« 富士山準備 | トップページ | 2013.07.20-大朝日岳(古寺駐車場より往復) »

2013年7月21日 (日)

2013.07.13-富士山(御殿場口コース)

っというわけで、最初に富士山に登ろうと思ってから約5年

なんで、そんなこと思いついたのかも忘れてしまった…

が、無事に富士登山にいってくることができた。

P7140202


コース (休憩時間含む)

御殿場口五合目

 ↓ [7時間30分]

御殿場口山頂

 
剣ヶ峰によりお鉢巡り [2時間15分]

御殿場口山頂

 ↓ [2時間]

宝永山

 ↓[1時間]

御殿場口五合目へ戻り


行動時間

4時~16時45分


GPSログ

New

そんなに人がいないのでは?っと思っていたけど、予想より人がいて、車を第二駐車場にとめた。それぞれ準備をして、出発!

P7130067

東の空が、少し明るくなってきた。

P7130070

前日に登山口を確認していたので、薄暗くても問題なし。

意図的に超スローペースでスタートした。ってーかペースを落としすぎて、最初の茶屋まで20分と、看板値の倍かかってしまったsweat01

長丁場が目に見えているので、そのくらいがちょうどいいか?っとおもったが、いくらなんでも異常に鈍かったので、ちょっとだけペースアップして登っていった。

P7130076

茶屋を過ぎると、登山道と下山道が別々になる。

だいぶ明るくなって、富士山がはっきり見えてきた。


ん~~

天気は微妙catface


そして、日の出のとき

P7130080

あんまりはっきりしなかったけど、なんとなく元気をいただいた感じ…


P7130086

山肌も赤くそまって、良い感じ~~note




でも、足元は砂のような砂利のような状態。かなり歩きづらい。

一歩一歩少し崩れて戻される状態。そしてこれがかなりの時間続く…


P7130087

標高が、2,000mを越えてくると、流石に皆さんきつい様で、登山道脇に仰向けになって死んでいる休憩している人がチラホラと…

こんなところでそんな状態で、この先本当に大丈夫なのか?っと他人を心配しつつ、そうならないようにゆっくりペースで登った。

あまり景色の変わらないつまらない単調な登りだが、

振り返りまわりを見ると、

P7130088

山中湖?らしきものが見えた!


また、ガチャガチャと音を立てて、

P7130089

荷揚げのブルドーザー

この日のリアルスコープ情報では、1日三往復くらいしてるみたでした。


P7130097

宝永山や、昨日行った富士宮口の標高を越えてきて、ようやく富士山山頂が近づいてきた感じ。


そして、ようやく

P7130100

標高3,000m付近。

徐々に高度を上げてきたおかげか、若干息苦しいものの、体調は良好だった。



P7130107

そして、最初の山小屋

ここまでで、既に4時間30分以上。一回腰をおろして休憩しただけで、ここまで登ってきた。

これより上、点々と山小屋が(といっても数箇所)あり、そのたび小休止しながら登っていった。

せっかくなので、途中で「CCレモン500cc」を購入してみた。お値段500円!!

まぁ仕方ないか…

水分は十分すぎるほど持っていたので、買う必要は無かったけど、山にお金をってことで買ってみた。



そして、八合目を過ぎると、後は山頂まで山小屋は無い。


P7130116

写真で、この先一番上が山頂。

なのだけど、ここからが、非常にキツカッタヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

酸素が薄いのがわかるくらいキツイ。

ちょっとでもペースを上げると、心臓がバクバク


止まると、気持ち悪くなるとか言いながら一人ハイペースで登るT氏…

オレとM井は付いていけなかったw

T氏はほとんど高山病??止まって、「気持ち悪い。頭痛い。多分死ぬ」を連呼www


結局なんとかなった感じだったけど、ほとんど高山病?っぽかった。

P7130117

なんとかかんとか、登って、あの鳥居のところが御殿場口山頂

山頂手前で、苦しんでいる2人組みとちょっとお話。

オレも結構苦しんでいたので、苦しみ仲間ってことで…

曰く「0時から登ってる」

Σ( ̄ロ ̄lll)マジか!?どうやら二人のうち一人が急ブレーキしたみたい。

お互いを励まし山頂を目指した。




苦しみぬいて、

山頂着!結構風が強くて、雨具を着て一時休憩

P7130123

富士山山頂郵便局は絶賛営業中だったものの、まったく興味を示さない御一行w

最低でも剣ヶ峰だけはよりたかったので、そっちに移動。


P7130127


神社に軽くお参りしつつ、剣ヶ峰へ

P7130130

あそこが日本最高標高点

登りが意外と危険。スベル場所があったが、気をつけて通過した。

P7130134

最高標高点には、石碑があり、登山者が次々に記念撮影。当然俺たちも記念撮影。

背後は真っ白。富士山西側は、雲に覆われていて、風も強かった。

P7130138_stitch

ちょっとガスが晴れるタイミングがあり、噴火口が見えた。

ん~なかなかの迫力


で、一応、剣ヶ峰へ行って、最低限のミッションはクリアーしたわけですが、

これから、お鉢巡りするの?っと相談


当然、M井は体力的にきつそう。T氏は高山病(笑)




決行!(*´ェ`*)

ちょうど、ガイドツアーの人が直前を歩いていて、密かにその人たちについていった。

P7130144

あっ!剣ヶ峰の直下だけは、残雪がありちょっと危険。この光景を見て引き返す登山者が決行いるかんじだった。

ここですべると、噴火口にまっさかさまの笑えない事態になるので、慎重に先行者に続いて残雪地帯をクリアーした。

P7130148

若干小雨混じりの強風。お鉢巡りを楽しんだ!?


P7130151

吉田口ルート山頂と、須走口ルート山頂を通り~の

P7130155

須走口ルートの登山者を眺め、

再び強風地帯を抜けて、御殿場口山頂へ戻った。

風が強く、皆苦労している様子だったが、俺としては、去年の吾妻小富士のほうが強風度合いが上だったし、小石も飛んでくるわけでもなかったので、特に危険は感じなかった。

ただ、このときの動画はいつ見ても面白い感じに撮れていた。(関係者以外が見ても面白くないのでアップしません)



P7130129

んで、下山する前に、コレ↑

日本一高いトイレに立ち寄った、

ここも協力金は300円。なかなかキレイな御トイレでした。



ギアを入れ替えて、下山


お鉢めぐりで体温が冷えまくっていたので、ズンズン下った。(オレだけ)

山頂は寒くて昼食をとれなかったので、八合目付近で昼食休憩。

P7130166

ちょっと後悔した。寒くて、フリース着用で、ミニ冷やし中華

下山用エネルギーを補給し、

下山していった。


山頂から、大砂走り分岐まで、なぜか下りやすく、オレだけハイペース

山小屋まで下りて二人を待つ状態。あとで確認したら、ここまでの下山時間の半分は休憩している感じだった。なぜか下りやすいよ富士山


P7130169

七合目からは、下山道を下る。

待望の「大砂走り」噂では、一歩で3m進めるとか?

その実態はっというと、粒の大きい砂が体積しているので、ちょっとフカフカ状態の下山道をスノーシューをはいて新雪の上を下るが如く(ちょっといいすぎ。スノーシューに近いが正解)下ることができる。

最初なれないうちは、オーバースピードででコースアウトしてしまうというハプニングが…

あったりしたが、そのうちに慣れてくる。



↑こんな感じimpact

たまに、トラップのように、砂が薄い所や、大きい石が転がっているので、調子に乗りすぎると痛い目にあいそうだった。



途中より、宝永山分岐

他2名は、既に限界っぽかったので、二人を下山させつつ、オレは…



一人ダッシュ(バカ)で宝永山へ

P7130171

標高は、まだ2,500m以上あるけど、一回山頂まで行ってきたせいか、全然辛くない?

結構普通な感じで、宝永山へ到着

この宝永山は、宝永大噴火でできた新山らしく、

P7130174

山頂からは、伊豆半島や駿河湾を望むことができるらしい。

が、ご覧の通り、天気がイマイチでボンヤリ何かが見える程度だった。down

P7130182

そして宝永噴火口がわより、富士山山頂側

結構な迫力!

やっぱりチョイよりして正解だった。



あんまり、長居すると二人に遅れをとってしまうので、ここからも可能な限りダッシュで戻る。


大砂走りに戻り、ドンドン下った。

P7130187

ドンドンなので、山頂はドンドン遠ざかり、豆のようだった、御殿場口駐車場がドンドン大きくなっていく。


飛ばしに飛ばして、途中でT氏M井に無事合流。

さらに調子に乗って、二人を振り切り、大石茶屋まで下山ww


でもやっぱり調子に乗りすぎたらしく、右足の薬指のツメがかなり怪しい状況…

そして山で走ると当然、膝が怪しい状況…


今回は、燃え尽きたってことで、仕方ない?


茶屋で二人を迎え、その後無事に下山しました~



終わってみてまず、

M井に関心

ほとんど山暦の無い状態で富士山アタック!しかも御殿場。ポテンシャルだけで富士山に登頂

流石は体育会系?素直にスゲーぜ!!

あとは、ナニより無事に帰ってこれてよかった。天気もまあまだったし、適当に立てて予定に対してほぼドンピシャな運び。ラッキーでした~



そして、一般論の通り、もう2度と自分からは登らない山であろうと思った。富士山は見てナンボかな?




最後に

恒例の勝手に採点コーナー

84点(採点基準不明search

いつもと違うところがだいぶくたびれましたー





|

« 富士山準備 | トップページ | 2013.07.20-大朝日岳(古寺駐車場より往復) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/57834905

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.07.13-富士山(御殿場口コース):

« 富士山準備 | トップページ | 2013.07.20-大朝日岳(古寺駐車場より往復) »