« 2012.07.29-お釜ぐるりん | トップページ | 2012.08.16-熊野岳・お釜 »

2012年8月 6日 (月)

2012.08.05-新庄神室(根ノ崎口より)

2年前に登山口を確認だけして、なかなか登れなった新庄神室にようやく登って来た。
今回はオヤジと二人で久々にまともな登山であった。

コース [ピストン]
根ノ崎口~天狗森・小又山分岐~新庄神室

コースタイム [移動中の休憩含む]
登り:3時間50分 下り:3時間

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

国道47号沿い、若宮公民館近くの信号のある十字路より北に進み、東法田地区へ入っていく。このルートだとほぼ道なりに進んでいけばOKである。途中登山口の案内板もあるので比較的わかりやすい状態であった。
西の又登山口より小又山に登ったときと、根ノ崎口を下見に来たのでコレでこの道も3回目。そのせいでスイスイ進めたのかもしれない…

林道に入る直前にある、「白川渓流公園」には、夏休み中の小学生と思しき、テントの群れがあった。
ここを過ぎ、まもなく西の又と根ノ崎沢の分岐がある。看板があり迷うことはない。根ノ崎沢方面へ
この分岐より登山口までは、約7.5kmほど。
小又山の登山口(大又口というらしい)を過ぎ橋を2本渡った場所に3台程度の駐車スペースと新庄神室根ノ崎登山口がある。
Dscf0558

登山口より、500メートルほど平坦な登山道が続く。妙に滑る細い沢を渡り、「1合目」の標識。コレの十倍ならすぐについてしまうと思うほどにあっけなくついてしまう。

結果からいうとこの「1合目」は完全にブラフ(ノд・。)
ここから稜線を目指し3合目まで急激な登りとなる。
スロースターターのオレにはかなりしんどかった。途中で気づいたが、実は風邪気味+寝不足で朦朧とした状態。更に連日の猛暑通り、この日も明らかな猛暑日・・・
悪条件が重なりオヤジ曰く「顔色がヤバイ」ι(´Д`υ)アセアセ

最悪の場合リタイヤも視野に入れながら休み休み進んでいった。

0~1合目を考えると、2合目までが永遠と永い・・・・・
びっくりするほど汗だくで登っていった。

3合目を過ぎると(そういえば小又山同様、○合目の看板がある)なだらかな尾根歩きへと変わる。相変わらずの暑さに耐えながら進む。

途中より、神室連峰の展望が開けてくる。
Dscf0508_stitch

左より、越途ピーク、小又山、天狗森、の稜線。とんでもなくいい感じである。

ここを過ぎ一旦樹林帯へ。また急登となるが、最初の登りほどではない。

登りがひと段落すると
Dscf0511_stitch

あとは、新庄神室への稜線
2012年度版の山地図には、高度間のある痩せ尾根とあるが、確かにその通り。
熟達者向けのコースともあるがその通り。
オレは景色に見とれていたりして、2回ほど、右足のみが滑落(笑)した。

7合目付近で休憩していると、単独の登山者が追い越していった。(山頂で話たが、気仙沼から来た方であった。小又までいって登山口まで周回したいといっていた)


後半はややキツイ登りが数箇所あり、徐々に進み山頂へ!
Dscf0520

山頂には秋田側からの単独の男性と、先ほど追い抜いていった男性が休んでいた。

っとおもったら、ちょっと下ったとこにある非難小屋に高校生と思しき軍団が・・・
男女とも、Σ(゚д゚;)って位のサイズのザックを背負っていた。
引率の先生??「昨日も鳥海登って来たんですよ~」∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

と楽しげな先生??とは打って変って、高校生らしき軍団は、
downdowndown
そういえば、部活の山岳部はつらいだけで楽しくないって噂を先週あたり聞いたような・・・

せっかくなので、記念撮影
Dscf0526

最後に、ぽちょさん情報を元に、2年前に新築された非難小屋を偵察&休憩
Dscf0530

我が家より立派┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
Dscf0532

Dscf0533

銀マットと毛布は多めにあった。確かにコレなら手ぶらでお泊りできそう。
ちなみに、女性に優しい?
Dscf0531

トイレ付き

一応トイレットペーパーはあるけど、基本的には持参要です。

あとは、スイスイ(でもないか)下山しました。

車を停めたスペースの裏手が沢なので、そこで若干水遊び・・・

沢ではなく、川のニオイ…
なので飲まないほうが懸命でしょうgood




いくら山深くとも低山であることに変わりはないので、終始暑いかった。
7合目あたりまでは、背の高いブナなどがあり、直射日光を防ぐことができたこと、時折の微風があったことがいくらかのプラス要素であった。
体調が悪かったとはいえ、飲んだ水分の量・・・2.5リットル
8月に来るのは危険な気がしたimpact
とはいえ、展望をはじめ暑さにも勝る魅力のあるコースでした。


勝手に採点コーナー
87点(採点基準不明hospital







Dscf0552

涼しくなったら、ぜひ小又山までの周回コースを歩いてみたい。
(気仙沼からの単独の方は水の消費が激しかったらしく周回をあきらめてました。また山形へどうぞ~~~)

|

« 2012.07.29-お釜ぐるりん | トップページ | 2012.08.16-熊野岳・お釜 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/55366854

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.08.05-新庄神室(根ノ崎口より):

« 2012.07.29-お釜ぐるりん | トップページ | 2012.08.16-熊野岳・お釜 »