« 2012.01.29-板橋沼 | トップページ | 2012.02.12-龍山・氷瀑 »

2012年2月 4日 (土)

2012.02.04-東黒森山

昨日、仕事中に突然思い立つ。来週の龍山に向け、ワカンをためし履きしてみたくなり、急遽Pさんにメールmail。ワカンを借り受けた。

Photo_2


マジックマウンテンのトレースラインのようです。

仕事帰りに近所のセブンにて落ち合い、装着方法までご教授いただきありがとうございましたsmile

で、

コレをもってどこに行ったかというと?

この間、つぼ足で撃沈した、東黒森山に再アタック!!!!

コース

玉虫沼湖畔分岐~東黒森山西側登山口~東黒森山山頂 [ピストン]

コースタイム

登り:1時間30分  下り:25分   [休憩含む]

生まれてから一番降っている?雪が気になるところだが、新装備のテストには打って付けと考え無謀にも出発!県民の森へ向かう

雪が多すぎて道幅がいつもの2/3となっているが、一応除雪されている道路を進む。

途中県民の森駐車場。先週ワカサギ釣りのとき駐車した場所は、悪天候のせいか?3台ほどが駐車しているだけであった。

車は、玉虫沼湖畔への分岐部分が若干スペースがあるのでそこに寄せて駐車。

装備を整え、ワカンを装着し出発する。

Photo_3


すでにこんな感じ…

今日はさすがにトレースが無く、完全に未開の地(言いすぎ?)状態になっていた。

膝上までのラッセルで、ズボズボとはまりながら進む。

さすがにつぼ足の前回とは違い、何とか進むことが出来るくらいの浮力がある。

登山口につくだけで既にゼイゼイになっているι(´Д`υ)アセアセ

既に看板すら見えなくなっている西側登山口より進入sign03

Photo_4


前回のトレースの記憶を頼りに、尾根を目指す。

杉林のあたりは若干積雪が少なく、ちょっと楽チンと思った、それは一瞬で終了した。

膝までラッセル地獄でジワジワ進んで行く

Photo_5


「山火事予防」の看板付近で水分補給。更に進んで行く。

この山…進めば進むほど傾斜、積雪量が増えていって(気のせいかも知れない?)どんどん進まなくなっていく。

傾斜がきつくなると、雪が崩れ前に進めなくなる。

そんなときは仕方ないので、ジグザグに登っていく。

Photo_6


ちなみにこの写真は下りのときに撮影したもです。

一回崩れると段差が腰~胸くらいの高さになってしまい進めなくなる。しかたないので横へ進む。傾斜がゆるい所、適度な枝があるところは枝を掴んで無理やり登る。

途中気づいたのだが、木の幹周辺は雪が柔らかく、かなり深くはまってしまい危険であった。幹付近は近づかないほうがベター(実際、何度かハマッタんだけど…)

天気も一瞬だけ日が差した時があったけど、それ以外は終始吹雪down

泣きそうになりながら、なんとか山頂に到着scissors

Photo_7


展望台したの良い感じの場所で休憩をとる。しかし、天気がイマイチであったため、ソソクサと昼食をとり退却dash

Photo_8


展望台上部は完全に雪だるまsnow状態。階段も埋まって登ることは出来なかった。

天気が悪く展望も望めないから登る意味もないか…

帰りは、自分のトレースをたどる。東側に下るほどの精神的余裕がありませんでした。

スノーシューほどでは無いけど、快適に下り、登りの1/3もかからず無事下山。

天候が更に悪化してて、ブリザード状態。既に所々トレースがなくなりかけていたsweat01

2時間ほどであったが、かなりシンドかった。いい修行になった感じであった。

正直、ワカンの魅力もちょっとわかったが、やっぱり新雪上ではスノーシューが有効?でも、斜面では?やっぱりスノーシューは邪魔??な思考状態になった。

これからの時代はやっぱりワカンとスノーシューのハイブリッドなのかなぁ?

まだまだ自分のなかで結論がでないようであった。

さっ

勝手に採点コーナー

バンimpact

64点(採点基準不明bag

来週晴れるかな~

|

« 2012.01.29-板橋沼 | トップページ | 2012.02.12-龍山・氷瀑 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/53902272

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.02.04-東黒森山:

« 2012.01.29-板橋沼 | トップページ | 2012.02.12-龍山・氷瀑 »