« 2012.01.14-県民の森で… | トップページ | 2012.01.29-板橋沼 »

2012年1月23日 (月)

2012.01.22-ゴガラミの森

mixiのコミュ仲間からのお誘いで、

エコプロのスノーシューイングに参加させていただく。

ちょうど年が明けてからある程度装備を追加していたのでちょうど良い機会に恵まれた。

ツアー?参加者11名(約1名、風邪にてお休み)。

スノーシューは初めて。太もも事件もあったので、若干の不安を抱きつつの参加となった。

コース

志津温泉~志津スキー場上部~ゴガラミの森~キワノ平~志津温泉

コースタイム

不明

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

今回もPさんにアメリカやでピックアップしてもらい途中Pちゃんをホテルでピックアップ。

(ちなみにPさんとPちゃんは似て非なる別人です。紛らわしいcoldsweats01

集合場所のO形米穀店へと向かう。

ここから車2台で弓張平を目指す。

高速はガスってて先行きが不安だったが、途中から徐々に視界が良くなる。

パークプラザにつく頃には特に問題ない天候までに回復する。

ここで、

米沢よりのK君と合流。話によると、彼は夜勤明けΣ( ̄ロ ̄lll)

寝てないらしい…スゲー

久しぶりの再開を祝いながら各自準備をする。

参加者が集まりミーティング・自己紹介をして待望のスノーシューをレンタル!!

ちなみに今回借りたのはアトラスのスノーシューでした。

さらにここより車3台にて志津温泉上部の車道終点(除雪の終わり)まで移動。

スノーシューを初装着する。

隊長よりレクチャーを受けながら見事装着完了。予想よりかなり簡単に装着できることに感動した。

いよいよ出発する。

と、いきなり急なくだりから…

みんなグイグイ進んでいく。

曰く、足を動かせば大丈夫とのこと…

恐る恐る下ってみる

……

意外と大丈夫ι(´Д`υ)アセアセ

ここからは、ちょっと前に出発していったキャットが作った道をしばらくたどる。

Photo


こいつが「戻ってきたキャット!!!」姥沢までいってきたらしい。(料金は片道6,000円らしい)

この日は雪snowの予報でかなり心して準備をしていったが、

予想は完全にハズレ、超暑い。

志津スキー場を登り終わることには一同、汗だく(ん?オレだけか??)

しかも無風crying(いや、喜ぶところか?)唯一の救いは曇りのため直射日光が当たらないことである?

比較的のんびり歩きゴガラミの森付近にて昼食とる。

ここからはなかなかすばらしい展望が望めた。

Photo_2


朝日連峰(行ったことないから良くわからないけどdown

おのおの昼食休憩後ゴガラミの森へと入る。

ユーモアあふれるガイドに連れられ森を散策

積雪を測ると驚いたことに3メートル以上あることのこと…

Photo_3


積雪があるこの季節ならではの神秘的な光景が広がっていました。

この後、存分に下りを楽しみながら志津温泉へ戻る。

Photo_4


ストレッチをして、パークプラザに戻り解散となった。

夜勤明けのK君はなんと明日仕事wobblyなのでここでサヨナラ(残念)

残りのメンバーで温spa泉にてひと休み

本日お世話になったのは…仙台屋さん

実は隊長の彼女を置いてきたお宿です。そんなに大規模な旅館ではないが、とても綺麗でオススメでした。機会があればぜひぜひです。

こんな感じの乗りで全員でPちゃんを酒田まで送ることに(◎´∀`)ノ

せっかくなので夕食を満月(ラーメン屋さんです)でとり帰宅しました。

いつもながらPさん、運転お疲れさまでした。ありがとー

初めてのスノーシュー。藪コギに目覚めそうになっていたためワカンを買おうとおもっていた俺の決心が見事に傾いた一日だった。

正直スノーシューがこんなに楽しいものだったとは驚きだった。

ん~買ってしまいそうだ。

ん~なやむ~

ん~

ん~

っと

勝手に採点コーナー

どん

91点(採点基準不明full

来週は公魚予定

|

« 2012.01.14-県民の森で… | トップページ | 2012.01.29-板橋沼 »

スノーシュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582493/53807490

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.01.22-ゴガラミの森:

« 2012.01.14-県民の森で… | トップページ | 2012.01.29-板橋沼 »