« 2012.09.01-月山(岩根沢登山口より) | トップページ | 2012.09.11-昔で言う所の1回転 »

2012年9月10日 (月)

2012.09.09-不忘山(エコーラインより)

午後から天気が崩れるという天気予報を信じて、午前中だけで帰ってこれそうな不忘山にいってきた。

コース
往路(5時30分~7時50分)
エコーライン側登山口~[30分]~前山~[15分]~杉ヶ峰~[15分]~芝草平~[25分]屏風岳~[30分]~南屏風岳~[25分]~不忘山

復路(8時30分~10時35分)
不忘山~[25分]~南屏風岳~[25分]~屏風岳~[20分]~芝草平~[20分]~杉ヶ峰~[15分]~前山~[20分]~エコーライン側登山口

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

先週欠けた左足小指の爪が完治していない気がしたので、無理なく歩けそうで、且、なかなか機会に恵まれなかった南蔵王

ようやく歩くことが出来た。


天気予報を信じて、エコーラインを目指し出発!
途中よったコンビニでトイレに   ふと鏡を見て気づいた


あっ、


上半身がパジャマだった(;´д`)トホホ…

アンダーやらなんやらは、別にもってきていたので、まったく問題ないが、店員さんに対してちょっと(。-_-。)ポッ

日の出が近づき、明るくなってきた空を見れば、
雲らしきものが点々とあるだけ。コレは天気は期待できそうだと思った。


上半身パジャマの寝ぼけ状態から脱出して、テンションupwardright
無駄にタイヤを鳴らしまくって登山口を目指した。
(ダイヤが古すぎてすぐ鳴きやがるcoldsweats01

ハイラインの宮城側入り口付近に車を停めた。
Dscf0816

いきなりいい感じである。
準備を整え登山口まで100mほど歩く。

Dscf0821

登山口の標識が朝日に照らされていた。

Dscf0822

整備されたコースをまず下り、前山を経て杉ヶ峰へ!

刈払いもしっかりされており、立派な観光地であった。

Dscf0831

最初のピーク、杉ヶ峰より、熊野・刈田方面
Dscf0832

よーく見ると、熊野神社や非難小屋も見える(気がする)

Dscf0835

杉ヶ峰より下り、芝草平
その名の通り、湿原のようになっている。
木道が分岐していて、奥に入れるようだった。(帰りに寄ってみた)


屏風岳を通過して
Dscf0848

南屏風岳
まだ日が低く、なんともいえない色合いに染まっている。

南屏風を過ぎると、またまた、下りとなる。
ここから、土質が変化?
赤茶けた土壌となる。

そして、植生も変化??
Dscf0854


Dscf0861


Dscf0903

↑コレ(当然名前不明)日が差してくると開いてくるのかな?帰りは結構開いていた。


不忘山手前の鞍部より
Dscf0859

不忘山
結構鋭く、険しい

で、


Dscf0864

目的地到着!!
ここまで、休憩らしい休憩をとっていなかったので、ここで十分休憩をとった。

Dscf0872

本日の朝食?は、マルちゃん正麺(味噌)
具無しimpact
この丸い乾燥麺が、ジャストサイズ!!!!!

Dscf0891_stitch

こっち(南屏風方面)を向いて、優雅にラーメン?!?

反対側は、
Dscf0882_stitch

下界は、曇りのようです。
雲の上に青空。そしてまた雲( ̄▽ ̄) ニヤ たまらん

そういえば、
南屏風の奥側に…
Dscf0897

コレ!
祝瓶(らしき)山を確認!!

帰ってから、GoogleEarthで確認したら間違いなさそうupwardright
さすがに妙に目立つぜgood


っと休憩していたら、遠くから鈴の音

よーく見るとスキー場方面から人影

シャイな私は退散することに





戻る途中
Dscf0906_stitch

振り返って、改めて雄大な姿に感服


屏風岳を過ぎたあたりから、登山者たちと次々とすれ違う。

Dscf0914

そういえば、芝草平(反対側より)
さっきいってみなかった、木道分岐より奥へ進んでみる。

Dscf0915

今の季節は、正直微妙かな?


最後に

登山口付近にある非難小屋を偵察

Dscf0923

高床式です。
Dscf0924

内部は衝撃の、

一部畳張り!!!

トイレあり!

水場なし!!


冬になったらまた来てみたい!



登山口に戻り、振り向くと
Dscf0931

雲が迫ってきてます。
そういえば途中、遠くでゴロゴロいってたような…


早起きは三文の得ってことでしょうか?


先週やっつけた足の指はなんとも微妙な感じだったけど、天候にも恵まれ予想よりかなりいい感じのお山でした。




最後に
勝手に採点コーナー
83点(採点基準不明sun

強いて難点を挙げるとすれば、岩や石で歩きづらい…
標高差もさほど無い割には気持ちの良い稜線歩きができるいい所

|

« 2012.09.01-月山(岩根沢登山口より) | トップページ | 2012.09.11-昔で言う所の1回転 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/55625846

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.09.09-不忘山(エコーラインより):

« 2012.09.01-月山(岩根沢登山口より) | トップページ | 2012.09.11-昔で言う所の1回転 »