« 2013.06.01-雁戸山(笹雁新道周回) | トップページ | 2013.06.08-杢蔵山 »

2013年6月 4日 (火)

2013.06.02-温海嶽

本当は4月末に行く予定だったfuji 温海嶽

T氏が山渓で記事を読んだらしく、気になっていたらしい。

P6020119

コース

温海岳登山口

 ↓ [30分]

遊歩道入り口

 ↓ [1時間]

小菅野分岐 (休憩10分)

 ↓ [55分]

温海岳山頂 (休憩35分)

 ↓ [1時間15分]

平清水登山口

 ↓[5分]

戻り

行動時間

10時10分~14時30分


GPSログ

New

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

7月に行く富士山。メンバーは3人。オレ+T氏+M井(T氏の友達)

諸々の準備を兼ねた登山である。

M井は、基本的にはfuji初心者。

コレまでの山経験は、

①東黒森山
②富神山
③三吉山
④千歳山



正直かなり不安だぜぇsweat01

装備はある程度そろえたらしいので、そのチェック(偉そうダナオイ!)
体力度のチェック

をしなければと思っていたわけで、いよいよそのときとなったみたい…


結論から言うと、



結構大丈夫そうだった……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ


元野球部らしくポテンシャルは高いらしい(T氏曰く・・・)


そんな感じで出発です!




温海岳はその名の通り、鶴岡市の温海温泉側にある山

実は山頂まで車道が切ってある山だが、それに並行するように遊歩道があり、滝など随所に見所がある山であった。

海端にあるため、標高とほぼ同じくらいの高低差を歩かなければならない。

コースは基本的には単純だが、あまり詳しい情報がなかった。それなりに周回するルートを歩くつもりで、登山口より登り始めた。

登山口手前の川沿いで、ご婦人に「いってらっしゃい」と声をかけていただいた。

P6020002

登山口からは、しばらく車道(林道)歩きとなる。

ちょっと登った所の民家前で、おじいさんより”温海嶽登山マップ”を手に入れた!!

いや、親切な方からマップをいただきました。

201306040724_0002_2

コレ↑  あえて著作権を無視して載せておきます(でも小さめ)

この後、車道ですれ違った車のご夫婦も俺たちを見て満面の笑み

勝手な想像ですが、地元民はもっと温海岳を広めたいような感じにとれた。なので、あえて勝手にスキャンして載せておきます。(ちゃんとしたマップは…いけばもらえますよ~)

このマップのおかげで、温海岳を一層楽しむことができたと思うgood


P6020006

昨日に続き天気がよく、のどが渇いた頃に、↑古和清水

P6020007

三人とも、水分補給(゚m゚*)


(正直な話、美味しい水だったが、でも昨日の象ヶ沢噴水に軍配かな?)




古和清水を過ぎて、橋を渡る・・


ん?


橋の下に滝!??


P6020012

後で気づいたけど、コレが一の滝のようでした…


このちょっと先より、

遊歩道へ入っていく。

P6020014


P6020017

橋や階段と整備された、沢沿いの遊歩道を進む。


P6020023

二の滝↑


ちょっと奥まったところにあり、遊歩道よりちょっとスベル沢を移動。


P6020049

三の滝ではなかった↑


P6020055

こっちが本当の三の滝↑

この頃には疲れが溜まり、滝に近づかず撮影┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~



P6020057

まもなくで、一旦車道へでる。しばし休憩。


ちょっと登ってスグのところに鉄塔と小屋があり、その小屋の裏手より再び遊歩道へはいった。

P6020061


P6020062

沢沿いの道から離れ、木漏れ日の遊歩道

隣には車道ってところが、強いて言えば微妙なところ…



途中に、「うがいばの清水」があり、それはそれでいいのだけれど、

なぜか?



P6020069


突然、地面から蛇口が………


ひねってみたけど、水は?出るような出ないような…???

ドラえもんでコレ的な道具なかった?っとか盛り上がってしまったww




また一旦車道に出る。
直前に、

P6020074

展望広場。

P6020071

日本海と、粟島が見えた。なんかボンヤリでした。


再び、遊歩道に入りまもなくで、温海岳山頂。

P6020078


山頂からは、

P6020092


飯豊までの見えるようでした。(この日はムリでした)


P6020081

月山は、山頂付近に雲。


P6020083

鳥海山はほとんど見えずdown


P6020090

朝日連峰はキレイgood


噂では佐渡島も見えるかも?でしたが、さすがに見えませんでした。


そして、昼食は、

P6020080

↑なぜか昨日に引き続き、たぬきうどんwwww


コレはファミマ。軍配は昨日のセブンかな?

でも、これも悪くはなかったです!





山頂を自由に使って休憩していたら、ご夫婦と思しき二人組みが登ってきたので、下山すことにした。



帰りは、平清水方面へ


こっちはこっちで見所がある。


一本杉
P6020099

P6020101




きな
P6020103

P6020104_2




旧拝殿跡
P6020108

ここには一応水場がある。

P6020113

奥から水が沸いていた。源泉かけ流し状態。

なんとなく飲むには勇気がいる感じだったけど、オレは飲んだ。俺だけ飲んだ。

おれのお腹は問題なかった(笑)




P6020115


竹林が見えると車道はもうまもなく。


これが本当の・・・


温海竹coldsweats02





P6020116

あとは、平清水登山口へ下山し、


車道を5分ほど歩いて、スタート地点へ戻った。





M井は、先にも書いたように、

全然大丈夫そう。コレは本番も楽勝か??っと感じさせるくらいの歩きっぷり!

さすがハイポテンシャル!

ちょっと安心。ってーかオレのほうがなんぼか不安sweat01




最後に、まとめ

温海岳

予想より、遥かに時間のかかるコース。見所も随所にあり、万人向けの良い山である

っと感じた(何様だよオレ)


正直まったくノーマークの山だったので、T氏情報に感謝だぜぇ







勝手に採点コーナー

74点(採点基準不明ear


久しぶりの2連チャン。キツカッタ










|

« 2013.06.01-雁戸山(笹雁新道周回) | トップページ | 2013.06.08-杢蔵山 »

」カテゴリの記事

コメント

わわ!温海岳!ちょうどS氏と行けたら良いねー!って言ってたんですよ(๑´ㅂ`๑)整備されてるらしいから、S氏と2人でも行けるかな?と。時間はかかれども、登り易さはどうでしたか?

やっぱ麺はセブンですね〜☆(*゚ー゚)b冷やし中華毎年食べますw

投稿: あんぱん | 2013年6月 4日 (火) 21時35分

>あんぱん さん
ご無沙汰です´ω`)ノドモ

温海岳はS氏と行くのにはもってこいな山ではないかと思いますよ。
適度に水場や見所があり、のんびり楽しむには最適と思います。
登りに使ったルートはかなり整備されていて登りやすかったです。下りのルートは若干傾斜がきつくなっる感じですがそれでも歩きやすい部類だと思いますよ~

投稿: すばるぅ | 2013年6月 5日 (水) 19時04分

おぉ〜良さげですねぇ。ありがとうございます!!すごく参考になりました。
今度女子部で行ってみようと思います♬(*´ω`*)

投稿: あんぱん | 2013年6月 6日 (木) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/57524886

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.06.02-温海嶽:

« 2013.06.01-雁戸山(笹雁新道周回) | トップページ | 2013.06.08-杢蔵山 »