« 2012.07.21-北面白山~南面白山 | トップページ | 2012.08.05-新庄神室(根ノ崎口より) »

2012年8月 3日 (金)

2012.07.29-お釜ぐるりん

mixiのコミュ仲間と、お釜を周遊してきました~

コース
刈田駐車場~馬の背~五色沼方面~五色岳~五色沼水源~五色沼の畔~反対回り戻り

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今回は参加者5名(今回は全員山形市民)ということで、市内某所に車を置き、車一台で刈田駐車場に向かった。
いつものメンバーはいつも通りゆる~い感じで集合したため、新規参戦のかわちゃんさんをだいぶ待たせてしまった感じのスタートとなった。

リフト乗り場の近くで出発の準備をしていると、ライダーやらなんやら人がドンドンやってきていた。エコーラインは手軽にこれる避暑地ってことかな?

その中でちゃんと登山目的っぽい人々もチラホラ
隣に駐車していた人々もそれっぽいなぁ(あとで判明したことだがこの人が…だった)

去年も歩いたリフト沿いを歩いて出発!20分ほどで馬の背に出た。
天候がイマイチだったので、お釜が見えないかも??っとの予想もあったが、実際はそんなことなくいつも通りのお釜を望むことが出来た。
Dscf0342

そういえばメンバーの一人 きぃぽん さん先輩は初お釜だったらしい。ちょっと意外。

本日の目的地はまだまだ先なので、目的地目指して控えめに柵を突破した。

お釜は太古の昔に隕石の衝突によって出来たクレーターとの大嘘をつきながらとても滑りやすいコースを下り五色沼の淵にでた。
Dscf0349

写真ではイマイチわかりづらいが、覗き込む一同
Dscf0351

こーんな感じです。五色沼が過去にないほど近距離に∑(=゚ω゚=;)

各々写真をとったりしながら休憩していたら、先ほど隣に車を停めた3人組が追いついてきた。ある程度の年齢の男性1名。若い男性1名。若い女性1名。
???何処となく違和感のある組み合わせ。ご夫婦に対して山岳ガイド???
まぁ謎であった。

お互いに写真を撮ったり取っていただいたり…

ここからは、五色岳山頂方面へ進路をとった。
Dscf0364

こんなところもあり、慎重にのぼっていった。




登り終えたあたりで、
先ほどのある程度の年齢の男性よりこの日ご一緒していた ぽちょ さんに
謎の男性:「昨日、滑川にいなかった?」
ぽちょ さん:「えっ!」

そう、ぽちょ さんと、謎の男性は前日、滑川で会っていたことが判明Σ(゚д゚;)
一日ぶりの再会であったことが判明した。

そんなこんなで、話がはずんでいたら…
更に驚愕の事実が判明してしまったupwardright

この謎の男性

かの有名な、マロ7 さんであることが判明 モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!
まさかこのタイミングでご本人に遭遇するとは…
で、マロ7さんと一緒にいるのは娘さんご夫婦とのことでした。ご本人も無料ガイドといっていたので、最初の予想はちょっと位は当たっていたみたいでした(笑)
Dscf0366

ここが現場です。写真はあえてこのサイズです。

ちょっと話をしたりしながらそれぞれ進み、五色岳山頂へ!

さえぎるものが何もないため、山頂はかなりの強風typhoon
ある程度の気温があったため、涼しい限りでした。
そういえば、山頂からの五色沼の写真…
うまく撮れなかったので、一番うまく撮れた
Dscf0397_2
この写真を載せておきましょう。一応ですが、あえてこの画質で…
3人ともかなり楽しそうでした(o^-^o)

ここからちょっと寄り道をしたため、結果的にマロさん組とはここでお別れとなってしまいました。が、
またどこかでお会いできる気がします…

んで、何処によったかというと、五色沼に流れ込んでいる沢が、沸いている?岩場
そこまで下りて、小休止。

沢沿いを下り、五色沼湖畔へと向かいました。

Dscf0408

迫る、五色沼

畔でそれぞれお昼ごはん
それぞれ写真を撮ってみたり
それぞれ沼に入ってみたり…

Dscf0457

そうです、一応入ってみました(笑)
湖底を踏むたび、ブクブクと泡が出てくる。
やっぱり、噴火口だけの事はあるってか。
水の味見をするとやっぱりスッパイ( ̄Д ̄;;

Dscf0451

休憩中にあとから来た沢登りっぽい格好の2人組み。泳いでおられました(^-^;

オレはというと、リアルにぽちょさんの車が心配で泳ぐことをあきらめました。

風が強かったせいか、湖面が波打ち「海みたい」との感想がwave

上を見上げると、馬の背よりたくさんの観光客様たちの姿があった。

見下されているのに、なんともいえない優越感が。ここまで来た人ではないと味わえない景色を堪能できました。

Dscf0476_stitch

帰りは逆側の淵を戻り馬の背へ
駐車場まで下り、お疲れ様。


蔵王温泉まで足をのばし温泉にはいって疲れを癒し解散~となりました。


誰が言い出したのかお釜…
いや、たぶんオレだと思うけど(確か猛烈リクエストしたキガスル)
まるで地球から脱出してしまったような景色でかなり楽しかった。
この楽しさは、ゴガラミ以来かな?
イベントを企画していただいた犬猫馬さんをはじめ参加者の皆様どうもありがとうございました。

fujiだけでなく、その他色々。いい一日でした~



それでは
勝手に採点コーナー

93点(採点基準不明flair

お釜の住所は宮城県です!



そういえば、
男衆は、

ちょっと寄り道

Dscf0487

ジ、ジ、ジ~ンギスカァ~ンup
Dscf0491

夕食も食べてしまいました~

ご馳走様でした・・・・・・

|

« 2012.07.21-北面白山~南面白山 | トップページ | 2012.08.05-新庄神室(根ノ崎口より) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/55338207

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.07.29-お釜ぐるりん:

« 2012.07.21-北面白山~南面白山 | トップページ | 2012.08.05-新庄神室(根ノ崎口より) »