« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月26日 (火)

2012.06.23-酒田港で釣~り

午前中は仕事でした…
午後からだけ暇でした…
思いついたら大安吉日…
すぐに出かけて今年始めての海

着いたらなんと…
typhoonが…
ツエーかったよdown

いつものところで2時間で、体温が限界wobbly

肝心の釣果はというと…
Dscf0242

こんなのが、4匹だけでした( ̄◆ ̄;)
まぁボウズ逃れしたし、良しとしよう!

んで、帰りに前回「本日休業」で撃沈した「みどり食堂」にて夕食とした。
親子丼を注文。。。。。。。。。

噂どおり予想を上回るデカ盛りをギリギリ完食(正直キモチ悪状態)して…


忌まわしき母校に立ち寄ってみた。
期待通り、白○教授だけは土曜のあんな時間なのに教官室に居た(笑)

今年入社してきた後輩の話やら、クラスメイトのその後の話やらで結構長居をしてしまい気がつけば夜9時前…
帰宅したのは10時過ぎになってしまった(月山道かなり空いていたため結構早く帰れた)

しかし、、、、

今年こそは船で釣ってみたいな~~
と考えハヤ5年
ソロソロマジでいってみよ~やってみよ~だなgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

2012.06.03-長井葉山

昨年やり残したこと…









県内3葉山制覇(爆impact笑)



ってことで、長井葉山に行ってきた!


コース
葉山森林公園~(白兎コース)~葉山山荘~奥の院~葉山山荘~昭和堰分岐~勧進代コース分岐~オケサ堀~大石大明神~林道入り口

コースタイム(休憩その他であと30分程度)
登り2時間30分  降り2時間

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
いつものように、前日仕事が終わってから、適当に登山計画を立てる。
とりあえず白兎コースを登ることは決めて、帰りは山頂での気分次第ってことで出発。

昨日Googleマップを頭に叩き込んでおいた(ウソ。当然うろ覚え)ので、まったく迷わずに葉山森林公園に到着できた。駐車場があるのでそこに車を止め準備を整え出発した。
(最近年のせいか朝が早い…時刻は5:30デス(◎´∀`)ノ)

Dscf0178

森林公園より林道を100メートルほど入ると、左側に登山道入り口がある。
最初は、階段状の木道があり、案外キツイ登りから始まる。

やや行って、分岐があり、ここからは、なだらかな登りが、しばらく続く。
Dscf0179

道幅は若干狭いが、なだらかな登りがダラダラと繰り返される。
さっきも通ったような錯覚に襲われながら、左右からの沢の音を聞きつつ登る。

Dscf0184_stitch

一瞬、葉山山頂方向の視界が開ける所があるが、どこが山頂なのかイマイチはっきりしない。

途中、見晴らしの良い場所があり、岩にもたれ掛かって一服した。
ここから先は、登りが2段階くらい急になる。

心臓がバクバク状態になって登っていたら、予想外の残雪地帯が現れたdownwardright
Dscf0185

なぜか、残雪があることを想定していなかったので、ちょっと凹んだdown
すぐ終わるかな??っとあまい考えをしていたのだが、結局ここより上はしっかり雪が残っていて、所々登山道を探しながら登らなくてはならなかった。

Dscf0186
誰かがハマッタ跡が、あちこちにあった。俺は1回ハマッタだけですみましたscissors

残雪地帯を進むと、

Dscf0187
”水場”が落ちていた…
20メートルほど先に沢があり、水分補給が出来る。
Dscf0188
     -水場 写真でみるより案外危険-

あとで山荘にあった看板を確認したら、この水は夏場もOKのようでした

水を飲みまくって戻り、ここから山頂まではもうまもなくだった。

Dscf0191_stitch

隣の尾根と合流した↑のポイントを越えると、

Dscf0192

看板が落ちていた。周辺はプチ湿地(ただの水溜りか?)で少々ミズバショウが咲いていた。
Dscf0193

いくら植物に疎いオレでもさすがにミズバショウ位は知ってるみたい…

ここを過ぎて少しで、
Dscf0195

葉山山荘と葉山神社に到着する。
一応、神社にお参りしてから、山荘の中を物色する。
Dscf0199Dscf0197

内部は、結構綺麗shineってーか綺麗shineしっかり管理されていて良い小屋でした。
ちょっとだけ休憩して、奥の院を目指す!

広場のような湿原横を通過し、大朝日との分岐を過ぎて、10分ほどで、奥の院へ到着!

特に何かがあるわけではないが、祝瓶を正面に見ることが出来る展望はGooeye
Okunoin

ここで、朝食を取った。
みにくいが、左奥には飯豊連峰も見ることが出来た。
しかし、やっぱり特筆すべき姿は、祝瓶山だと思われる。
Dscf0218

さすが、「東北のマッターホルン」と呼ばれるだけあって、周りの山々とは違った風格
機会があれば、ぜひまた登ってみたい山の一つデス!

名残惜しい奥の院をあとに帰路につく
時間も十分あったので、ピストンせずに別ルートで降ることがこの辺で決定!
地図によると、山荘のちょっと手前に分岐があるみたいなので、とりあえず山荘に戻る。

そんな分岐あったかな?っと思いながらちょっと降ると、
実はさっきのミズバショウポイントが分岐であった。
Dscf0220
写真右手前から降ってきて、青矢印方向に降る。登りの時には気づかなかったが、青円のところにしっかり看板が落ちていたorz
(登りは赤矢印のほうから来た。赤円のところに白兎尾根の看板あり)

オケサ堀方向に降ったわけだが、こっちはこっちで標高が高いうちは残雪が多く、またまた登山道を探しながらくだらなければならなかった。

途中、単独の登山者とすれ違う。65歳位の男性「もう帰ってきたのか!?ハエーゴド」っていわれました( ̄▽ ̄)

昭和堰分岐を過ぎて、次の分岐に着く
Dscf0226

ここでちょっと悩む…
山地図によると、観進代コースに行くと葉山森林公園の近くに下山できる。しかし、地図は難路を示す破線表記…看板があるから大丈夫だと思う…
ちょっと悩んだが、時間もあるし、オケサ掘方向に決定して進んだ。


そういえば、帰宅してから県内ニュースを見ていたら、なんと本日10時頃、長井市の葉山観進代で山菜取りの60代男性が、雪の塊に当たり、防災ヘリ最上で救助された!!!!!
とのニュースが……



その男性には申し訳ないが…
行かなくって正解だった。時間帯もドンピシャ!無駄な犠牲者が約1名増えるところだった。

かも?
それとも助けに行くべきだった???(役に立つ可能性極低( ̄Д ̄;;)

話が脱線したけど、その後順調に降っていった。
Dscf0228

白兎コースとは違い、幅の広い登山道。傾斜がかなり緩く、いくら進んでも標高が落ちない。後半はジグザグジグザグとかなりの距離を歩いた感じであった。

山菜取りのおっちゃん1人とすれ違い(若干の雑談あり)、雪の重みでヤラレタみたいな橋を渡ると林道に出る。
Dscf0232

やや降って、
Dscf0233

大石大明神へ着く。前には4、5台分の駐車スペースがあり、今日すれ違った人のものと思われる車が2台駐車してあった。

更に林道を降り、
Dscf0236

なぜか地図にはない分岐が…
標識もないってことは・・・・・・

どっちに行っても大丈夫と解釈して、距離的に車に近くなるだろう左側をチョイス!

予想通り、すぐに車道にでた。さっきの分岐もそのまま車道に合流したものと思われる。

ここから、車を駐車した森林公園まで車道を歩く予定だった。
4キロ程度で1時間を見込んでいた。
Dscf0237

位置口付近には↑のような、どう考えても距離関係がおかしい略図があった。
コレだけ見ると葉山山頂はすぐ着きそうな感じ…ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

ってみていると、背後で一台の車が停車。
下りてきたおっちゃん「のぼてきたのかぁ?」

話をすると、来週村山葉山に登るから登山口を偵察に来たらしい。ついでに長井葉山も確認していたらしい…

で、森林公園まで乗っけてもらってしまった||| \( ̄▽ ̄;)/ |||ワーイ

胎内から来たかたらしい。ちょうど俺が去年登った山の内コースを登るらしく、少しの間ではあったが、話がはずんで楽しかった。
本当にありがとうございました!どこかでお会いできたら嬉しいですねぇ


っと、予定外のラッキーで早めに帰宅することが出来た。
午後からはマウンテンゴリラで軽アイゼンと手袋を購入。
手袋装着で、手の甲だけ日焼けしまくっている現状を打破できる予定。

そういえば今日は店長は…
翁山に行こうとしたら、崖崩れで到達できず、結局甑山(岳?どっち?)にいったようで留守でした。
(店番の奥さん情報)

さて

勝手に採点コーナー
82点(採点基準不明sun

祝瓶の展望が点数を引き上げた模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

新しいおもちゃGet!!!

実は、ゴールデンウイーク中に原チャリを買ってたりして…

正直連休中は天気が良くなかったり、他の用事があったりで、山fujiに出かける機会があまりなかった。そんななかなんとなくGooBikeをみていたら、以前から狙っていた、Vino125とジョーカー90を両方在庫してるお店を発見!
5/3は天候が最悪で、家にこもっているしかなかったので、ちょうど良い。見にだけいってみるかと出かけてみた。
岩手の奥州市にあるショップ。実はあんまり買う気はなかったんだけど、実際に2台を計りにかけていたり、店長との話のなかで…
じゃあVinoチョウダイってなってしまった(笑)人生一期一会!コレもまた良し!
そのうち取に行きます~いつでもいいよ~
ってことで、都合がついた、5/27日にVino号をとりにいってきた。

山形駅より始発の仙台行きに乗り、乗換えをしながら最寄駅の陸中折居を目指した。
途中、乗り換え時間長かったため、一関駅前を散策
Dscf0160

一関市民には大変申し訳ないのだが…
新幹線の駅がある割には…

駅前は何もありませんでしたcoldsweats01
そういえば、
一関駅を通過していった、貨物列車に
Dscf0161

練乳専用…
∑(=゚ω゚=;)
練乳好きには夢のような貨物列車を発見!
あ~なかで泳ぎたい…なんちゃって~

そんなこんなで、目的地の陸中折居駅に着!
Dscf0163

すげーのどかな雰囲気の駅でした。
お店に連絡して、迎えに来てもらい、本日の目的地
MOTO-SHOPささきち へ到着。
Dscf0166

こんな感じのお店。ちなみに、名刺によると代表の佐々木さんは、95東北シリーズチャンピオン∑q|゚Д゚|p

支払い、諸手続きを済ませて、
Dscf0169

ついにあたらしいおもちゃゲットとなりました。しっかり売約済みの表示があるww

ささきちに別れを告げ、4時間30分かけて無事に帰宅となりました。
お店の雰囲気などなどと信頼できる対応でよい買い物ができました。やっぱり現物確認でもお買い物。コレに勝るものはないですね~notes

Vino125 台湾ヤマハ製
これのインプレはもうちょっと乗ってみてから、書くかもしれないので期待しないでください!

そういえば帰りに一枚
Dscf0172

彼方に望む栗駒山?らしき山

6/10は晴れるといいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.20-豪士山

ポットラックパーティーの話の流れで、
mixiのコミュ仲間と、福島との県境の山fuji豪士山(ごうしざん)に登って来た。

ルート
元宮キャンプ場~駒ケ岳分岐~ひかば越え~豪士山~豪士峠~元宮キャンプ場

コースタイム  不明  (休憩等々含む所要時間 約5時間)


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

当日は残念なことに、メンバーのぽちょさんが風でダウンdownwardright
そのため、残念なことに山形組は車一台ですんでしまった。
いつものアメリカ屋で、拾ってもらって、登山口を目指した。

地図で確認しても判りづらい場所で、やんばい迷いながら何とか元宮キャンプ場に到着することが出来た。
ここで、現地集合の韋駄天キッドさんと合流。迷子になって遅れている間に山菜とっていたもようcoldsweats01

Dscf0044

キャンプ場よりももう少し車で入ることが出来るようだったが、あまりスペースがないようなので、キャンプ場付近の駐車場?に車を置いて早速出発した。

Dscf0047

少し歩いて、沢を越える。ギリギリ突破できる水量だったので、登山靴のままバシャバシャ進んだ。
この先林道を進んで行くと、駒ケ岳との分岐にでる。今回はひかば越え方向に進んで行く。
Dscf0049

分岐にはこんな看板が設置してありルートを最終確認することが出来る。
もう少し進んだところで林道終点となり、いよいよ登山道歩きとなる。

残雪の残る沢沿いを登っていく。
Dscf0059

この日は、天候に恵まれ?ってーか暑すぎるくらいで、完全に服装を間違った感じになっていた(オレだけのお話)
しかし、登りの工程の大部分が、沢沿いを歩くコースであったため、涼しい風が吹いて案外快適な山歩きとなっていた。

一人後方から好き勝手に歩きながら、こんな物
Dscf0060
を発見!!!!!!!折れた木からゲルルンΣ( ̄ロ ̄lll)って感じの物体が…
早速触ってみると…

ゾクソクっとするくらい、気持ち悪い感触でしたcoldsweats02

しばらく登ると渡渉ポイントがあり、ここで一旦休憩。
ここからは、暫し、沢登りとなる。
Dscf0066

数日前雨が降ったはずだが、水量は全然で、プチ沢登りを楽しむことが出来た。

この先、沢がなくなり、通常の山っぽいかんじになってくる。
事前にコミュで情報があった(鈴あんさん情報)残雪ポイント?らしき場所にでる。
Dscf0068

犬猫馬先生による、キックステップ講習を受けながら、一同慎重に残雪ゾーンをクリアーした。

もう、まもなくで、ひかば越えへと到着!
Dscf0077


結構広いスペースがあり、風も気持ちよく、時間もちょうどお昼だったので、ここで昼食をとった。山菜を取る人、ゴロゴロするオレ、それぞれ休憩した。

っと、ここで、韋駄天キッド先生による、草笛講座が開講Σ(゚д゚;)
ちょっと吹きすぎて頭がクラクラしたけど、たまには音が出るくらいの基礎を習得scissors

十分休憩後、豪士山山頂を目指して再出発!
30分ほどで、豪士山山頂へ到着しました。
Dscf0100


山頂からの展望は、まあまあですかね。
記念撮影をして、下山しました。
豪士峠~元宮キャンプ場コースは、ほとんど単調なコース。登りのような面白みはないが、歩きやすい良いコースであった。途中下山途中に休憩中のご一行を追い越して下山しました。


そういえば、帰りに
Dscf0145

ふしぎな温泉spa湯沼温泉によってきた。田んぼの中に、ちょっと大きめの民家のようなたたずまい。いろんないみで不思議な温泉でした。でも、お風呂の感じは良い感じshineでした。


そうえいばそういえば、
周辺には、洞窟diamondが沢山あるらしく、二つほど立ち寄ってみた。
日向洞窟と一の沢洞窟。ほかの洞窟も機会があったら立ち寄ってみたい。







帰りがけにぽちょさんをお見舞い???
ご一緒できず残念!次回に期待してマース!

最後に

勝手に採点コーナー

77点(採点基準不明spade

今年のコミュ登山本格始動かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »