« 2013.03.03-西黒森山・東黒森山 | トップページ | 雪雑記 »

2013年3月10日 (日)

2013.03.10-瀧山

暖かすぎるため、今年は4月まで持ちそうもなさそうな大滝氷瀑の偵察にいってきた。

Dscf1886

コース

西蔵王放牧場入り口

 ↓ (50分)

瀧山大滝 [休憩10分]

 ↓ (30分)

乳母神コースへ直登

 ↓ (30分)

大滝コースと合流

 ↓ (20分)

瀧山山頂 [休憩10分]

 ↓ (50分)

西蔵王放牧場入り口(乳母神コースを戻り)

行動時間
5時50分~8時50分

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そろそろ雁戸山か、山形神室に行きたいのだけれど、天気予報は最悪…

昨日はムカつく位天気が良かったのだけれど、ムカつく事に一日仕事…

午後から用事があるし、仕方ないので、氷瀑の様子をみながら軽く散歩がてら瀧山に行くことにした。昼にかけ天候が悪化するようなので、可能な限り早起きして出発した。


4時に起き、のらりくらりと出発。放牧場に付いた頃にはいい感じに夜が明けていた。

Dscf1877

スノーモービルの跡があり、ツボ足でいけそうだったので、とりあえずスノーシューを手で持って出発した。

ちょっとだけ歩いたところでスノーシューを装着。ヌカル訳ではなくて、滑って蹴りだしが効かない状態。スノーシューを履いてみたところいい感じだった。

Dscf1878

もう雪は大分融けてしまっていて、斜面は土が完全に見えていた。

沢沿いにはいっても、雪が少なく、ちょっと周りを見ると、

Dscf1880

小さなデブリ?が…

まぁ最悪崩れてきても埋まる量の雪はもうなさそうだった。

それにしても…


異様なほどの暖かさ。

気持ち悪いくらい生暖かい。上空の風は強そうだが、この辺りは比較的穏やかだった。

途中、数名分の踏み跡があり、結構ズボズボと刺さった跡があった。どうやら長靴のようだった。コッチはスノーシュー。重たい分スイスイと進んで今期最短時間で大滝に着!


Dscf1890

先月より大分融けてしまってスケールダウンdown

上流からの雪解け水で、瀧の下は大雨状態で近づけず。

小休止をして、乳母神コースへ直登した。

雪は柔らかかったけど、登りやすく比較的楽に尾根に上がることができた。



やっぱり山頂付近からはかなりの風の音typhoontyphoontyphoon


何はともあれ、山頂方向へ。乳母様の後ろより登り、まぁまぁザクザクな登り。

山頂に近づくほど風は強くなり、所々止まって風をやり過ごしながら登らなければならなかった。


んで、とりあえずの山頂。

Dscf1896

年明けに来たときより、全体的にボリュームアップな積雪量だった。

相変わらずの強風だけれど、今日はある程度の展望があった。

Dscf1895

これは山頂ちょっと手前から。おそらく山形神室と仙台神室。

コッチは山頂から↓

Dscf1897

多分、雁戸山と南雁戸辺り…


Dscf1899_stitch

そして、温泉、スキー場、熊野方面。

市内方面は霞んでイマイチだった。


休憩をしたかったのだけれど、強風で飛ばされそうだったので、早々に撤収!

結局、まとまった休憩を一切とらずに下山してしまった。

乳母神コースの下のほうは、

Dscf1907

雪解けが進んでいて、スノーシューを付けたままでは、雪のある部分を選んでくだらなければならない位だった。

気温が高いせいで、雪がさらに緩んできて、結構苦労して下ったが、案外短時間で戻れたみたいだった。




最後に恒例の勝手に採点コーナー

68点(採点基準不明sleepy

最近週末になると天気が悪い気がする…

|

« 2013.03.03-西黒森山・東黒森山 | トップページ | 雪雑記 »

スノーシュー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/56928627

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.03.10-瀧山:

« 2013.03.03-西黒森山・東黒森山 | トップページ | 雪雑記 »