« 2013.01.06-瀧山(西蔵王南側尾根コース) | トップページ | トッポBJ センターパイプ交換 »

2013年1月12日 (土)

2013.01.12-坊平~熊野岳

先週末で疲労が蓄積したから、今週末は引きこもり生活をしようと考えていたけど、結局、熊野岳にお出かけしてきた。

P1120375

コース
ライザスキー場駐車場

 ↓ (50分)

スキー場上部

 ↓ (50分)

馬の背へ合流

 ↓ (40分)

熊野岳

 ↓ (35分)

蔵王レストハウス・刈田岳 [休憩35分]

 ↓ (50分)

ライザスキー場駐車場(戻り)

行動時間:7時~11時20分

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

前日、仕事終わりで夜空を見ていたら、オリオン座がギンギンdiamond

それだけでオレのカンピューター(勘ピューター)は、明日の天気を晴れsunと決定。
一応天気予報と睨めっこした結果、午前中位天気が持ち、後は下り坂の予定??と決め込んだ。
朝、早起きて空を見ると…

まだ天気が良さそうだったので、「天気が良いなら仕方ない」と重い体を動かして出発した。

7時チョイ前にライザに到着して、出発!


車道を登ろうかと考えたが、ゲレンデに誰もいなかった(当然)ので、スノーシューを履いて堂々とゲレンデを登っていった。
キャットでゲレンデを均してあったので、雪が締まっていた。ソコにスノーシューの爪が良い感じに効いて結構な傾斜があっても歩き易かった。

P1120318_stitch

下界方向。朝日連邦が見えた。

ちょっと登って、朝日連峰。
またちょっと登って、朝日連峰。

何をしていたかというと、

P1120326

朝日連峰に、朝日が当たって、良い感じgood

P1120334

明けてくる朝。日に染まる朝日連峰を、チラ見しながらゲレンデを登った。

始めっから、予想していた景色以上の眺め…


タマランlovely

P1120343

ゲレンデ上部の樹氷に、朝日が当たり始める。アイスモンスターの育ち具合は…

まだまだかな?


もう少し登ったところで、ゲレンデが終了。

Dscf1725

ここから先は、写真のようにスキーの跡。しかし、50mも行かずに完全に消失。あとは完全に無印の雪原となった。

雪の具合はというと、


ある程度締まった雪の上に、今まで生きてきた中で一番軽い雪が積もっていた。

こんなにサラサラの雪があるのか?ってくらい軽~~~い雪が積もっていた。

P1120351

雪が、朝日に照らされ、キラキラと輝いていた。出来過ぎなくらいの天気だった。

しつこいようだが、振り返ると、

P1120353

朝日連峰ww

風もほとんど無くあたりは静寂に包まれていた。踏み跡も消失していて、完全にオレの世界(勘違い)

全然下調べしてこなかったが、ここでもオレのカンピューター

目印?の鉄骨が点々と立っていたので、それをたどった。

Dscf1736

Dscf1738

例の非難小屋横を通り、何度か車道を横切って、

Dscf1739

刈田駐車場横を通り、

Dscf1740

今は使われていないリフトの残骸下を登っていった。ちなみに奥に見えるリフトのポールは夏場に使われている新しいヤツです!

P1120363

馬の背から、刈田岳方面(超逆光)

稜線付近はさすがにある程度の風typhoon寒さに耐えながら進み


冬お釜…


ワクワクしながらダッシュ!!!


っと、

P1120365




!!



??????????????

何故だろう?
かなり味気ない?

・・・・・・・・・

角度が良くないからかな?


Dscf1744

気を取り直して、熊野岳方面へ

点々と目印。ズルしないで堅実にだどった。

Dscf1749

稜線から、北蔵王(名号峰・雁戸山・山形神室)方面。まだまだ天気は良好。しかし風はある程度冷たい。


P1120373

まもなく、熊野岳山頂神社。

青い空に、真っ白な神社。

P1120377

非難小屋は、ご覧の通り完全埋没(;´д`)トホホ…



一番高いところで動画撮影。今思えば…



案外風が強かったみたい(゚ー゚;

動画ではわかりにくいと思うけれど、月山も薄っすら見ることが出来たshine


一応、冷凍神社に参拝してから、寒さのタメ退散…


Dscf1753

ちょっと近道をして、順路へ戻る!

P1120405_stitch

戻り掛けに違うアングルでお釜を撮影…

良いアングルだと思うけど、白すぎてお釜らしさ皆無!

結論

お釜は凍っていないほうがベターimpact


しっかし、


いくらオリンパスのカメラで撮ったといえ…


P1120410_stitch

P1120411

この空は、


ヤバスギル…


実際サングラスを外すと、




空ヤベーheart01


すっげー青いgood







Dscf1756

やんばい育ったエビの尻尾?を鑑賞しながら、

蔵王レストハウスへ!


P1120417

噂では、レストハウスの2階は非難小屋になっているらしいので、それを期待して、休憩する予定。

が、

しかし、


中途半端に階段に積雪があって、登るのを断念wobbly

レストハウスを風除けにして休憩をとった。本日最初で最後のまともな休憩だった。


荷物をデポして、刈田岳へ

P1120427

P1120428

コッチもカッチカチやぞ!

ここに本日始めて人間を確認!

何処からやってきたのか?ツボ足で比較的軽装人々?


軽く挨拶を交わした。


P1120432


南蔵王方面もバッチリgood



あまり止まっていると、体温(特に指先)がヤバイので、早めに退散


来たときのコースを戻った。

ここからは、数名の人とすれ違った。一人はワカンジキ。そのほかはスノーシューとスキー。スノーシューのトレンドは、なんと全員アトラス!(同一パーティーではない)

なんだかんだでアトラス強し!


後は、スキーヤーで賑わうゲレンデの隅っこをそーっとくだり、小学生の女の子に「変なスキー」っとののしられsweat01無事に駐車場に戻った。


天気のほうは、オレのスーパーカンピューターが的中し、終始良い感じだった。下界は午後から雨が降り始めたので、その点でも今日の選択は大正解だったようだった。

途中、Tガスでは全然お湯が沸かないとか一部問題があったが、当然

良い一日(まだ午前中だったけど)だった。


勝手に採点コーナー

96点(採点基準不明sun

繰り返しますが、出来すぎな天気だったと思う。ラッキー(* ̄ー ̄*)

|

« 2013.01.06-瀧山(西蔵王南側尾根コース) | トップページ | トッポBJ センターパイプ交換 »

スノーシュー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/56525426

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.01.12-坊平~熊野岳:

« 2013.01.06-瀧山(西蔵王南側尾根コース) | トップページ | トッポBJ センターパイプ交換 »