は完全に見えなくなってしまっていた。



帰りは、さっきまいてきた小朝日岳によって、

P7200162

大朝日を!


っとおもたけど、

P7200164

残念!山頂付近のガスは晴れませんでした。


10分くらい見ていたけど状況が改善されないのであきらめて下山。

またくるよ



下山中、4人組、単独登山者、3人組とスライド。時間帯的に、泊まりの登山者であろう。



そしてこのあと、実は、


久しぶりに膝が!!


やっぱり大砂走りはかなりのダメージを(どちらかというと宝永山でのダッシュが効いた気がするけど…)膝に与えていたようでリカバリーしきれていなかったみたい…


痛む膝をかばって下ったせいか、余計なところにもしわ寄せがきてしまい、かなり時間がかかってしまった。まっ無事に下山できたのでセーフってことで!




膝痛事件はあったものの、噂通り、大朝日はイイ山だった。

富士山とは違い、また来たい!と思えるfuji



勝手に採点コーナー

90点(採点基準不明mailto


おまけ情報

Img_0899

山頂でLTEとは…
変なところではがんばってるKDDI
頼むから、うちの職場でも、もうちょっとがんばってほしい




さらには、帰りに撮影した道路状況

P7200194

道路が川に…


P7200200

体積した泥…


P7200203

どろどろの道路


P7200206

建設業者が復旧工作業中です。


P7200209

早朝だったため、オレは通れたみたい。帰る頃には前面通行止めでした。

左沢に抜けるトンネル方面も通行止めです。

復旧はいつになることやら。


-------------------------------------
2013/08/05追記
古寺鉱泉への道路は8/5時点では通行可能なようです。
でも、8/6にまた豪雨が降ったのでどうなっていることやらデス

-------------------------------------
2013/08/26追記
古寺鉱泉への道路はもっぱらの噂では通行可能のようです(ただしR112より大井沢経由)
その他左沢からの道路などは通行止めらしいです。

日暮沢林道は、根子よりちょっと入った集落裏の林道入り口で通行止め(2013/08/25)
20130825_8_49_55

一部噂では、通称「アメリカ橋」?まで通行可能ってことでしたが、この状態…
マウンテンゴリラ店長やら、大井沢のおばちゃん情報では、今年はムリみたいってことでした。
付近の道路情報は、朝日鉱泉へ電話するのが確実みたい。
あとは、毎年恒例「朝日連峰山行メモ」にのってる山小屋管理人さんに聞くのがベター?

先日月山で一緒に休憩した方は、会津から日暮沢に一泊予定でこられたようでしたが、林道が通行止めで仕方無しに月山に登っておられました。リアルタイムに情報を収集して自己責任にて出かけることをオススメします(* ̄0 ̄)ノ

|

« 2013.07.13-富士山(御殿場口コース) | トップページ | 2013.08.04-鳥海山(象潟口より) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/57838438

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.07.20-大朝日岳(古寺駐車場より往復):

« 2013.07.13-富士山(御殿場口コース) | トップページ | 2013.08.04-鳥海山(象潟口より) »